ブログを3つリンクします。

ヨシダヒロコです。

2011-03-27 09_1_Fotor

2012年に20才ほどで亡くなったミケです。

まず、aoさんの「高卒ですが何か?」はランキングが高いためだいぶ前から知っていて、だけどなんでこのタイトル?と実は思っていました。高卒の翻訳者さんは実はそんなにレアではなく、古い友人も含め何人か知っています。それだけ実力主義なんです。題名の訳が少し分かった気がしたのは、お母様のばぁばさんによる「老いの錯覚」を読んでからでした。家の事情で美大に行くのを諦めたと。その事情がわたしがよく経験したものだったため、「そうだったのか!」と思いました。ちなみにAboutに書いていますが、うちもお金のある家庭ではないので、小学生の時に「音大いいなー」と思ったのを学費聞いて速攻で諦めています。

東京芸大を卒業する油絵科の子だったかな、倍率高くて入ってくるから入学後も大変だとか病むとか最近文章を書いてました。金沢にも美大があって一緒にバイトした子もいます。一度眠れなくなったときに、薬屋さんに美大の子は課題で睡眠の調子がおかしくなることがあると聞きました。いやはや大変です。

aoさんは写真がお好きですが、わたしはaoさんの写真の色調も好きですし、部屋や食卓の雰囲気、食器の配置や色使いなどが綺麗でおしゃれで気に入ってます。わたしはまず散らかった部屋を片付けないといたちを放して写真を撮れませんし、こまこまきれいに並べるのが非常に下手で。

綺麗に暮らしたいなと思いますホント。文章もコンパクトで明るく楽しくという感じなので、読後感が爽やかです。長々書く誰かさん(わたしです)とは大違いです。

以前にもお母様のブログは存在したことがあるのですが、aoさん&ばぁばさんのお宅でも最近フェレットが亡くなり(しかも今うちにいるアルビノ)、その後お母様がネットに復活しました。大変な人生を送ったお母様は闘病生活を経験し、今も経過観察中ですけど、日常のなんでもないことから深い心の内までさらっと短い文章で余韻を持って読ませるのはすごいです。

面白いのは、母娘が「お互いにそんなことを思っていたのか」とブログをお互いに書いて発見しているようなところがあるのです。わたしの両親も70代ですがIT関係には一切興味がなく、たまにわりと激しくぶつかります(だから色々大変)。今もぶつかって気分が良くないのです。aoさんちもいろいろあるでしょうけど、仲が良さそうで楽しそうですね。これからも仲良くいらしてください。


 

最後のブログ「屋根裏通信」は同じ医療機器を長く扱うSayoさんのブログで、医療のみならず日本語について、フィギュアについて、いろいろ掘り下げています。この方がセミナーに出てブログでレポートを書くとすごく演者から誉められるんですが、わたしなりに理由を考えてみました。

11月に登壇した10分講演会でも本当は声を大にして言いたいことがあり、それは「尊敬する文系出身の医薬翻訳者さんたちは文系だからとか絶対言わない。理系出身だろうと専門で習う範囲は狭いので、なんでもできるわけではなく勉強しないといけないのは当たり前です」みたいなことです。Sayoさんはセミナーや講演の単なる書き起こしをやるのではなくて、自分なりに咀嚼してさっき書いたような演者さんの本当に言いたいことを解釈・理解し、その理解が深いのだろうと。

そういうわけで、興味を持たれた方は是非リンクから見に行ってみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中