香るハンドクリーム、リップクリーム、ボディクリーム(2016秋冬~2017春まで)。

ヨシダヒロコです。

(化粧品などでほぼトラブル起こしたことのない普通肌のおばさんです。使用感は当社比で、人により合う合わないがあると思います)

昨秋からハンドクリームに少しだけ高いものを使いました。とはいってもディスカウントストアでとても安く、3本で2本分も行かないくらいの値段だったからです。左の3本はロクシタンのラベンダー(最初のほう匂いがきついと思った)、爪のケアもできるローズ、まだ使ってないピオニーです。他にヴァーベナやチェリーブロッサムがありました。
右はまだベルメゾンにはある(1割引)ジョイフェットですが、ラベンダーがどっかに消えたのでいまこれを使ってます。香水より一瞬強く香るかも。

ジョイフェットは香水は確かに香りが飛びやすいので、店の計略に乗って今出たばかりのチェリーパステルの何か(チェリーブロッサムの10周年記念のさくらの香り)を何か買うかもしれません(2017/02/17追記:重ねづけ可能です)。香水ではないものの予定。ちなみにスキンケア、ヘアケアはここではあまり買いません。

ここはあまり乾燥しない地域ですが、1月になって天気が荒れると手のかさつきが気になるようになりました。手が荒れるというほどではないですけど。今年はシアバター系のものをボディークリームにも使っていましたが、他にもはちみつ入りとか気になるものはあったんですよね。春夏はまずこういうもの必要ではないので、次に使うのは秋冬かなあ。

リップクリームも春夏はあまり要らず、エテュセは2本あったうちの最後がもう少しでなくなるところ。今までメンタムとかだったのでそれよりは高いですが、とろとろしていてよいことはよいです。

さくらも貼っておきます。近江兄弟社やニベアは男性用も含めたくさん出してますね。わたしは一度メンターム色つきのを買って合わなかったことがあるけど、そのほかは問題はないです。ただ同じ買うならつけたときの感じが続いて欲しいですよね。

ボディーミルクは、ないと思って買ってきたらヴァセリンのローションやニベア使い差しが出てきましたが、今年新しかったのはこれとか。

ラベンダーの香りがするシアバター配合です。シアバターは今年何となく試してみたかっただけで。この製品は他にもいろいろ香りがあり、ドラッグストアにあります(Amazonとかの方が選択肢多いかもしれませんが)。

他にワセリンそのものや(実はワセリンは石油からできてます)、寒さで固まってしまったアーモンドオイルなどありまして、アテニアのこれもあります。写真がまずくてすいません。もう完売しているのですが、過去プレゼントで何回も出て、2015年に商品化しました。先の話ですが秋冬に出ます。ローズティーの香りで、ローズは分かるけどティー??と思いました。穏やかな香りなので、強くない香りがするものと重ね付けして和みます。

成分などはこちらの魚拓にあるプレスリリースをどうぞ。秋に探しに来る人がいそうなので。

ジョイフェットシリーズ(ロクシタン2016冬限定)。

ヨシダヒロコです。

年末限定で売っていたものですが、今日現在(2017/01/30)ベルメゾンにまだあり、わたしもそこで買いました。ロクシタン店舗の脇のほうにもあるかも。オンラインショップで売り切れててもそういうことあるので。今、前に下のエントリ&最後の画像で書いたようにいかにも幸せそうな色のバレンタイン限定商品がもう出ているらしいですし。これはこれでヘリオトロープ(すいかずら)(2017/01/30訂正:勘違いです。すいかずらは日本に自生してますが、英語ではハニーサックルです。見たことあるヘリオトロープは紫の園芸種でした)が入って優しそうな香りの気がします。ハニーサックルヘリオトロープのみの練り香水(もうない)を、まだロクシタンが有名ではないころに旅行中買ったことがあり、懐かしい香りです。

