「統合失調症がやってきた」の簡単なレビュー。

ヨシダヒロコです。

精神科の患者でもありますが、症例報告など訳してみたいと思っています。もちろん仕事として。

さて、この本はハウス加賀谷&松本キックの漫才コンビ「松本ハウス」の本ですが、わたしがネットでお見かけする精神科医が2人大いに褒めていたので、期待して買いました。

病人にとって、闘病記とはある意味辛いものです。病気が違っても底を流れるものが似ていて、うるうるしてしまうのです。もちろん感動の涙ではありません。どちらかといえば、自分のつらかった闘病体験の追体験に似ています。ですから、健康な人に「感動した」的に片付けられてしまうと、「著者がこれだけ書くのにどれだけ苦労したと思っているんだ!」などなど、反発心を感じることがあります。

この「統合失調症がやってきた」は年末に仕事が切れたとき、一気に読み終えました。非常に読みやすい本であり、それは加賀屋さんの体験が多少要領を得ないところをキックさんや編集さんが頑張ってくれたのらしいのですが、加賀屋さん自身吐きそうな思いをして書いたそうです。確かに、その気持ちは少し想像できます。

10日以上考えましたが、本の抜粋がネット上にあり、それを読んで頂くのが一番と判断しました。わたし自身、幻覚など、非常に統合失調症のリアルな症状に近づけたと思っていますし、先に上げた精神科医の1人は「当事者本は数あれど、エポックメイキングな1冊」というようなことをツイートしていらっしゃいました。

統合失調症がやってきた

加賀屋さんはある新薬がぴったり合ったおかげで寛解(ほぼ症状がないけれど、薬はいる)状態までに持って行けました。誰でもそううまく行く訳ではないけれど、世の統合失調症の患者さんで薬がうまく見つからない方に、早く合う薬が見つかればいいなと思います。

なお、この後躁うつ病の本を2冊読んだので、そのうち書きます。病状の説明もありますが、どちらかといえば研究寄りの本です。躁うつ病の当事者本も読む予定です。

「あさイチ」でやっていた統合失調症特集がナイスであった。

ヨシダヒロコです。

(2018/08/09 1:06:加賀屋さんのお名前が間違っていたのをやっと訂正しました。失礼しました)

躁うつ病の患者ですが、医学系の翻訳者もぼちぼちやっており、精神科の案件も受けられたらなと思っています。一番やってみたいのは症例報告です。ストーリーがあるところが好きです。

精神科医ぷしこま先生(@psykoma、Facebookページもお持ちです)がハウス加賀屋さんの本を散々薦めていたので、たまたま今日は早く起きたことだし、1時間じっくり見せてもらいました。

加賀屋さんは子供の時から自己臭に対する幻聴(周りが「臭い」と言っているのが聞こえる)があって、色々あったけどそのまま大人になって松本さんとともにコントでボキャブラで売れ、2年休みがなかったそうです。ボキャブラ、よく見てたのに覚えてないなー。

その後調子を崩し、閉鎖病棟に入ったりなど治療・リハビリ10年。やっと復帰でき、今は寛解状態です。要するに、一見病気とは分からないまで治ったと言うことです。薬は継続です。プレッシャーをかけず待っていた相方さんもすごいなと思いました。松本さんは加賀屋さんのことが本当に分かっていて、精神科医の診察室で心配してくっついてくる家族のようでした。もちろん、ちゃんと認めてあげているんです。わたしはうちで家族とよく喧嘩になりますが、なかなかこういうやりとりは出来ないなと。

それで、これが新しい「統合失調症漫才」。統合失調症には、失礼ながら陽性症状と呼ばれる症状に幻覚・妄想・幻聴など派手な症状が多いので、コントにもしやすいのかもしれません。陰性症状と呼ばれるのもあって、コントの中でさらっと述べられていますね。これは、「幻聴妄想かるた」よりインパクトすごいかもしれません。少なくとも、非当事者には分かりやすいです。

 

あと2人患者さんが登場しますが、ひとりは映画にもなっている英国人ハーブ専門家のベニシアさん、その一人娘のジュリーさん。(2018/08/09 1:05追記:「ジュリーさんは」)シングルマザーになったのをきっかけに発症、14歳の息子さんはお母さんの症状がよく分かっていて、例えば「ヒレカツ食べた」という言葉が出てくると、「ヒレカツとは何か」を丁寧に説明します。ジュリーさんがすぐ忘れてしまうからのようです。

