シリアからボストンへのお悔やみ横断幕。

ヨシダヒロコです。

月曜に、入院で飛んでしまった英会話に行ってきました。検索結果がなかなか多い高岡市の「オデッセイ英会話」(以前はオデッセイ英米会話)で、ノエルという英国人にプライベートで1年、その前にそのお兄さんのジェームスにプライベートで1年レッスンを受けてます。

レッスンの内容は自己申告制で、音声のものが多いかな。普段できないので。”Sherlock”なんかも使いましたし、その日はWar ChildのFBポストで見かけた英Channel 4 のドキュメンタリー10分でした。グロくてもこれが本当に起こっていることです。内容は淡々としていて、これぞドキュメンタリーという感じ(War Childは30年ほど歴史があるそうで、Museのチャリティーコンサートやったりなかなか斬新ですよ。ライヴの音源が良かったので、1ヵ月ほど聴いてます)。

Aleppo: a city abandoned by the world?

英語が分からなくても悲惨です。解説受ければ、音声からも結構単語が覚えられます。それに、できたらケンブリッジ英検を受けたいと思っているので……来年ですけどね。

そこで教えてもらった、Twitterで拡散したらしい写真。

image.php

「ボストンの爆弾事件は、毎日シリアで起こっている悲しい光景の象徴です。お悔やみ申し上げます」。

(追記)写真を引っ張ってきたこのブログ、もうちょっとよく読みたいです。「なんと素晴らしい、複雑なメッセージだろう。ピースサインがsweet」とか言っています。

下が、以前ジャーナリスト常岡浩介さんのGoogle+に載ったアレッポの石鹸。女性に人気ですよね。この方のFBポストは、フィード購読していると悲惨なシリアの写真が流れてきます。

20120822_153410

シリアの支持団体と言えば、もうひとつあります。これもイギリス発なんですが。どなたかアメリカかわたしの読める(西・伊なら頑張って読みます)言語でやってる支持団体ご存じですか?日本にもあるかも。

Hand in hand for Syria

どっちにも10ポンドずつ募金してみましたが、たしかPaypalしか受け付けてくれなかった覚えが。わたしは募金情報を良く流しますが、収入はそんなになく、服か化粧品とか身を飾るものにそんなにお金を使わないので。

そんなわけで、たまにシリアの情報を求めてこられる方がいらっしゃるので、書いてみました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中