上はベルメゾンで売っているジョイフェットで一番いろいろ入っているもの。これではなく香水&ミニ石けん(オードトワレスペシャル)、ハンドクリーム&リップバーム(ハグ&キス)を買ってみましたが、香水とハンドクリームがよく香りが立ってました。ただ飛ぶのは早いです。

秋以降から柑橘系メインの香水を結構探した結果、前に店でも試していたし、緑茶も入っているこれにしました。

公式サイトより

トップ:オレンジ/カルダモン

ミドル:ジャスミン/グリーンティ/マテ/ナツメグ

ラスト:ベンゾイン/ホワイトウッド です。

公式サイトの魚拓です。

マテは南米のお茶(アルゼンチン)でホットで回し飲みしますが、日本でもアイスでペットボトルが売ってます。ベンゾインは安息香。

持たないのが惜しいけど(柑橘系はみなそうらしい)とても爽やかで、多分持続時間は3時間ほど。石けんやハンドクリームはしばらくしたら自分には感じられなくなりますが、一瞬気持ちのいい香りです。リップバームはそのままつけると香りも味も感じられずよく分からなかったです。

柑橘+緑茶の香水は他にもあるらしいですし、ロクシタン自身も以前に限定で出しているとネットの噂にありました。

軽いため減りが早いのですが、あと飛びやすいのを除けばとても気に入りました。

さっき上のほうで書いた2月の限定製品はこれ。オードトワレを表示していますが、小さなジェリー状の香水があります。

cherrypastel

ロクシタン公式より

いろいろ余っているしもういいやと思っていたら、ヘリオトロープが入っているのかそうか……。と思っています。うちにはアロマが有害となるフェレットが2匹いるので、オイルを焚いたりはできません。マッサージにオイルを少し使うくらいで、代わりに気分を変えたり落ち込んだりしたときにさまざまな形態の香水を使っています。

ここ半年くらいに買った石けん(2016夏~2017新春)。

ヨシダヒロコです。

顔でも体でも手でも、どちらかというと石けんで洗うのが好きです。石けん素地を買うのは前にやった気がします。自家製石けんが作れ、さらに凝るとけん化反応から作る人もいますが水酸化ナトリウムはかなり怖い薬品なので、今上手に反応させる自信はありません。なので、さまざまな固形石けんを試しています。

男性の使えそうなものもあります。サンタ・マリア・ノヴェッラやロクシタンは男性も使うそうで、あとはドラッグストアで買えるものですし、1番最初のもの以外は気になったらメーカーにメールしてみては。簡単に検索したら火山灰系は大丈夫と出ました。むしろ女性より皮脂が多いそうなので好都合かも。

夏頃から洗顔に使ったもの。最初のこれは近所のドラッグストアから消えたけど、薄いメイクも落とせるし好きでした。また買うかも。ちなみに普通肌、基礎化粧はほどほどの価格の通販・セルフ(ドラッグストアなどに売っているもの)。メイクは薄付きであまりしないためか、昔は肌が荒れたことはあるけど、目立つ肌悩みは思い当たりません。肌アレルギーもアトピーもなし。この地方は湿気があるためあまり乾燥しません。

記録がいい加減でうろ覚えなのですが、アプリコットエキスが入っていて薄く香りもしたかも。

これはロバミルク石けん、ロバの乳が入っていて気持ち洗いやすかった覚えがあります。いろいろ香りがあり、アヴォアーヌはすずらんとリラ。ミルクでやさしい洗い上がりといわれていますが、特別優しいとも思わず、でもまた使ってみたいです。うちにいるので、顔を洗うときにいい香りがしたり感触がよかったりすると、結構気晴らしになっているんです。

ロクシタンは香水、石けんなどに好きな香りがよくあってチェックします。夏にさっぱりしたくて、店頭で比べて四角い方のヴァーベナを買ったら当たりでした。ヴァーベナでも形が違うと香りも違い、ロクシタンのお店で比べてこれになりました。レモンバーベナ、別名ベルベーヌというハーブで、レモンの香りがします。葉はお茶にもなります。去年の夏は暑くてバテていたので、顔洗って気分転換してました。輸入ものも安く売っている店を知っていて、行くと「何があるかな」という感じです(晩秋にロクシタンのハンドクリームをまとめて安く手に入れました)。