最後のひとりは一般人の優太さん。専門学校生の時に発症、多くの薬を飲みましたが今は1日1錠だけ。東邦大学の若い人向けのデイケアが功を奏し、今はフルタイムで週5働いています。

どちらかといえば理想的なケースばかりかもしれません。紹介されたFaxの中には深刻なものもありました。例えば患者さんに病識がない(病気であると思っていない)とか。だから医者にも行かないとか。

NHK総合の精神医療関係の番組はほぼ見放していたのですが、これは良かったです。こんな感じで、他の疾患や難病も扱って欲しいですね。難病については今、患者さんの負担増とか騒がれていますし……。

最後に、加賀屋さんが松本さんとネタを考えていて、「そこでおまえの決めぜりふ」「『そうですね』」に爆笑したんですが、おそらくこの「そうですね」は精神科医がよく使いそうな言葉だからでしょう。

統合失調症がやってきた

ハウス加賀谷

イースト・プレス

2013-08-07

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

今日は読みたい本の話ばかりですが、これも読んでみたいです。

「こころの科学」172号「暴力の心理」をざっと読みました。

ヨシダヒロコです。

将来は精神科の、特に症例報告が訳せるようになりたいです。

この「暴力の心理」、楽しみにしていました。楽しみと言っちゃ語弊があるかもしれないけど、何か新しいことが分かるかと思って。

まだざっとしか読んでないのですが、DVの項(2本)と兵士のPTSDの話は読んで、特に後者が印象に残りました。考えてみれば、兵士だって暴力の被害者です。前者については、加害者カウンセリングは(被害者を妻とした場合)加害者が三行半を突きつけられ、「カウンセリングに行かないと別れる」とでも言わない限り行くものではないらしい、ということが分かりました。

戦争のPTSDについて、忘れられない映画があります。「父親たちの星条旗」。昔書いたレビューはこちらです。

かいつまんで話すと、硫黄島を奪還して星条旗を立てた4人の兵士が新聞に載り、国債を集めるためと称して何回も何回も、旗を立てる「ショー」をやらされるという、イーストウッド監督の映画です。「硫黄島からの手紙」とセットになっていて、この映画で日本人俳優に日本語を使わせてくれたことはすごく嬉しかったですが、わたしには戦争の傷を引きずっていた祖父がいたので「父親たちの~」が他人事とは思えませんでした。

英語で失礼。日本語のは殆ど残っていませんでした。この中で、「本当のヒーローは死んで硫黄島に眠っている」と言っているのですが、生きて帰ってきてくれた兵士が何か語ってくれたりしてくれないと、後世のわたし達はまた間違いを犯してしまいます。

「こころの科学」では、兵士が受けたトラウマは実は時間が経過しても消えておらず、亡くなる間際になって「ジャップが攻めてくる!」と言い出したりするそうだと書いてあって、もう言葉が出てきませんでした。

先に話を出した祖父は満州に住んだ経験があり、なのに日中戦争に従軍することになってしまいました。銃弾が耳の横をかすめたこともあったそうです。大戦中は陸軍情報部に属し、戦争が終わってからは農民に戻りました。元々農民の出で小卒の祖父が将校にまでなったのはさぞかし努力したのだろうと思いますが、後になってさぞかし空しかっただろうと思います。孫のわたし達には、宿題で演習場の話など聞かない限り軍関係の話をすることはなく、スイカを一緒に取りに行ったりいい思い出しかありません。

祖父が言っていたことや経験は、すべて又聞きなんですが、こんなことも言っていたそうです。散々戦争についての本を読んだ後、「お国のため、天皇陛下のため、上官のためと思って戦ったことが空しい」と。

今日ちょっとした用で病院に行くんですが、兵士のトラウマの話はもう一度ゆっくり読んでみようと思います。

マンボウ先生、沖雅也、ヘミングウェイを悩ませた双極性障害(躁うつ病)について。

ヨシダヒロコです。

たまには自分の病について語ってみることにします。
認知度の高いうつでさえ、よく理解されているとは限らないのに、暴挙ですが。

わたしが双極性障害と診断されてから数年経ちます。多くの患者さんが、それまでに多くの時間を費やしており、病気に伴う誤解などで恐らく人間関係なども壊れた末のことだったでしょう。わたしも例外ではありません。

