和む本(3)ー見て楽しいフランス菓子本、スープのレシピ本。

ヨシダヒロコです。

こういうリラックスできる本も必要と思い、意識して買っています。

料理雑誌は買わないようにしています。紙だとたまるし、Kindleでも結局使わない。TVでは「きょうの料理」あたりはこれはと思ったのチェックしています。ジャンルを問わず、なるほどそうやったら作れるのか(やってみないと分からないけど)というのが見て何となく分かるのは楽しいものです。この番組は結構ネットでもレシピを出していて、その他のサイトもEvernoteで保存しておきます。普段よく使っているのがそういうレシピかも。

もちろん、冷蔵庫にあるもので何となく「あれとあれで……」というのもやりますし、レシピを見るのは複数回作っているうちに段々自分のものになります。フラスコ振って実験室にいる勉強をしていたので、料理は延長上のように思えてなりません。煮る料理は割とそうでしょうかね。

今回のは2冊、今後あと2冊ほど出てくるかと思いますけど、「これはちょっと欲しい」と思った、見ても楽しい本です。

1冊目は初めPinterestでとても綺麗な和食前菜盛りつけの写真を見て、もと画像のブログを読んだらありました。ダンナさんがフランス人で、フランス菓子のパティシエの方。勉強しているイタリア、スペイン語にからんで料理のレシピは見ることありますが、お国柄が食材に出ていて、この本もバターが無塩でもいいけどあっちでは発酵バターとか、なかなかなさそうなスパイスとか、そういうの見ているのは楽しいです。ないものはおおむね日本で代わりになるものが書いてあります。本はある時点でディスカウント本になり、今は正規には売ってないようですが(中古)、お菓子作り初心者のわたしは少し練習したら作ってみたいものがあります。

甘いものは量は食べませんが、難しそうなので作ってみたくなってまず買った本。気になった方はなくなる前に。

フランスで覚えたお菓子 (マイライフリシーズ)

panipopo

グラフ社

2011-05-28

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

2冊目はTwitterで料理上手なんだろうな、という方がツイートしていた本。1年分あるらしい大量のレシピがあり、眺めても楽しいです。お味噌汁も。わたしはスープというものが好きですし。クリームコーン缶と冷凍コーンで簡単にコーンスープが作れたりしますが、面倒な人向けにこんなものがあるんです。コンソメもコーンも入っているから牛乳入れて温めたら終わり。

2016-01-27 15.03.59_web

本を見てて、今はグリーンピースの時期なので安く沢山手に入れば美味しいのができそうです。1つ気になるのが、スペイン料理の夏に飲むガスパチョがあるんですけど大事なニンニクが入ってないし、なんかうーんという感じです。朝向きでしょうか?

出たばかりの本で、料理あまり得意じゃなくても簡単に作れそうなものです。朝は時間ないですし。

365日のめざましスープ

有賀 薫

SBクリエイティブ

2016-03-19

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中