筆頭著者の件について、集めた情報など。

ヨシダヒロコです。

4月上旬からひどい風邪を引いて、まだ治りきっていないところに持病がやって来て、治るにはもう一息といったところです。その間の用事は、家でほとんど寝ていたので1つを除いて全部流れました。

筆頭著者の記者会見はネットで付けてはいましたが、眠気が激しく、質疑応答に入る辺りまで見てませんでした。彼女が可哀想という声もあり、わたしもだまされそうになったのですが、もともと論文については「体をなしてない」と思っています。あとでTwitterを見て、外見まできっちり計算されたものであったろうことも知りました。

片瀬久美子さんが「外部の研究者が成功したのならその名前を」と言ったのに、弁護士が止めたのも妙な話でした。

次の方の会見はもういいです。

さて、あの会見の後で特に参考になったブログ記事など。

五号館のつぶやき
栃内先生は発生がご専門です。特に「蛇足」として書かれている私見が興味深いです。
筆頭著者の記者会見と連名著者の責任

有機化学美術館・分館
専門外の方にも分かりやすいたとえ話を使っています。
STAP細胞の「不正」とは何だったのか

あとは、もともと論文について初期に疑義を挟んだ1人である、クマムシ博士のツイートを引用しておきます。博士は、身の危険を感じるまでの脅しを受け(最初のフィーバーは凄かったですからね)、BLOGOSだったと思いますが、ブログ記事を取り下げました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中