サン・フレアアカデミーが今月始める特許E-learningの松田先生のモニター授業に参加(2013/07/09)。

ヨシダヒロコです。

(7/13追記:スクールからのリンクを追加しました)

9日は暑くてバテバテの日だったのですが、Facebookで告知されていた松田先生の特許翻訳講座(とはいっても、今回はあまり特許ぽくなく、一般の自動車産業翻訳とあまり変わらない)E-learningを開始するに当たって、モニターを募集していたので受けてみました。なかなか良い経験をしましたよ。

まず、会議室にIDとパスワードで入るのですが、前に別口(オン茶会)でもあったように、Skypeを付けっぱなしにしていたためもあってログインがなかなかできませんでした。なぜかIDも通らず、姓と名を入れ替えたら通りました。謎。

会議室はこんな感じです(拡大できます)。画面に出ているのは先生お手製のExcel辞書。これだと各種ソフトやマクロに取り込みやすいため、一番良いそうです。用語集についてはどういう形式にしたいか迷っていたのですが、次の案件からこの方式で作っています。

matsuda_1

1時間と短かったですし、先生も生徒も慣れないことも多く、訳文検討は少しでおのおのの訳を見ている時間はなかったのですが、例えばas well asをこう訳すのか、それを用語集に入れるときにはこうするといいなど参考になりました。音声もカメラも死んでしまった人もいたのですが、チャット窓があるので何とか会話ができます。

各回の定員は9名で、16日と19日がまだあるので、ドタ参もOKとのことですから翻訳クラスタの方はぜひ出てみてください。16日にまだ空きがあるようです。Facebookイベントのリンクは

https://www.facebook.com/events/594103447277815/

うまくいかない方は「松田浩一」先生までご連絡を。注意すべきことは、イベントで参加の意思を示しても、スクールに参加の旨メール出すまで参加とは見なされないことです。

特許ができると化学翻訳者は幅が拡がるので、たまに考えるんですが迷ってます。医薬をE-learningでやって下さったら飛びつくだろうと思われます(笑)。

3回とも講義の内容は同じですが、次回も参加の予定です。参加される方、どうぞよろしくお願いします。

(7/13追記:サン・フレアアカデミーのHPにはもう告知出てます。こちら。

http://www.sunflare.com/academy/?page_id=2787

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中