天然の薬や毒の勉強をしていたレビュアーが『毒物ずかん』(化学同人、近刊)を読んで。

ヨシダヒロコです。

poison bottle

Credit:Adobe Stock

最近、ネットギャリーというゲラを読んでレビューするシステムを知りました。誰でも登録でき、発売前の本が読める(場合によっては全部ではないらしい)というメリットがあります。Kindleで読める本はまだ多くなく、参加出版社も増えて来ている途上で、本のファイルはパスワード保護されたPDFでダウンロードし、Adobe系のソフトやアプリで読みます。ギャリー(galley)とはゲラの意味だそう。ネットギャリーTwitter(@NetGalley_Japan)中の人の言葉「元々は2008年にアメリカでスタートして、現在フランス版、ドイツ版、イギリス版、日本版が稼働しています。日本は去年の10月に本稼働しました」。

 

さて本の話ですが、化学の勉強していた人にはとてもなじみ深い「化学同人」からのいかにも化学同人らしい本です。ただ表紙にもあるように毒がキャラ化されていて親しみが持てるように工夫されています。絵は姫川たけお氏によるものです。キャラのディテールは考えてあるなと思ったのですが、PDFで発色が悪いのか何なのか、あまりはっきり綺麗に見えませんでした。女子高生が不思議な毒の世界に迷い込むというマンガも各話に入っており、毒キャラたちとのどこか抜けたやりとりが可笑しかったです。

取り上げられている毒はこんな感じ。

********

■1章 妖精の谷(有毒元素)

1 水銀/2 ヒ素/3 タリウム/4 カドミウム/5 ポロニウム

■2章 ドクドク工業地帯(低分子毒)

6 シアン化カリウム/7 一酸化炭素/8 硫化水素/9 塩化水素

■3章 蟲毒の森(生物毒)

10 アコニチン/11 アトロピン/12 アミグダリン/13 アニサチン/14 テトロドトキシン/15 イボテン酸/16 アフラトキシン/17 ヒスタミン

■4章 煙の城下町(化学兵器)

18 CSガス/19 サリン/20 マスタードガス

■5章 赤の女王の城(麻薬)

21 メタンフェタミン/22 MDMA/23 LSD/24 脱法ハーブ/25 ヘロイン

■6章 魔物たちの天空(高分子毒)

26 リシン/27 ファシキュリン/28 カリブドトキシン/29 マイトトキシン/30 ボツリヌス毒素

************

わたしはこの本だと「生物毒」に当たる毒を研究していた、わけではないですが、天然成分で薬になりそうなものに囲まれていましたので、毒も似たようなものだし自然に話に入ってきていました。大学院受験で毒に詳しい先生がおられる薬学部の研究室を候補に入れ、勉強のためノートをコピーさせてもらったらLSDの話が書いてあったことも。なので試験対策として勉強しました。

著者くられ氏のコラムでも最初から書いてあるように、毒と薬は量の問題なのです。だから、絶対的な毒や絶対的な薬はないと。その他のコラムでも食品添加物ちょっと入っていたらダメだなんておかしい、と「ゼロリスク」に苦言を呈したり、頷けるところがとても多かったです。

今回こういう書き手が化学分野にいることを知ることができて良かったです。とっつきやすい本だと思いますし、化学式も最小限、ページ数も抑えてありますので興味のある人はパラパラ眺めてみて下さい。

くられ氏のTwitterで見たのですが、出版社がこんなプロモーションビデオを作ってて「攻めてるなー」と思いましたね。動画はバージョン2もあるそうです。

https://www.kagakudojin.co.jp/book/b358953.html

(リンク切れの場合動画以外はこちらから→魚拓

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中