もうひとつ夏に使っていたのは、サンタ・マリア・ノヴェッラのミルクソープのアイリスでした。この石けんは前にヴィオレッタを買って好きなんですが、アイリスはうーんどうかなあという感じでした。また別の香りで使います。

その後、火山灰の入った灰色のを試しました。もう少し残っています。火山灰入りは流行っているそうで、好奇心から。特に可もなく不可もなし。なくなったらすごく安かったくすみ取り石けんを使ってみます。成分がシンプルで、白いパッケージの火山灰系です。どっちもドラッグストアで買いました。火山灰系に限らないですが、もっといい値段のもあります。

今手洗いに使っているのは、さくらの香りの石けん。コストパフォーマンスすごくいいですが、ベーシックで使いやすく香りも好きです。無香料もあり。以前さくらはずっと香りがないと思っていたのですが、あるものにはあるそう。他社からもいろいろ出てそうですね。

お風呂用の石けんには、アロエ石けんを。これは余分なものが入っていなくてさっぱりめです。

アロエはまだだいぶありますが、並行してロクシタン「ジョイフェット」のバス石けんを使いだしました。発売が11月の年末限定でしたが、遅ればせながらベルメゾンで見つけました。軒並み消えつつあるようです。ぎりぎりベルメゾンには香水とのセットがあります(2017/01/19早朝現在)。もうバレンタイン限定商品予約のころですしね。

これはシトラスと緑茶が目立つ香りで、香水でもすぐ飛びますが今まで似た香りを知らなかったし好きです。石けんもその場で香るだけですぐ飛びます。パッケージが可愛らしいので下に貼ります。以前似たような香りが限定で出たことあったそうです。

写真撮るときにパッケージが室内で光ったりしてよく難しいのですが、CanCamのライト使ったら一発でした。

ジョイフェットについては香水など改めて書くかも。ボディーソープ一般も嫌いではないので、何か見つかったら。急いでるとき「時短」には液状のが早いですね。

最後に、固形石けんはドロドロ溶けてしまうことがありますが、無印からこんな製品がいろんなサイズで出ていて、100均にも似たのがあるので形で使い分けています。参考のために下の画像とリンク出しますが、無印では320円だしサイズを比べてそっちで買うのが早いかと。泡立てネットも無印や100均で買って使っています。

今年買った香水を主に&男性向けリンク(2016/10/16リンク変更)。

ヨシダヒロコです。

仕事の手が空いてぼけーっとしてますが、冬から買ったものを挙げておきたいと思います。中には限定品とか輸入業者を通さないと手に入らないもの、日本語ガイドあるけど海外サイトで入手したものもあります。

(今回アフィリエイト多いです、すみません。どっちかというと商品情報用に貼っています)

4つ中2つはロクシタンのグラースコレクション。アイリスとオーキデ(蘭とネロリ=オレンジの花)で、オーキデは人気らしく2ヶ月ほど前に限定キットで色々製品が出たのです。ボディ用オイルがあって、店頭で実演してもらったら香水と重ねづけすると香りがマイルドに変わるんですよ。オイルはいつなくなるか分からなかったので先に買いました。香水はずっとお店にあるそうです。オイルはロクシタンにはもうないですが、まだ各種通販サイトで売ってます。
(2016/07/26 1:40:以下楽天ですが、アフィリエイトの仕様が変わってJavascriptを使っているようなので、テキストのみにしました→2016/10/16 11:53 他のサービスで他のサイトも含めてアフィリエイトを更新しました)

ロクシタン L’OCCITANE アンパサングラースオーキデプレミアムボディオイル 75ml [388839]

