マンボウ先生、沖雅也、ヘミングウェイを悩ませた双極性障害(躁うつ病)について。

ヨシダヒロコです。

たまには自分の病について語ってみることにします。
認知度の高いうつでさえ、よく理解されているとは限らないのに、暴挙ですが。

わたしが双極性障害と診断されてから数年経ちます。多くの患者さんが、それまでに多くの時間を費やしており、病気に伴う誤解などで恐らく人間関係なども壊れた末のことだったでしょう。わたしも例外ではありません。

双極性障害は、躁とうつを人によって様々なパターンで繰り返すようです。I型とII型があって、後者(わたしも含まれます)は躁が比較的軽いです。躁が出ても軽躁で、「朗らかな人」と認識されることも多いようです。それでも弊害が出ないかと言えばそうでもなく、わたしは2回車で衝突事故を起こして運転を休んだまま、クレジットカードは、薬でコントロールする前のことも入りますが、3枚はダメにしています。浪費は双極性障害の1つの特徴です。躁状態になると、カードの限度額=自分の財産みたいな気分になります。今は審査もおりませんが、今後も持つつもりはありません。ちょっとした支払いならデビットカードで事足りるからです。

躁状態はあまり長く続かず、うつに転落します。食欲がなくて痩せていく、お風呂に入る気がしない、何も楽しいと感じられない(どんなに以前は楽しかったことでさえ)、ひたすら気力がなくてお布団に閉じこもる、あとパートナーがいる場合には夫婦生活なんかにも影響するでしょうね。

ここまで、予備知識がない方のための説明でした。実はコンパクトにまとめた解説ページがあり、双極性障害の研究者によるものです。


躁うつ病のホームページ

ここのページにあるメルマガは購読していますが、まじめに読むようになったのは最近でしょうか。将来、双極性障害は「こころの病」とは見なされなくなる可能性がある可能性があるそうです。亡くなった患者さんの解剖などによって、遺伝子レベルでの問題が見つかりつつあります(キーワード:メチル化、エピジェネティクスなど)。病気自体は遺伝性ではないそうですが。研究は理研他が行っており、今は親子の唾液のサンプルを募っています。

個人的な話になりますが、しばらく前にわたしは大事なつながりを失いました。読んでもらっていても問題が回避できたか分かりませんが、「読んでください」と言っていれば……と悔やまれてなりません。その文章とは、上記「躁うつ病のホームページ」の「躁状態への対応」です。わたしは、自分が冬の間、躁うつごちゃ混ぜの状態にあったことを、ごく最近知ったばかりなのです。医学的には、「躁うつ混合状態」と言いますが、色々あって自分でもその状態にあることが分かりませんでした。

素晴らしい文章なので、躁についての文章を一部引用します。

周囲の人が突然躁状態になった場合、正しく躁状態であると理解されることは、残念ながら今の日本では、ほとんど期待できません。

それまで全く普通に生活していた人が、急に、他の人を非難したり、場にそぐわない言動をとったりしても、「この人は(元々)こんな人だったのか」「こどもじみた人だな」などと思われて、周囲が反発し、批判する、というだけに終わってしまう場合が多いのです。

躁状態に伴う誇大性などに伴って、顧客に対する失礼な言動、周囲の人に対する「上から目線」的な言動、上司に対する反抗、職場における金銭面の判断の誤り(使い込み)などのさまざまな言動をしてしまい、要職を辞めざるを得なくなり、人生を棒に振ってしまった方は、残念ながら、数多くいらっしゃいます。

広告

某社Bとのレート合戦とその解決。

ヨシダヒロコです。

今日から、漢方の力か何とか起き上がって仕事をしています。

前エントリで書いた仕事のトラブルですが、英国に本社があり頭文字がBという会社(世界でもトップクラスらしいから知っている人は多いはず)が7月ころから翻訳者に一斉レート下げの打診をしているらしいのです。ProZ の評価が確かにその頃からひどいことになっており、別MLでもその話を聞きました。

わたしは先週だったか、そのメールがとうとううちにも来たときに、日本語も読むのが苦痛なほど疲れており、「まずは今のレートで調子を見て、仕事が来ないようなら(たしかに、8月から仕事が減ってます)レートを下げるのはどうか」というメールのニュアンスが読み取れず、単にレート下げなのかと思い短気を起こして辞めようとしました。
そうしたら、アメリカにいるPMが言いました。「今まで通りのレートで仕事、出すけど?」すごく有難かったです。現に今も仕事が来ています。

そんな訳で、辞めるのを撤回してもらいました。今後は、メインが1社だけで困らないよう日本の会社も開拓しようと思います。

近況。

ヨシダヒロコです。

しばらく間が開きました。あまり体調が良くなく、考えた末にFacebookを一時休止しました。これについては楽になりました。誕生月だというのに皮肉なものです。断らなければならない仕事もありました。

仕事については非常にまずいことが起きつつあるのですが、そのうちエントリを改めます。

気分が良くないときは、医師の指示に従って良く昼寝を取ったり、好きな音楽を選んで聞いたりしています。

Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)の”Summertime Sadness”は7月頃に出た曲ですが、「もう夏は逝ってしまったんだなあ……」と感傷に浸るにはいい曲かもしれません。

原詩はここにあり、題名からしていろいろ解釈があるようですが、夏の間愛し合った2人が別れるのか、夏の最中に別れるのか、両方に取れるような訳し方をしました。最初の一節だけです。

