翻訳求人サイト(3)-アメリア。

ヨシダヒロコです。

(2015/03/08追記:これを書いた後で、アメリアは単価が出ていることがあると知りました。応募前に分かるのはなかなか助かります。それに最近の経験で、メルマガを見ていたら自分の登録エージェントが得意分野の募集をかけていることが分かりました。このエージェントはアメリアやムックで他分野の募集を知ることがあって、改めて2回応募したのですが、そのうち1回合格、1回は落ちたけど再挑戦はいつでもOKだし、登録があるので類似案件回すかもと言われました)

このシリーズ、1ヵ月以上間が空いちゃったけどこれで終わりです。

アメリアは以前お世話になったフェロー・アカデミーのつながりで、ご紹介した中で唯一、有料でないと入れないサービスです。お試しも特にないみたいですしね。

わたしは10年ほど前から何回か出たり入ったりしていて、開拓できたエージェントもありますが、結局コンスタントな受注にはつながっていないというのが結論です。ProZのところで前に書いたように、無料会員をやっていて、条件が比較的まともな海外会社が残ったというところでしょうか。しかし、中には某ブラックリスト入りしているものもあります。

Yuno Dinnie(杉本優)さん経由で見せて頂いた海外のブラックリスト入りエージェント
http://translationethics.blogspot.se/p/blog-page.html#.UwBzruLlXzo

話を元に戻します。日本の翻訳会社はレベルが高いのか、まだわたしはメディカル専門ではトライアルに落ちることがほとんどです。1000円ちょっとでレベルチェックをしてくれる「定例トライアル」というのがあって、成績がいいと「クラウン会員」になり、応募するとき有利なんですが、クラウン会員はあまり興味なくても、自分の訳文のできていないところを知るため、今後応募してみようかと思っています(採点基準が納得いかないという噂がネットで流れたこともありますが)。他には「翻訳トライアスロン」というのがあって3分野だったかの翻訳をこなし競い合う、という企画もあります。会員にはメルマガが送られてきて、求人状況など教えてくれます。会報「Amelia」も毎月郵送されてきて、最近始まった高橋聡さん(帽子屋さん)の連載は楽しみにしてます。

アメリアのいいところは、トライアル出した後それっきり返事が来ないということがない、ということ。問い合わせれば対応してくれます。それに、某コーディネーターさんが仰っていましたが、アメリアと翻訳ディレクトリでそれぞれ人を募集したところ、前者の質が圧倒的に良かったと。あと、入会金と年会費で2万くらい取られますが、どうも翻訳会社に送るパンフのようなものに化けているらしいです。

以前は友達の紹介で入ったら入会金が免除だったのですが、今は双方にAmazonギフト券が贈られます。何回出入りしても変わりません。

悪いところは、どのサービスでもそうなんですけど、紹介される会社がまともだとは限らないこと。この間も、英日なのに「英語で論文が書ける程度の英語力」という訳の分からない条件がありました。

もうひとつ、わたしが体験したすごく嫌だったことは、ある(とても安い単価の)占い本の仕事でした。10年ほど前、広島にいた頃の話です。原稿が送られてきたのですが、前書きに夢解釈で有名なユングの名前を出して何とか書いてあって、かなりまじめに夢の話を扱っている本だと思いました。しかし、エージェント(編プロかも)から出たお達しは「若い女の子に受ける占い本にして欲しい。あなたにして欲しいのは翻訳ではない」だそうで。もちろんそんな案件は受けず、アメリアに文句を言いました。その後どうなったかというと、そういうことを何も考えていない人が2人安く仕事を請け、「こんな本になりました!」的にAmeliaの後ろの扉に写真入りででかでかと載りました。それで「もうだめだ」と1回見限ったのです。その本はうちの近所にまだ売っていますが、原著者の名前は出ていなくて、日本人の占い師の著作ということになっており、著作権的にその辺どうクリアしたのか不思議で仕方ありません。

今は、そういうことを見極めるのも自分の仕事や目利きのうちと割り切っています。翻訳者の間で、「あそこは単価が安い」「トライアルがヘン」とか言われている会社は色々あります。もちろんアメリアの中にもいます。わたしもここには書かないし、表に出てくることはないでしょうけれど。アメリアは仕事に困ったときや開拓したいときの保険程度に考えておくことにします。

ただし、メディカルのトライアルに落ちるのはわたしの実力が足りないので、もっと勉強しなければですね。

イタリア語検定3級準備状況。

ヨシダヒロコです。

英語(英日)で翻訳をしていますが、スペイン語、イタリア語もできるようになりたいと思い努力中です。
両方、そろそろ独学が難しい中級レベルに入ってきましたので、海外からスカイプでレッスンを受けつつ、スペイン語は別口でもう翻訳講座を受けています。

イタリア語は今は週1ペースくらいでスカイプレッスン、教科書はすべてイタリア語で書いてあるIn Italianoです。先生に最初から復習するように言われ、今レッスンでは第9課にいるのですが、最初から3課まで終わらせました。かなりかゆいところに手の届く、簡単なことから順に書かせて覚えさせるタイプの教科書です。途中でぐーんと難しくなりますが。

In Italiano: Student’s Book – Level 1

A. Chiuchiu
Guerra Edizioni Guru
1988-11-28

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

今、第3課と9課の作文問題(作文はわたしの「ガン」ですが)を書いて、自分なりに推敲して先生に送りました。前回は20点中3点しか取れず一番できてなかったので、頑張らねば。2カ国語同時にやっているせいか、無意識にスペイン語が混じるのと、冠詞がすごく苦手なのと、語彙が貧弱なのと、いろいろ弱点はありますが、難しい時制を使わず、近過去(英語の現在完了)と現在形のみで通そうと思っています。あと10日ほどあるので、作文はもう数本書けると思います。

もう1冊、検定問題集は、いろいろ課題はあるものの、今回は前回と違い、時間ができてひととおり終わりました。ラジオを聴くのをやめたので、リスニングの力が落ちているような。引っかけ問題があるので注意です。もう1回貼っておきます。

イタリア語検定3級突破

一ノ瀬 俊和
三修社
2002-08

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

(注:ある書店サイトで見たのですが、絶版重版未定だそうです。ほかに対策本ほとんどないはずなのに……)

新品はこちらから(出版社のHP)。
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=76

時間がある限り復習しますが、過去問も1冊買ってあるのでやります。あと落ちたときの問題もあるし。

実用イタリア語検定2012 1・2・3級問題・解説

国際市民交流のためのイタリア語検定協会
2012-08

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

これはもともと安くないのに、中古が妙に高いので、これから買われる方は、準2級も入った2013年度版を買われると良いと思います。ちなみに、準2級くらいから翻訳の仕事には入れるそうです。ちょっと道のりが遠そうですが、地道に頑張ります。

試験は3月の第1日曜です。