こっちは並行輸入品でパッケージ違うけど少し安いです。
ロクシタン オーキデ プレミアム ボディオイル 75ml / L’OCCITANE

アイリスは日本では限定発売でしたが、輸入業者(わたしが使ったのはiBeautyStoreで、他にも色々扱ってます)や海外のお店ではまだ売ってます。海外のネット通販だと関税がかかることがあります。アイリスの花の匂いは正確には分からないけど、レビューサイトでは「パウダリーで夏にいい」と書かれてました。年がばれますが、昔「生活の木」は岐阜にあって、幼いわたしは郵便でいろんな香りのするものを買ってました。アイリスの香りはたぶんお値段のはるイリスルート(アヤメの根)なのかな?優しいお花の香りですね。ロクシタンの店員さんに聞いても「あれよかったですよねー」といいます。オーキデも優しげで、そのうち香水も買ってオイルと重ねづけします。

うちにこもって仕事しているわたしですが、気分転換に香りを使うことがあります。ペットにアロマがよくないので焚いたりはできません。サワデーのルームフレグランスがお値段の割に気に入ってます。

緑のボトルのドルチェは、前にディスカウントストアで「いい香り、夏向け?」と思ったのですが、割といつでも行けそうな、これも優しいフローラルです。気がつくと後に挙げる1つを除いてフローラルだらけなので、生活の木のシトラスとか考えています。どっちかというと、ブランドものより香り専門のメーカーを買っていることが多いでしょうか。

アトマイザーは100均でも使えるのはありますが、1種類ずつ無印でミニじょうごなど買っておけば(100円くらい)割となんでも移し替えできます。ガラス製のアトマイザーを選びましょう。(2016/10/16 11:54追記:ガラス製にしないとアルコールと反応するのですが、クイックアトマイザーなるものが売られているそうで、閉じてる蓋の香水からも小分けできるそうです。人気なようですが、わたしが買うかどうかは材質によるかな)

最後の1つはEtsyというアメリカの手作りサイト(日本でいうiichiみたいな。言語は日本語に変えられますし、通貨も計算してくれます)でもらったもの。プルメリアはトロピカルで果物のような香りで、この花の香りを知りたかったから想像通りで嬉しかったです。香りのオイルは流行っているようですが、これを1年半くらい前から時々使っています。香りが穏やかで長く続くようです。3ドル弱だから安い。

https://www.etsy.com/listing/177914841/plumeria-heaven-floral-scent-all-natural?ref=shop_home_active_17

最後に、最近男性もスキンケアに力を入れる人がいるそうで、見かける限り男性向けの香水はどう選んだらよいかという記事も見ます。3つほど貼っておきます。「オッサン」とか書いてあって済みません。個人的にメンズでいいなと思うのは、バーバリーのウィークエンドフォーメンとか、クリーンとか(アフィリエイトはセール価格です)。昨今香水に男女はないらしく、男性がフローラルもありだし、カップルでお揃いにするのもありそうです。リンクに出てくる中だとハッピーはすぐ飛びそうな気がする。(2016/10/16 11:42追記:香水なんて好みですから、お薦めしたのも好みです)。
ロクシタンだと最近出たセドラ(シトラス系で石けんとかシェービング周りとかスキンケアもある:2016/08/04 1:24追記:昨日ロクシタンで香りを試してみたら、セドラは馬鹿でっかいレモンの原種で、ミドルノートにはジンジャーやナツメグなどスパイスが入っていて大人っぽい感じ。ユニセックスで女性にも人気。ただわたしには少し好みではない)、ヴァーベナ(レモンバーベナ:2016/08/04 1:27追記:現在「恋に効く」と売り出していますが、ヴァーベナの香りで相手を知りたくなるなどという研究結果の下に「これはロクシタンの製品での結果ではありません」などと書いてあるパンフをもらいました。これもユニセックス)とか人気らしいです。石けん系の香りは個人的にはもう付けないかもしれません。

