「マンガでわかる最新ポストゲノム100の謎」レビュー。

富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

マンガでわかる最新ポストゲノム100の鍵

野島 博

化学同人

2003-12

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

以前ご紹介した本をこの間読み終えました。一言で言うと、とても楽しい本でした。
化学やっている人にはおなじみの化学同人から出てます。

化学同人の紹介ページ。
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b50468.html

ざっと見た限りでは、好きなリアル本屋で受け取れるe-honが一番出荷早そうですね。よくここのサービス使ってます。

章の始めに石川啄木の詩なんかが使ってあるのもいいですね。

—–
1.ポストゲノム編

2.遺伝子組換え作物編:既に新しい「アプローズ」というバラがこの後サントリーから出ているのですが、「青いバラ」の話は面白かったです。

3.DNA鑑定編:ニコライ2世虐殺の話、アイスマンの話、イヌの起源などがよかったですかね。

4.クローン・再生・遺伝子治療編:わたしはベクターが出てくると思考停止してしまうのですが(苦手)、取りあえずページを折っとくとか付箋貼るなどしておいて、その他は楽しかったです。あのガードン教授も登場します。山中教授はこの出版後なのかな。

5.遺伝子をめぐる話題編:読み物という感じ。全体的にそうなんですけどね。

6.知っておきたい基礎知識編:苦手な方はここから。

7.知っておきたい基礎技術編:これはちょっと難しかったです。
————————-

出版が2003年と10年前なので古くなっているところもあるんですが、多分あまり類書がないんではないかと。最近萌え絵の科学本も出ているようですが、全く素人だった漫画家の石田さんが旦那さま(研究者)のしごきでしっかりとした漫画を書き、今はサイエンスのお仕事もらっているみたいですね。終止コドンをネタにしたオチは電車の中で吹いてしまいました。

ということで、これはあくまでも導入なので、今は生物・細胞生物学の入門書(大学生の教科書)を読んでいます。順次、基礎医学などを回っていくつもりです。読んだらまたレビュー書きますね。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中