双極性障害は、躁とうつを人によって様々なパターンで繰り返すようです。I型とII型があって、後者(わたしも含まれます)は躁が比較的軽いです。躁が出ても軽躁で、「朗らかな人」と認識されることも多いようです。それでも弊害が出ないかと言えばそうでもなく、わたしは2回車で衝突事故を起こして運転を休んだまま、クレジットカードは、薬でコントロールする前のことも入りますが、3枚はダメにしています。浪費は双極性障害の1つの特徴です。躁状態になると、カードの限度額=自分の財産みたいな気分になります。今は審査もおりませんが、今後も持つつもりはありません。ちょっとした支払いならデビットカードで事足りるからです。

躁状態はあまり長く続かず、うつに転落します。食欲がなくて痩せていく、お風呂に入る気がしない、何も楽しいと感じられない(どんなに以前は楽しかったことでさえ)、ひたすら気力がなくてお布団に閉じこもる、あとパートナーがいる場合には夫婦生活なんかにも影響するでしょうね。

ここまで、予備知識がない方のための説明でした。実はコンパクトにまとめた解説ページがあり、双極性障害の研究者によるものです。


躁うつ病のホームページ

ここのページにあるメルマガは購読していますが、まじめに読むようになったのは最近でしょうか。将来、双極性障害は「こころの病」とは見なされなくなる可能性がある可能性があるそうです。亡くなった患者さんの解剖などによって、遺伝子レベルでの問題が見つかりつつあります(キーワード:メチル化、エピジェネティクスなど)。病気自体は遺伝性ではないそうですが。研究は理研他が行っており、今は親子の唾液のサンプルを募っています。

個人的な話になりますが、しばらく前にわたしは大事なつながりを失いました。読んでもらっていても問題が回避できたか分かりませんが、「読んでください」と言っていれば……と悔やまれてなりません。その文章とは、上記「躁うつ病のホームページ」の「躁状態への対応」です。わたしは、自分が冬の間、躁うつごちゃ混ぜの状態にあったことを、ごく最近知ったばかりなのです。医学的には、「躁うつ混合状態」と言いますが、色々あって自分でもその状態にあることが分かりませんでした。

素晴らしい文章なので、躁についての文章を一部引用します。

周囲の人が突然躁状態になった場合、正しく躁状態であると理解されることは、残念ながら今の日本では、ほとんど期待できません。

それまで全く普通に生活していた人が、急に、他の人を非難したり、場にそぐわない言動をとったりしても、「この人は(元々)こんな人だったのか」「こどもじみた人だな」などと思われて、周囲が反発し、批判する、というだけに終わってしまう場合が多いのです。

躁状態に伴う誇大性などに伴って、顧客に対する失礼な言動、周囲の人に対する「上から目線」的な言動、上司に対する反抗、職場における金銭面の判断の誤り(使い込み)などのさまざまな言動をしてしまい、要職を辞めざるを得なくなり、人生を棒に振ってしまった方は、残念ながら、数多くいらっしゃいます。

『島田清次郎 誰からも愛されなかった男』出版記念トークイベント@金沢レポ(2013/08/25)(2019/07/06追記)。

ヨシダヒロコです。

少々調子を崩した上に仕事が詰まって、金曜早朝までひいひい言っておりました。

東京のトークイベントもありましたので、ネタバレにならないようにわざと遅くレポを上げました。

この日は6時半開始だったので、しかも駅に近い近江町(観光客向けの市場があります)。余裕かと思ったんですが、駅で鶏のかしわ揚げの乗ったおそばを美味しく食べていたら、ちょっとギリギリでした。

