「基礎から学ぶ生物学・細胞生物学」ようやっと読了&今後の予定。

ヨシダヒロコです。

今年初頭だったかに読み始めた、300p程あるこの本、毎晩チマチマ読んで、ようやく読み終えました。途中で、ご存知の方は見当付くかもですが、体調不良で全く読めなくなったので、読み通せて嬉しいです。

大学教養1~2年が対象で、特に生物を高校で履修してこなかった方にお薦めです。ですが、前にも書いたかもしれないけど導入としては難しいので、「好きになる生物学」(第2版が出てます)などから始めるといいと思います。わたしにはこの本は簡単すぎたので、何かいいのを見繕っていました。最終的には羊土社のHPにあるサンプルと、生物の分野で博士号を持っている人にそのサンプルを見てもらい参考にしました。

最近立て続けに医学・医療機器のトライアルを3件受けたのですが、医学論文なんかには結構役に立ちました。受かるとは限らないけど、基礎固めは大事ですね。

基礎から学ぶ生物学・細胞生物学

和田 勝

羊土社

2011-01-01

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

こないだYoutubeで関根マイクさんが言ってましたが、導入の本を1冊読むと疑問点が出てきて次が読みたくなると。これはその通りだと思います。

とりあえずは、予定通り今日届いた医療統計の本を読みますが、易しすぎるかもしれない。高校で確率・統計(数III・C)取っている人には不向きかもしれません。

いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第1巻 まずは統計アレルギーを克服しよう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)

浅井 隆

アトムス

2010-04-10

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

そして、そのあと生物方面で疑問に思った本に行こうかと。基礎医学はその後かな。でも新書なんかですぐ読めそうなのは、間に挟んでいきたいですね。

エピジェネティクス入門―三毛猫の模様はどう決まるのか (岩波科学ライブラリー)

佐々木 裕之

岩波書店

2005-05-12

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

三毛猫の模様についてはあまり書いてないらしいですが、わたしの持病にも関係ありますので。

新版 絵でわかるゲノム・遺伝子・DNA (絵でわかるシリーズ)

中込 弥男

講談社

2011-10-29

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

この辺の話、去年も入門書を読んだのですが、少し入り組むと分からなくなるので。これは第2版ですが初版の評判がいいです。

わたしの行動範囲には大きな本屋が少なく、どうしてもアマゾンレビューや人のお薦めや、直感、出版社からのDMなどから判断せざるを得ません。

医療統計はいくら何でもこれでは易しすぎるので、うちにある本もあるしもう一度見直してみます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中