下半身に使うのは上級者? 男の香水入門           魚拓
デオドラントしてからというのはなるほどですね。
俺の匂いはコレに決めた!男の香水選び          魚拓
機能がなんとかいうの、女性向けもあるんですが多分気持ちの問題かと。
8人のオッサンが愛用するフレグランスと石鹸    魚拓1P  魚拓2P  魚拓3P 魚拓4P 魚拓5P
これはかなり使いこなしている例。でも、香水苦手な人のための香りのいい石けんもあります。石けんの話はまた書きますけど。

練り香水が好き(1)。

ヨシダヒロコです。

最近、余った香水をルームフレグランスとして使うといいと聞いて、フランフランに行ったついでに気に入った瓶と、竹串みたいなの買ってみました。香水あまり残っていなかったので香るか分かりませんが、こんな感じのものです。

香水で自作する場合は、匂いがきつかったらアルコールで薄めればいいはず。↓この香り嗅いでないので、イメージとして。最近あちこちで売ってますし、トイレなど出先でお借りしたときに置いてあることも。

Millefiori NATURAL FRAGRANCES フレグランスディフューザーS グレープフルーツ DIF-S-003 7MDPO

エトランジェ・ディ・コスタリカ

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

香りは好みの部分が大きいので、お薦めしても人によって好きな香りが違いますが、最近は気がつけば練り香水ばかり見ていることが多くて。

今3つ持っていて、2個くらいは買う予定で、使ったことあるお薦めが1つあります。

安くて可愛いのがこのシリーズ。金木犀です。意外といろんな香水に入っているようですが、お手頃でちゃんと花の香りがします。寝る前に付けているせいか、持続時間は分かりませんが。

舞妓さんの練り香水「うさぎ饅頭」 金木犀

しのびや.com

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

このシリーズには他に沈丁花と桃があって、最低片方を買ってみるつもりです。数がまとまったらまた書きます。

これから使えそうな、フランスはフラゴナールのフリージアの練り香水。あの何か冬の冷たいようなりんとした香りがします。年末商戦のためか軒並み他の商品もないのばかりで、問い合わせを入れておきました。フリージアはあまり見かけないし、わたしも以前メジャーなサイトでは買いませんでした。fragonard.comでもセットものしかない。

日本語でフランスから取り寄せるには、送料かかりますけどここにまだあります。フリージアはありません。パッケージが違う写真を@cosmeで見たので、古いものと新しいものと混ざっていたりするのかも。
http://fragonard.shop-pro.jp/

フリージアはこれで、品切れ中です。他にも貼っておきますが、ほぼ品切れです。また入ってくるかもです。南欧で花嫁のブーケにも使うという「幸せ」な花、オレンジの花の香りにも興味があります。

これもフランスですが、ロクシタンのチェリーブロッサムの練り香水。香る桜もあるようですが、これは何となくフローラルという感じ。ハート型いつもはそんなに好きではないですけどこれは可愛らしい。近所のディスカウントストアで売ってました。次買うなら他の香りにしますかね。香る桜はヒヤシンスのような香りだそうです。

http://www.yamashin-sangyo.co.jp/cherry_sub/sakura_1.html

最後に、これは限定なので早いところ買った方がいいと思うのですが、資生堂マキアージュ10周年記念に、ドラマティックムードポーションが練り香水になりました。開けると2色あって、塗る場所が違います。もともとのドラマティックムードポーションが髪とかに付ける軽めのオイルで興味を持っていたのですが、限定だからもう練り香水もう1個買うかも。

調合はマキアージュのサイトから持ってきましたが、こんな感じで割と複雑な香りがし、基本的にはフローラルです(これだけ入っているとどの花かは分からない気が)。ミュゲはすずらん、オスマンサスは金木犀、オリーブフラワーは金木犀とお仲間なので、香りがあるそう。