なので、会場の写真はなし。結構年配の人が多かったです。その前日、越前先生の読書会でお会いした方が2人も。

トークイベントというか、軽いノリにしたいらしかったのに、近江町プラザが用意した張り紙はこれ。

風野先生は(患者にとってお医者様を「さん」付けにするのは難しいので、「先生」ということで)笑うと特に爽やかな感じの方で、ズボンのプレスが綺麗にされているなと思って見てました。身内の仕事柄……。 最初は東山(郭のあるところ)のあうん堂書店さんと、石川近代文学館の先生が訪ねたときに対応された職員さんと、先生と3人でのフリートークでした。なんでも、どうやら先生はかなり国会図書館で調べ物をされていたらしく(とツイートで)、その原本を金沢に探しに来られ、「こういう資料ありますよね?」みたいなことをおっしゃり、ずらっと並べて写真を撮られたそうです。

後半は先生がご本のラストの部分から年表を持ってこられて、島清の一生を丁寧に解説していきました。知らなかったんですけど、DVやるわ女性の誘拐監禁事件を起こすわ、かなりの困ったちゃんだったのですね。「地上」は読んで大して面白くはないけど、構想もろくになく6巻まで書いたとか、恨みに思う人を敵役で小説に出したり。新潮社はそれででっかいビルを建てて、島清の新居は関東大震災で全壊したのに新潮社ビルは全然大丈夫だったとか、面白かったです。 島清が精神病院の中でも執筆を続けていたというのは知りませんでした。カルテがあれば良かったのでしょうが、空襲で焼けたそうです。身元保証人さえいれば退院できたのではないかと。わたしが後で質問したのですが、入院していた病院は扱いが良かったそうです。他はもっとひどいところもあったと。

ごく最近の北陸中日新聞に先生が出ているのですが(下にリンクの入ったツイートを貼ります)、3ヵ月くらいで良くなる統合失調症だったのではないか、だそうです。この辺は今まで解明されていなかった部分ですね。 本はギリギリ間に合ったので読めないまま、サインだけ頂きました。その時にはツイートの印象のままのどこか内気な先生に戻っていました。読書会仲間から昔の伝記も貸して頂きました。で、わたしは前日と同じく急いで電車へ。

先生は翌日取材など受けてご自分の行きたいところにも行かれて金沢を楽しんで行かれたようです。確かにうちの県から見ると、文学館の類いが金沢には多いですからね。

「島田清次郎 誰からも愛されなかった男」を短くまとめるとこんな感じ。

そして、一昨日に北陸中日新聞に記事が載りました。東京の方は盛況だったのでしょうか。この一連のツイート、お茶目で笑ってしまいました。お写真もありますよー。

 

(2019/07/06 20:06追記:中日新聞のWeb魚拓があったので貼っておきます)

https://megalodon.jp/2015-0210-1659-53/www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201309/CK2013090602000198.html

もうちょっと写真多めにしたかったです……。なので、ダメ押しで。サインの写りが悪くてすいません。なるたけ早く読みたいです。文体はとても読みやすそうですし。老舗の「うつのみや書店」あたりが取り上げると金沢の人には知られるでしょうねー。

IMAG2662

IMAG2663

自殺報道とWHOガイドライン。

ヨシダヒロコです。

落ち着いてこの話題が書けるのを待っていました。

藤圭子さんの訃報で大きなショックを受けた1人です。自分は藤さんのファンではありませんが、宇多田ヒカルさんは大好きで、彼女が「わたしはママの大ファン」と言っていたのを知っていたから。

前日に少し落ち込むことがあって、それでも大口になるかもしれない翻訳案件のテスト原稿を終わらせたところでした。最初の一報はTwitterで。

もともと情緒不安定だったところだったので、怖くてツイートのリンクが踏めなかったです。ちなみにあっちの方に自分が引っ張られるというのは今回なかったんですが(今までも有名人の模倣で、という考えはわたしの発想にないです)、とにかくショックで。宇多田ヒカルさんと元夫の宇多田氏の文章をしばらく後に読んで2度ショックでした。精神疾患だったのかと。

「自殺」については今まで結構書いてきました。自分が生き残りであるということもありますが、そんなわたしでも精神医学の翻訳もやりたいし(ちょうどやっていたテスト原稿はそれに関するものでした)。小さなことでも何か役に立つことを書いていきたかった。それで数年前に知ったのが元NHK職員だった清水さんが始めた「ライフリンク」です。ここの清水さん経由でWHOの自殺報道ガイドラインを知りました。

今回、その方面で一番まとまっていた記事はこれです。

藤圭子さんの自殺 テレビのニュース報道は、国際的な「ルール違反」だらけ

こちらから、WHOガイドラインを引用します。

それらは以下の通りだ。(番号は便宜的に筆者がつけたもの。)

