かなり人気の、フェラガモ・シニョリーナ・エレガンツァ・オードパルファム。

ヨシダヒロコです。

どうせなら売り切れてない販売元を貼ろうとしているうちに、年を越しちゃいました。
根気よく探せば、7000円台で手に入ります。わたしはそうしました。

去年夏、金沢香林坊大和でサンプルもらって、その時点で入荷待ちだったのですが、ネットで買ったら半額近くだったと思います。いわゆるモテ香水と言われているらしい、嫌みのないエクラ・ドゥ・アルページュもしばらく使いましたが、わたしは香りが強いけどこっちの方が好きです。金木犀の香りが入ってます。前に「シニョリーナ」が出ており、「エレガンツァ(エレガンス)」はお姉さん版だとか。

楽天のエラーで写真が出ないので、同じ店の写真を貼っておきます。うちのはふたが行方不明で、写真が撮れなくて。

fr8034097955747

香り成分をこのサイトから引用すると、

グレープフルーツやペア(洋ナシ)などが、クリーンでピュアなシトラス・フルーティーを香り立たせるトップから、
オスマンサス(キンモクセイ)やアーモンドなどが、コンテンポラリーでシェイプされたフローラル・モダンを広げるミドルへ。
ラストはパチョリ、ホワイト・ムスク、ホワイト・レザーなどが、これも洗練されたハーバル・スウィートをただよわせて、ハイ・ファッションで奥深いセダクションをアピールしてくれそうです。

アーモンドはイタリアでは有名な花らしく、どうやら甘い香りがするらしいのですが(物騒な話ですけど青酸カリ、正確には青酸ガス、はアーモンドの匂いがするそうです)、ホワイト・レザーのみがちょっと分かりません。調べたら、何と皮革の香りを香料として使っているそうです。

http://stellalab.co.jp/bg01/

100mlは多いですが、気に入った香りなのでえいやっと買いました。もう半年以上前のことです。
フローラルの優しい香りですけど、割と強めなので付け方に注意はいるかもしれません。
あとボトルのデザイン的に、小さな漏斗を買ってアトマイザーに移して使うのがいいかと思います。そのままスプレーするのは難しいです。

まえに付け方書いたのですが、違う説が出てきました。結構香水のつけすぎを嫌う人は多そうですよね。

香水を「手首につける」は間違い! 意外と知らない正しい香水の付け方
香水を上手に使う3つのポイント

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中