イスパニカのスペイン語実務翻訳通学講座、提出3回目。

ヨシダヒロコです。

6月に体験講座を受けて楽しかったので、とんぼ返りで8月に1回教室に行きました。その時のは三つ星レストランの話で、ビデオを見て話は面白くてもとても手が出なかったです。名前の発音がビデオで確認しても納得いかなくて「?」と思っていたらカタルーニャ語だった(泣)。

遠隔地からも録音を送ってもらうこともできるので、パラドール(スペインの元お城などの豪華なホテル。国営だと思っていたんだけど、最近そうでもないみたい)についての文章を9月にやったんですが、辞書が悪いのかボロボロでした。

講評に「辞書は何を使っていますか?」と書かれていて、教室に行ったときにわたし以外は全員Ex-Word持っていたことを思って買いたかったんですが、その時辞書代が捻出できなくて。録音まだ聴けていないんですが、今わたし的には3回目、通算5回目の課題をやっています。人間関係の話で、個人的に耳が痛いです。

第2外国語を訳すと、「英語の時はどうやってすらすら(でないこともあるけど……)訳せるようになったのだろう」と疑問に思うことも。文章や訳が硬くてもいいから、「間違ってない」あと「文法をおろそかにしない」のが大事だそうです。スペイン語って、lo とか la とか le とか目的語が入ってくるんですが、全部意味があるんです。英語よりしつこく入ってくるようなので大変です。

今の所、理系の課題はありません。仕事としてない訳ではないらしいんですが。

11月末のDELEも挟んで、1月まで講座は続きます。1回ずつ受けるかどうか決められるので、負担が少なくて済みます。来年も受けた方が良いかも……。ちなみにレベルは、西検3級程度です。

 

 

医療機器の翻訳、小さいファイルで困る。

ヨシダヒロコです。

たまには仕事の話をします。

最近は骨粗鬆症の測定機器、工業用・医療用X線機器のお仕事などを頂いているのですが、部分訳が多くて困ります。恐らくマニュアルの差分の2000ワードくらいとか。納期もないので、商品名から当たりを付けて調べるんですが。

こないだ珍しくマニュアル1冊きたと思ったら(本調子じゃなくて、西検もあったので大変だったのですが)、リピートが非常に多く、しかも確認しようのない骨の名前とか出てきて面食らいました。TMは何だかカオスなので信用できないし。

段々やっつけになってくると、実力が落ちてきているような気がします。今やっている翻訳学校(次のエントリで書きます)の課題が終わったら、「アメリア」のトライアルやるつもりなんですがね。日本の翻訳会社は基準が高くて、化学で取ってくれても仕事はたまにしか来ないし、メディカルだと敷居が高いしなのでまた落ちるんだろうかなあ……。