(1) 努めて、社会に向けて自殺に関する啓発・教育を行う。

(2) 自殺をセンセーショナルに扱わない、当然のことのように扱わない。

あるいは問題解決法の一つであるように扱わない。

(3)自殺の報道を目立つところに掲載したり、過剰に、そして繰り返し報道しない。

(4)自殺既遂や未遂に用いられた手段を詳しく伝えない。

(5)自殺既遂や未遂が生じた場所について、詳しい情報を伝えない。

(6)見出しの付け方には慎重を期する。

(7)写真や映像を用いる時にはかなりの慎重を期する。

(8)著名な人の自殺を伝える時は特に注意をする。

(9)自殺で遺された人に対して、十分な配慮をする。

(10)どこに支援を求めることができるのかということについて、情報を提供する。

(11)メディア関係者自身も、自殺に関する話題から影響を受けることを知る。

 

― 自殺既遂や未遂の方法を詳しく述べることは避けなければならない。なぜなら、それをひとつずつ順を追って述べることで、自殺に傾いているひとがそれを模倣するかもしれないからである。

元未遂者から見ると、特に↑の(4)でしょうか。今回も詳しい手段(書きませんが)を報道したところがあったようで、自殺対応窓口の方がTwitterで嘆いてました。そういう話題を提供されたときに、死に傾いている人が考えるのは、「この方法、使えるかも」でしょう。わたしがそういう状態にあれば、そう考えます。

あと(10)ですが、「いのちの電話」を紹介して終わっているところが多い。基本的にあそこはつながりません。「自殺」とかつくと基本的につながりません。だから、地元で話を聞いてくれるところを探した方が良いし、「そうしょっちゅうでなければ」、話を聞いてくれる友達や家族を確保しておくのもいいでしょう。お医者さんに通っている人は、頓服をどこまで飲んで大丈夫ですか、と日頃から主治医に相談しておくのもいいと思います(わたしはそうしています)。

こうして書いていてもまだ複雑ですが、涼しくなってきた昨日、久しぶりにスーパーに買い物に出て、落ち着いて女性週刊誌を読むことができました。宇多田ヒカルさんの突然の「人間宣言」はお母さんのためだったと。なんとか壊れてしまった母子関係を修復したかったのだと。そう書いてありました。

上記の記事がものすごくSNSで拡散されたことは救いでした。

藤圭子さんのご冥福をお祈りします。

「『島田清次郎 誰からも愛されなかった男』出版記念トークイベント@金沢、東京。

ヨシダヒロコです。

この話題での検索が多いなんて、島清さんはいろいろと愛されているのですね。

出版は明日ですが、それに合わせてトークイベントが行われます。まず、25日日曜に金沢。もう申し込みました。まとめ役の東山(茶屋街で有名ですが、人も普通に住んでます)の古本屋さんが気さくな方で、裏話など教えてくださいましたが、ここではお楽しみということもあって書かないでおきます。いよいよネットでしかお話しできなかった風野先生が生で、と言うことで楽しみにしています。サイン会に予約した本が間に合うかなー。注文してない人は当日買えるそうですよ。会場は魚などが美味しいことで有名な近江町(おうみちょう)市場がある近江町です。

41pXqI-90IL._SL200_

申込はこちらからどうぞ。

http://www.webdoku.jp/event/2013/0814125555.html

まとめ役のあうん堂本舗さんから、古書店マップなど頂きました。その日は古書店祭りみたいのがあるようなので、時間があれば早めに行って見てみたいです。

2013-08-16 11.43.50

東京でも決まりました。なんと、春日武彦先生とのトークショー。風野先生は緊張してらっしゃる様子です。

こちらから申し込みできます。

「精神科医が読む”天才”と”狂人”のあいだ」『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』刊行記念、風野春樹さん×春日武彦さんトーク&サイン会開催決定!


http://www.webdoku.jp/newshz/zasshi/2013/08/19/103623.html

大正時代というと、精神病院の中はさぞかし劣悪な状況だったことが想像されます(そういう本も出ています)。病気だったとしても余計悪くなったかも。その辺を語っていただけないかなと期待しています。

 