最後に激しくキスして/悲しい夏/知っておいて欲しい/あなたは最高だったと

ついでに書いておくと、滞っているスペイン語の2つの試験の勉強ですが、(西検3級、DELE B1)一応予定通り受けるつもりでいます。試験料が高いのが痛いですが。

銀行の手違い(?)で支払いおよそ17日遅れの予定(海外エージェント)。

ヨシダヒロコです。

ここのエージェントは支払いがほぼ遅れたことがなく、遅れたとしたら休日にかかったときくらいでした。

それが、いつもの月頭になぜか入っていない。いつもの銀行は、「富山で商売するなら」指定される某地銀で、本店ならともかく支店だったので、ローンプラザの人が代行していました。なので、「センターが…」とオウムのように言うだけ。

要領を得ないので、前に付き合いがあったみずほに聞いてみました。外国為替の担当があるので、すぐに考えられる理由が返ってきて、ついでに聞いたのですがコーポレート銀行と合併したので、SWIFTコードがMHCBJPJTに変更になったそうです。前のコードでも一応お金は着きます。みずほはマネーロンダリング関係の審査が厳しく、以前にもHPを見せてくれと言われたことがあったらしく(忘れてた)、今はもっと厳しいそうです。

エージェントに聞いたら、確かに8月30日金曜にお金を送ったが、銀行(地銀)に拒否されたと言っていました。こんなケースは初めてです。

銀行を戻す決意をして書類をエージェントに送って、入金したという連絡がないなーと思っていたら、同じエージェントの仕事でジタバタしていたときになって、「13日に再振り込みする」という連絡が。それはいくら何でも遅すぎる、と思ったのですが、仕事で疲れていて言い返す気力もなく、それまで慎ましく暮らすことにしました。

うちの親は自営業で、「口座にこれこれ位のお金を入れておきなさい」とか言うのですが、今は勉強にかかるお金の捻出などでそれがなかなか難しい。「これこれ」の額、10万から30万に上がっていたし。何なんでしょうか……。

日本では連休を挟むので入金は今の所17日になりそうですが、そうでないと色々支障が出るので、いい加減入金して欲しいです。

『島田清次郎 誰からも愛されなかった男』出版記念トークイベント@金沢レポ(2013/08/25)。

ヨシダヒロコです。

少々調子を崩した上に仕事が詰まって、金曜早朝までひいひい言っておりました。

東京のトークイベントもありましたので、ネタバレにならないようにわざと遅くレポを上げました。

この日は6時半開始だったので、しかも駅に近い近江町(観光客向けの市場があります)。余裕かと思ったんですが、駅で鶏のかしわ揚げの乗ったおそばを美味しく食べていたら、ちょっとギリギリでした。

なので、会場の写真はなし。結構年配の人が多かったです。その前日、越前先生の読書会でお会いした方が2人も。

トークイベントというか、軽いノリにしたいらしかったのに、近江町プラザが用意した張り紙はこれ。

風野先生は(患者にとってお医者様を「さん」付けにするのは難しいので、「先生」ということで)笑うと特に爽やかな感じの方で、ズボンのプレスが綺麗にされているなと思って見てました。身内の仕事柄……。 最初は東山(郭のあるところ)のあうん堂書店さんと、石川近代文学館の先生が訪ねたときに対応された職員さんと、先生と3人でのフリートークでした。なんでも、どうやら先生はかなり国会図書館で調べ物をされていたらしく(とツイートで)、その原本を金沢に探しに来られ、「こういう資料ありますよね?」みたいなことをおっしゃり、ずらっと並べて写真を撮られたそうです。

後半は先生がご本のラストの部分から年表を持ってこられて、島清の一生を丁寧に解説していきました。知らなかったんですけど、DVやるわ女性の誘拐監禁事件を起こすわ、かなりの困ったちゃんだったのですね。「地上」は読んで大して面白くはないけど、構想もろくになく6巻まで書いたとか、恨みに思う人を敵役で小説に出したり。新潮社はそれででっかいビルを建てて、島清の新居は関東大震災で全壊したのに新潮社ビルは全然大丈夫だったとか、面白かったです。 島清が精神病院の中でも執筆を続けていたというのは知りませんでした。カルテがあれば良かったのでしょうが、空襲で焼けたそうです。身元保証人さえいれば退院できたのではないかと。わたしが後で質問したのですが、入院していた病院は扱いが良かったそうです。他はもっとひどいところもあったと。

ごく最近の北陸中日新聞に先生が出ているのですが(下にリンクの入ったツイートを貼ります)、3ヵ月くらいで良くなる統合失調症だったのではないか、だそうです。この辺は今まで解明されていなかった部分ですね。 本はギリギリ間に合ったので読めないまま、サインだけ頂きました。その時にはツイートの印象のままのどこか内気な先生に戻っていました。読書会仲間から昔の伝記も貸して頂きました。で、わたしは前日と同じく急いで電車へ。

先生は翌日取材など受けてご自分の行きたいところにも行かれて金沢を楽しんで行かれたようです。確かにうちの県から見ると、文学館の類いが金沢には多いですからね。

「島田清次郎 誰からも愛されなかった男」を短くまとめるとこんな感じ。

そして、一昨日に北陸中日新聞に記事が載りました。東京の方は盛況だったのでしょうか。この一連のツイート、お茶目で笑ってしまいました。お写真もありますよー。

もうちょっと写真多めにしたかったです……。なので、ダメ押しで。サインの写りが悪くてすいません。なるたけ早く読みたいです。文体はとても読みやすそうですし。老舗の「うつのみや書店」あたりが取り上げると金沢の人には知られるでしょうねー。

IMAG2662

IMAG2663