東京からの帰りに、新潟からの特急が動かず足止め(2014/12/14~15)。

ヨシダヒロコです。

去年あった、できたら「もうごめんだ」って体験です。北陸新幹線でマシになるかもだけど、今までこの手のトラブルに遭ってこなかったわたしはラッキーだったのかも。

12月14日に「東京ほんま会」の勉強会・懇親会に出て、確か上京する前のTVでもう、上越新幹線の中で夜を過ごした人の話がニュースになっていたような覚えがあります。その後列車は動いたということなので、わたしとしてはほんま会もだけど、大学院のときの忘年会(13日)が今年で最後かもしれないから出たくてという思いで、多少の足止めは覚悟して東京へ向かいました。

色々甘かったです。雪には慣れているつもりでしたが。

東京ほんま会懇親会で、「今帰ったら電車の中で夜明かしだよ」と言われましたが、そうなっていたかもしれません(そのあと起こることを知らず「はくたか」に乗っていたら)。新潟は雪に強いところだと思ってましたが、あとで長岡で聞いたところ突然大量の雪が降ったそうです。降り始めは雪国でも交通事故とか多いんですよ。取りあえず新幹線は、最終1本前(7時半過ぎ)に乗れました。

そうしてタブレットを開くと、あるFB友達もたまたま上京の帰りで、わたしより先の糸魚川(富山寄りの新潟)にいて、特急はくたかが動かなくなったと。あとで分かったことですが、パンタグラフが全部やられていたそうです。雪が重かったせい?という話もあるそうですが、詳しくは不明。そのFB友達は、富山地方鉄道のバスが迎えに来てくれて、東京から富山までかかった時間は10時間だったそうです。

新幹線の中でその辺をリアルタイムで知り、その人が新潟出身で「長岡あたりに泊まったほうがいい」と言われ、本来の乗り換え駅である越後湯沢と、昔の乗り換え駅だった長岡で空きホテルを探したのですが、前者が全くないので長岡で取って乗り越しました。長岡駅で言われたのは、越後湯沢で降りればホテルを用意したし、長岡でも特例として用意できたんだけど、もう用意したのならどうしようもできない、と。実はFBの中でJRへの不信が渦巻いていたので、あえて頼らなかったのです。

長岡はかなり雪が積もっていて、水を吹き出す融雪装置が効いていたため駅前の道がびしゃびしゃでした。
Googleが加工した駅前の雪景色。
IMG_20141214_213547-EFFECTS

長岡市役所のイルミネーション(確か9時までで、コンビニ出たら消えてました)。
2014-12-14 21.54.53

お手頃なホテルに泊まって、幸い常備薬のストックが1日分くらいあって助かりました。
翌日知ったのは、長岡に90cmの雪が積もったこと、駅に行って聞いたら3時半までのはくたかが運休であること。仕方ないので駅ビルに行きましたが、無印にだれも人がいません。鈍行も運休だし高校生が駅から動けなくて大変だったそうとホテルの人に聞きました。

頑張って除雪した長岡駅前バスターミナル。
2014-12-15 10.18.17

これは、駅構内で売っていた花火パイ。あとで知人へのお土産に小さいのを買いました。

2014-12-15 10.49.27

3時半ころまでホテルにいて、JRの態度も「動くことになっています」って感じだし、運行情報の電話もなかなかつながらなくてらちが明かず。超過料金を1000円ほど払って、チェックアウト。4時台の新幹線(乗り越し料金はさすがに取られませんでした)で越後湯沢に行こうとしてまた駅ビルをさまよっていたら、面白そうな宝石店を見つけ、すぐに買えるような値段のものなかったけど、いろいろと教えてもらってきました。要するに、消耗品でないならば下手な安物を買わない方がいいですよというお話で、共感できました。これだけは収穫でした。欲しいものがあったので、買いに行く時まで店が続いてますように。

そして、新幹線だけは走っている(東京からの人は知らずに来る)ので、無事に越後湯沢に着いて待っていましたが、5時半くらいの電車が動く気配はなし。隣の六日町でポイント故障があって、電車が動けなくなっているそうです。待合室で皆待っていて、しびれを切らした乗客が駅員に掛け合ったりしたのですが、バスが出るという話になったのが7時ころ。なぜか待合室にバス輸送開始のアナウンスが流れず、乗客のひとりからの情報でした。

寒いところ(ドア1枚向こうは外)で待つこと1時間ほど。夏は行楽客がいるんだろうな。冬はスキーが盛んなところで、雪に触ったら雪質いい感じでした。スキーはしないですけど。
2014-12-15 19.45.06

列を作って外で待っている人すらかなりいましたが、やっとバスが来て、六日町間とのピストン輸送が始まりました。バスはたとえば魚沼交通あたりから。何台目かのバスで乗り込むことができ、数十分かけて隣の六日町駅まで。着いた後に待ち時間があり、さらにはくたかは「もう空いてるところに座ってください」という状態で、乗り遅れが出ないよう待って、動いたのが9時半。終電じゃん!

「また止まらないよね?」と半信半疑だったのですが、スムーズに富山駅へ、乗り換えて最寄駅へと着きました。富山までの間で止まるとか、遅れて富山でまた泊まるとか用心してたんですが。タクシーもあっさりつかまりましたが、運ちゃんによると、ここ2日ほど電車が午前1時半とかに各駅停車していたそうです(ここの終電は11時台後半)。

そのあと2日位ばてました……。さらに、キャンセルしなくてはいけなかった予定もあり、スケジュール帳など持っていなかったので混乱して。その用事が12月後半にやってきたのできつかったです。ちなみに特急券は、言えば払い戻してくれました。

今度いつか越後湯沢や長岡に行くときには、こういう展開でなく行きたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中