「HAYABUSA/はやぶさ」トレーラー。

こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。

どんなのになったのかなー♪と思ってみてみたら、ちょっとがっかり。なんとはやぶさが喋ってます。「はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話
を読んだときにちょっと思ったんですが、あまり擬人化すると大衆受けはするかもしれないけど、どうなんでしょうねえ。あの親子のような強い絆は、川口さんとはやぶさだから成り立ったんじゃないかなあ。

もうひとつ気になったのは、「科学者なら……」という言葉があったこと。必要以上に「科学者」を強調する「科捜研の女」が頭をよぎりまして。

まあ、なんだかんだ言いながら劇場を逃しても DVD で見るとは思うんですけどね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中