イタリア語検定準2級2回目出願+雑感。

ヨシダヒロコです。

この話を出願してすぐに書かなかったのは、自分の体が何で長いことこんなに疲れているのか分からず、とぼしい知識を元に、多少採血とかしてもらってました。大きな異常はなく薬を調整して休んでいたのです。まったく、『ドクターG』なら1時間でカタが付くのに、現実は厳しいですね。

そんなことを言っている間に昨日イタリア中部にある、ペルージャから76kmのラツィオ州リエーティ県アマトリーチェ、アクモーリ、アルクアータ・デル・トロントなどがM6.2の地震(しかも朝の3時半過ぎ)の被害を受け、建物が古いため崩れてしまいました。昨日やっと知ったのですが、アマトリーチェはトマトとベーコンが入った有名なパスタ「アマトリチャーナ」の街だそうです。赤十字情報を(英語で)見たら、余震も多いそうで心配です。「地球の歩き方」ブログで、今はバカンスだから救助の人手が足りないとあり、それはすごく大変そうです。早朝地震で起こされて揺れるだけでも怖いのに、街がこんなに壊れてしまっては、と。

赤十字などでもし募金情報があったら別に書きます。まだイタリア赤十字社から支援要請が出てないし、その辺は東京の日本赤十字社にも確認を取りました。

写真はWikipediaからダウンロードした3つの街の写真です。3つめは湖ですが(アクモーリ)。あとスパゲッティ・アマトリチャーナ。レストランで注文してくれたら代金のうちから募金するという動きがあるそうです。日本でもやらないですかね。何か有用な情報をツイートするときは#terremotoと付けましょう。

(2016/08/25 14:36追記:アマトリチャーナでの募金、国内でも出てきています。他のタグとして、#PrayforItaly #PrayforAmatrice #TerremotoItalia #ItalyEarthquakeなどがあります)

それで出願ですが、もしかしたら試験日に行けないかもと思いながら振り込んで、前回はあと9点で落ちましたが、もうちょっと改善するかどうか?というところです。先ほど書いたように、Repubblica.itなどTwitterにカラム作って他に読みたい新聞と共に流しておいて、気が向いたときに開いています。

先生に文法が弱いと何回も言われているので、4月に学校にお邪魔したときに薦められたこの本をやっと買いました。中のレイアウトは青系で適度なスペースがありやりやすそうです。わたしの場合はイギリスの出品者から買いましたが、送料はあまりかかってません。

Grammatica Pratica Della Lingua Italiana: Nuova Grammatica Pratica Della Lingua Italiana

Alma Edizioni

2012-04-11

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

あとは日伊学院の準2級対策講座(模試形式)が最初に書いたような理由で溜まってしまってなかなか進まず、19日で1年の提出期限が終わるのでなるたけ出しました。3月に伊検が終わってからすぐにスペイン語DELEに移り、それが終わったら呆然としていて。3回くらい受けたら何とかならないかな。Skype講座も久しぶりに入れているのですが、なんだか地震の話になりそうな予感も。

最近CILSで探してくる人がいますけど、準2級取得後は、これは更にハードな試験なのでちょっとしばらくいいです。それより翻訳講座で勉強がしたい。CILSは日伊では個人的に対応しているらしいし、たしか単発のクラスがあったような覚えがあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中