トップノート:ベルガモット、マンダリン、グレープフルーツ、カルダモン、ピーチ、アップル、パチュリ、ラズベリー、アプリコット
ミドルノート:ブルガリアンローズ、ジャスミン、ミュゲ、オスマンサス、オリーブフラワー、バイオレット
ラストノート:サンダルウッド、セダーウッド、イリス、サフラン、フルーティムスク、バニラ、アンバー

練り香水はおおむね安いし(年末に出るコフレ的なものは別ですが)、初心者の人でも入りやすいと思います。他にも無印が秋に出しましたが、グレープフルーツどうかなあと思っています。

何かお好みのものがあれば幸いです。

夏にはシーブリーズ&カウブランド自然派石けんを買ってみた。

ヨシダヒロコです。

今年から化粧品翻訳をはじめ、今は手持ちの原稿ないですが、もともとドラッグストアで良くチェックしていた化粧品などの成分チェックがマジになりました。

今年の夏は暑くて、最近一段落付いたようですが、エアコンも効いてくれずぼーっとしてたこともありました。室外機の配置が悪く、直射日光が当たったようで。

なので、シャワーを浴びてすっきりすると生き返るようでした。

以下の製品はドラッグストアにあるはずですが、成分を気にする人のためアフィリエイトを貼ってあります。

シーブリーズの元締めが資生堂だとさっき知りました。@cosmeを見ると肌に合わない人もいるようですが、もっと濃い青の「スーパークール」というのがあって、それよりはマイルドだそう。メントールの他にラベンダーエキス、シラカバエキスも入っていて、デオドラント成分も。自分の場合一瞬、という感じのひんやり感があります。化学成分はわたしは気にしてません。

シャワー浴びたら、皆さんご存知のシーブリーズローションを付けてすっきりしてます。わたしは特に乾燥しませんが、何となく気になったら、かかとに冬や春にあまったクリーム塗ったりもします。

1ヶ月弱前に石けんのコーナーで気になったのが、牛乳石鹸の「自然派石けん」。ローズの香りがあり、しかも普通のバラの香りではなくて「センティフォリア」という良く香るバラなんです。ローズウォーターにもあるものです。手や顔を洗うのに使っていますが、うちの近所で税込み160円の割には、淡いけど作り物っぽくない香りがするし、夏だからかもしれないけど突っ張りません(パーム油でできてます)。下に貼った「米ぬか」も顔や手にもいいかも、と。体洗うのにも良いかもですが。下のリンク先はお得ですね。

かなり人気の、フェラガモ・シニョリーナ・エレガンツァ・オードパルファム。

ヨシダヒロコです。

どうせなら売り切れてない販売元を貼ろうとしているうちに、年を越しちゃいました。
根気よく探せば、7000円台で手に入ります。わたしはそうしました。

去年夏、金沢香林坊大和でサンプルもらって、その時点で入荷待ちだったのですが、ネットで買ったら半額近くだったと思います。いわゆるモテ香水と言われているらしい、嫌みのないエクラ・ドゥ・アルページュもしばらく使いましたが、わたしは香りが強いけどこっちの方が好きです。金木犀の香りが入ってます。前に「シニョリーナ」が出ており、「エレガンツァ(エレガンス)」はお姉さん版だとか。

楽天のエラーで写真が出ないので、同じ店の写真を貼っておきます。うちのはふたが行方不明で、写真が撮れなくて。

fr8034097955747

香り成分をこのサイトから引用すると、

グレープフルーツやペア(洋ナシ)などが、クリーンでピュアなシトラス・フルーティーを香り立たせるトップから、
オスマンサス(キンモクセイ)やアーモンドなどが、コンテンポラリーでシェイプされたフローラル・モダンを広げるミドルへ。
ラストはパチョリ、ホワイト・ムスク、ホワイト・レザーなどが、これも洗練されたハーバル・スウィートをただよわせて、ハイ・ファッションで奥深いセダクションをアピールしてくれそうです。