今日(2013/07/15)、Eテレ「ハートネット」認知症特集でジブリ映画「しわ」関連やります。

ヨシダヒロコです。

すっかりお知らせが遅くなりました。

連休中もハードではありませんが、ずっと仕事です。

先日書いたジブリアニメ映画「しわ」ですけど、上映映画館はまだ限られています。

ジブリ系スペイン語アニメ「しわ」初日舞台挨拶つき観覧(2013/06/22)。

でも!今日ギリギリになって申し訳ないのですが、夜8時からのEテレで監督も出演して映画の話をするそうです。再放送は22日の午後1時5分から。確認してませんが、オンデマンドでもやってくれないかなあ。映画が観られない地域の方も少しはどんな作品か分かるかも?(最終的には、普通のDVDなら3000円台後半でジブリ美術館から発売するようです。今までがそうだったようなので)

ハートネットTVのページはこちら。将来的には消えるかも知れないので、拡大できるキャプチャも取りました。

shiwa

ところで、昨日、届いたばかりの映画の原作「皺」を読んでました。ハードカバーで漫画というのも珍しく、なかなか良い値段がしましたが、心にずしんとくる佳作でした。短編が2作入っていて、2作目はできれば今日にでも読みます。フランスで最初にヒットしたそうですよ。

2013-07-15 16.35.37

「島田清次郎 誰にも愛されなかった男」(風野春樹(@hkazano)著)予約受付中。

ヨシダヒロコです。

石川県、現在の白山市が生んだ文豪で、不遇のうちに精神病院でその一生を終えた島田清次郎(地元の人は親しみを込めて「島清さん」と呼びます)についての伝記が出ます。

著者は島田に惚れ込んで今までサイト「精神界の帝王 島田清次郎 on the Net」を作ったりTwitterのbot(@ShimadaSeijiro)を作ってきたりしてこられた、精神科医の風野春樹先生です。SF好きとして知られ、雑誌「こころの科学」に「精神科から世界を眺めて」、他に「本の雑誌」にも連載をお持ちです。

島田の作品「地上」はいつか読まねばと思いつつ、体調がいまいちの時に図書館で借りて読み切れなかったとき以来、手が伸びていません。青空文庫にあるらしいですが(7/8注:もちろん「地上」は買います。ただ今月10冊ほど本を注文してしまったので、来月かな)。

でも今回の本は勢いが大切なので、もう予約しました。8月刊行で、今ゲラ修正の段階とこの間ツイートしていらっしゃいました。わたしが知る限り、処女作ということになるのでしょうか。

shimasei

予約はこちらから。

http://honto.jp/netstore/pd-book_25705673.html

関連情報。

金沢市から_ 室生犀星記念館にて、第42回講座「犀星」を開催致します。  タイトル:『島田清次郎のことども』  日時:平成25年7月20日(土)午前10時~11時  講師:松田 章一氏(鈴木大拙館アンバサダー)  定員:… http://t.co/gLnTE3P3bq

— 金沢市情報Tweet (@kanazawa_inf) July 2, 2013

5月にブログに書いた、石川近代文学館にもわずかですが展示があります。

白山市(たしか加賀笠間駅付近)にはお墓がありますが、わたしが問い合わせた数年前時点で、役所に聞けばお墓の場所が分かるという程度のもので、あまり大きく祭られたりはしていない様子で、それも残念ですね。

「こころの科学」定期購読はじめ。

ヨシダヒロコです。

元々は風野先生のSF連載も読みたくて(SF詳しくないけど)、という不純な動機でしたが、去年からムックを溜めたりしているんですよね。もちろん、仕事につなげたくて。

こころの科学169号:職場のうつ

日本評論社
2013-04-25

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

主治医にも評判が良いようなので、思い切って年間購読してみました。隔月刊ですので、1年でも7800円です。昨日は「『職場のうつ』はうつ病か」を読んだのですが、恥ずかしながらDSMが単なるテストのようなものでなく、多軸で判断することを初めて知りました。勉強になりそうです。
こないだヘルスケア系の仕事で出てきたEAPなんかも出てきましたし。

特集号にも良さそうなのがありますので、順次揃えていきたいです。とは言っても、精神科単体の仕事、なかなかないんですけどね。できる人が限られていて、食い込むのが大変みたい。