DELEB1(大阪)延期決定+今後の勉強予定。

ヨシダヒロコです。

スペイン政府認定、中級のDELEB1を目指して勉強していたのですが、ここ富山からの受験地は一番近くて最速で東京(新幹線が通ったので)の2時間、その他も3時間ほどで、どうも長いこと疲れが抜けないわたしは、お金かけて疲れに行くようなものと考え、持病を見てもらっている医者とも話をして今回は諦めました。

諦めはしましたが、今後の皆さんの参考のために受験票を出しておきます。沖縄から東京に受けに来る人もいると聞いたことがあります。口頭試問の時間が1週間前まで分からず(交通機関の手配がしづらく、この頃特にいろんな都市で宿が取りにくいです)、2日間合計3時間半の試験なので結構ハード。名古屋で受けたときの受験記があります。大阪の場合、うまく宿が取れないと枚方にこの時間はきつそうです。近県から来る人もそうでしょうね。

2015-11-15 00.30.22

一昨年よりは自力でCronometroで勉強もし、リーディングで7割、リスニングで5割とか取っていました。リスニングはいきなりウルグアイ訛りなんて出てくるし、今後も勉強が必要かと思います。作文も少しはやりましたが(イタリア語で書いていた経験が役に立ったと思います)、どの程度の完成度かは分かりません。自覚している通り、時制があやふやなところがあると指摘を受けました。

IMG_20151114_125706

El cronómetro / The Timer: Manual de preparacion del DELE . Nivel B1 Inicial / DELE Exam Preparation Manual. Initial Level B1

Alejandro Bech Tormo
Editorial Edinumen
2013-01

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

この本には4回分の模擬問題(CDつき)の他に付録問題がついており、ちらっと見ただけですが力を付けるのに使えそうで、さらにpdfがダウンロードでき、役に立つだろうと思います(もう1回分の問題らしいです)。他に、セルバンテスから模擬試験が出ているのでそれで本番の練習ができます。ネイティブの人をネットで見つけて作文対策をしている人を他の試験でも見かけますが、作文や面接は試験官の資格のある先生に見てもらうといいかもしれません(わたしはパソアパソというところでSkypeレッスン受けてます)。面接はあんまり作り込むといけないから、さらっと準備するのがいいと学校の方がいってました。

DELEについては大体傾向や弱点が見えてきたので、以前書いたことも重なりますが今後の課題を書いておきます。一昨年はメタメタな結果でしたので、「まず読むように」とイスパニカでアドバイスを受けたのでした。来年秋には西検3級も再挑戦します。

文法の強化は、そのうちマイペースでイスパニカの通信講座を取るつもりですが(2度目のスペイン語)、この本もかなり使えます。2回目をやろうとしてこけていますが。西検4級か3級くらいまでの文法でしょうか。

スペイン語力養成ドリル2000題

加藤 伸吾
白水社
2012-06-21

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

今後は、リーディングも精度は上がってきたようだけどまだまだ読めないところがあって、長いものを読んでみようかと。で、分からないところを先生に聞くと。ドラマ『情熱のシーラ』原作です。600ページあるので正直心配です。こっちのバージョンは「なか見検索」がありますが、Amazon.co.jpではなく海外のマーケティングプレイス発送になってしまうので、新しいバージョンの方がお得かも。英語やスペイン語(あらあらと)でレビューを読んでいると、「長い」とか「内戦のところが歴史的に違う」という感想もあります。もう1つ途中になっている本があるので、そのうち。

El tiempo entre costuras: Una novela (Atria Espanol)

Maria Duenas
Atria Books
2011-11-08

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

勉強というよりしばらく肩の力抜いて楽しくやろうと思って。昔、TOEICはロック系海外ラジオ聞きまくってスコア上げましたし、好きなことをやるのが性にあっているのかもしれません。

前に番組について書いたときに出しましたが、これも良いなと思ってます。リスニングの勉強ができそうですが、B1レベルにはかなり早口です。アメリカにはリージョン1のDVDがあった気がしますが、クリスマスシーズン向けにスペインのAmazon.esに注文してみようかと思っています。これはBlu-Rayで、おまけがあるみたいです。向こうではギフトラッピングあるんですかね。

El Tiempo entre Costuras – Edici Especial (European Region B2)

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

さて、47ページの本に長々かかってきましたが、これ終わりそうです。最後の一波乱を読んでいて、もう1時間もあれば単語調べ終わるでしょう。後は分からないところを先生に聞くだけです。B1レベルの読み物で、前に”La vida es un tango”というアルゼンチンものを読んだのですが、このメキシコものの方が話が断然面白いです。

裏表紙の写真は下に付けますが、マドリードからメキシコシティにフリーダ・カーロの取材に来た新聞記者ダビドがいろんな違いに戸惑います。このシリーズ、スペイン語があっちとこっちで違うので、括弧や注釈で説明してあるのが親切。タクシー強盗に遭って読んでる方がハラハラしたり、かと思ったら面白いおまけがついてお金が返ってきたり、フリーダ・カーロの美術館でもハプニングが起こったり。CDつきなのできっと、メキシコスペイン語の勉強になるのでは(まだ聞いてない)。

そんなわけで、イタリア語をほったらかしなので(週1現地発の番組見てるだけ)ボチボチ戻ります。ちょっと肩の力を抜こうと思っています。ちなみにさっきのレッスンでは、テロの話から先生が広島の話を出したので、住んでいた頃TVでこういう悲しい話をやっていて、とか言っていたら時間が終わってしまってリーダーができませんでした。

Lecturas Serie America Latina: Taxi a Coyoacan (Mexico) + CD

Difusion Centro de Publicacion y Publicaciones de Idiomas, S.L.
2007-04-20

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

2015-11-15 00.10.30

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中