アーモンドはイタリアでは有名な花らしく、どうやら甘い香りがするらしいのですが(物騒な話ですけど青酸カリ、正確には青酸ガス、はアーモンドの匂いがするそうです)、ホワイト・レザーのみがちょっと分かりません。調べたら、何と皮革の香りを香料として使っているそうです。

http://stellalab.co.jp/bg01/

100mlは多いですが、気に入った香りなのでえいやっと買いました。もう半年以上前のことです。
フローラルの優しい香りですけど、割と強めなので付け方に注意はいるかもしれません。
あとボトルのデザイン的に、小さな漏斗を買ってアトマイザーに移して使うのがいいかと思います。そのままスプレーするのは難しいです。

まえに付け方書いたのですが、違う説が出てきました。結構香水のつけすぎを嫌う人は多そうですよね。

香水を「手首につける」は間違い! 意外と知らない正しい香水の付け方
香水を上手に使う3つのポイント

ニベア青缶+「生活の木」のホホバオイル。

ヨシダヒロコです。

去年の冬は「ヴァセリン」シリーズ使ってて、考えてみたらまだ残ってたのでいずれ使うつもりですが、今年の冬はまずみんな知ってる「ニベア青缶」を使ってみることにしました。

北陸は湿気の多い土地なので、あちこちが乾燥して困るということはあまりありません。東京に引っ越したら洗濯物がえらく早く乾くのでびっくりしたくらいで。

ニベアは、ちょっと検索してみると、あるお高い有名クリームに成分が似ているそうですね。それで、一番大きいのでもお値段500~600円程度。どうも去年流行ったみたいですね。今年も、ドラッグストアではいい位置占めてます。

お近くのお店にあると思うんですけど、ものはこれです。

Amazonはもっと安い上に、(上のは楽天で最安値だったんですが)、定期便があります。

ニベア クリーム 大缶 169g

花王

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

NAVERなどで足などに塗るには肌なじみが良くないと読んだので、ちょうど肩のマッサージに使おうと思って買っておいた「生活の木」のホホバオイル(イスラエル産)を塗ってから塗りました。生活の木のコーナーは富山のデパートにもありますが、目で確かめたいアロマオイルはここで買うとしても、ホホバオイルなんて大体見当が付くので。無印は安いですが、瓶はプラスチックなのでどうかなーと思います。たっぷり塗って顔パックとか、いろいろ使い方があるんですね。知りませんでした。

ホホバ(ゴールデン)110ml 【HTRC3】

生活の木

2011-12-21

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

こちら、定価よりお安くなってます。同時に青い遮光瓶を買い、それが元々の用途だったんですが、ホホバオイルに余っていたアロマオイル(ラベンダーと多分フランキンセンス)をたらして、たまに肩とか夜にマッサージしてます。うちのフェレットにはアロマが良くないらしくって、その手で触らないようにしないといけないんですが。焚いたりするのもダメです。

クラブツリー&イブリン「ヒマラヤンブルー」オードトワレを買ってみました。

ヨシダヒロコです。

化学(有機化学)を学校で学んで、将来香料会社に勤めたかったことから、翻訳者になった今でもたまにこんなエントリ書いてます。

この香水を知ったのは、夜中にネットをうろうろしていた時でした。ヒマラヤには青いケシがあって、毒性はあるものとないものがあるようです(毒性に関しては愛好家のブログより)。植物園などで日本でも見ることが出来ます。わたしも2回ほど見て、富山県の植物園にもあり、好きな花です。花自体は香らないはずですが、この香水はそのケシをイメージして作られたものらしい。

富山の植物園で買った絵はがき。

2014-07-09 00.11.40

クラブツリー&イブリンのサイトから、この製品の香りに関するところをキャプチャしてきました。

himayayanblue

買ったお店は、Broadstageさんというところです。香りの予想が付かないので、小さめの30mlを買いました。

写真。箱が素敵です。

2014-07-06 12.07.46

肝心の香りですが、残念ながら、まず飛ぶのが早い。トップとミドルはあっという間に過ぎていって、ラストのウッディが優しく香るだけという印象です。嫌いではないので、なくなるまで使いますが、リピートして買うことはないでしょう。このメーカー好きなだけに残念です。リリー(すずらん)もリニューアルして一通りあるようですが、どうも前とは違うような気がしますので、遠慮しときます。「イヴリン」という本物のバラから取った香りを基にした「イヴリン」にはちょっと興味があります。

 

サンタ・マリア・ノヴェッラのすずらん、買いました&うるさくない香水の付け方(初出2014/03/30、問題のあるレビューについて2017/02/27,03/07に追記)。

ヨシダヒロコです。

化学を勉強して、できたら香料会社で研究職になりたいなと思っていました。でも、パヒューマー(研究職も?)は一切香料を使ってはいけないそうです。なれなくて良かった、というべきなんでしょうか。

(2017/02/27 1:40追記:最近、楽天の「コスメリンク」のレビューに上に書いたことについての事実誤認があるのを見つけ、楽天に掛け合っていますがレビューは変えられそうもありません。「研究職」とは香料を実験室で作る仕事のことで、レビューワーの書いた「調合の仕事」ではなく、就職セミナーには行っていますが香料会社はフレグランスだけを作っていません。ついでにこのブログは本職の一環であり、わたしはブロガーでもありません。病気と不況で正社員にはなったことがないので、そういう勘違いはいくら罪がなくても、なければ余計に悲しいです。香料関連のエントリはよく読まれるので、またこんなことがあれば非公開など手段を考えます。このエントリを書いた時点には書けなかったのですが、昔すずらん生花だけのブーケを自作したことがあります。2年ほど後に書いたので検索してください)

(2017/03/07 1:20追記:冬頃からブログのアクセスが増えたことの弊害が増えており、持病に影響しています。楽天お客様サポートとの話が5日につきました。現行でレビューは誹謗中傷のみシステムで削除できるそうで、ショップは関与できません。何回か話やメールをし、いろいろ改善されるまでこの文章を書いておきます。なお、問題のレビューの消えないリンク(魚拓)はこれです。https://archive.is/CYXZA

このブログは香料関係の検索、特にすずらんの香水について探してくる方が多いのですが、久しぶりに1本買いました。今月頭に楽天がポイントセールをやっていたので。

昔、梅田の阪急などで値段を確認済みですが、ここは少し安いです。税金はもうすぐ変わります。

最初付けると30分くらい青臭い香りがしますが、それが飛ぶと、優しい香りに変わります。すずらんらしいと言っていいと思います。ついでに、箱はすぐ捨ててしまいますが、デザインが素敵です。

このブランドは、以前も書いたのですが、「羊たちの沈黙」で有名になったレクター博士のミステリーシリーズで、最終作の「ハンニバル」作中、イタリア人に化けた博士がクラリスに贈り物を買った店だということで気になったのです。フィレンツェはイタリアの中では特に行ってみたい都市ですが、旅行した人によると雰囲気が良く書けていたそうで。サンタ・マリア・ノヴェッラの本店はフィレンツェにあります。日本では阪急(コーナーのみ)の他に丸ビルにも行ってみましたが、ピンと来ませんでした。香りが分かっていればネットで買う方が良いかも。

あと、金沢のデパート香水売り場でお姉さんと話をしていて、香水付ける場所として適切なのは、耳の辺り、手首、下半身に沢山(下から上ってくるので香りがうるさくならないし、付け直す手間を省けるよう沢山付けられる)。香水にも期限があって2年だそうです。後は段々変質するそうなので、よく使ってあげるのがいいそう。あと、アトマイザーは必ずガラス製を使うこと、安いプラスチック製だと香水が変質するので(中にアルコールが入っているので、反応するのでは?)、だそうです。

世の中では付け方間違っている人が沢山いそうですね。

ここのメーカーのであと欲しいのはミモザくらいですかね。ボトルにスプレーが付いてないので、少々付けにくいのが難点です。アトマイザー買わなきゃ。