大阪・神戸旅行記(8)~三宮でマウリッツハイス美術館展。

富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

大阪・神戸の最後の用事はマウリッツハイス美術館展。迷うかと心配した友人が大阪駅まで付いてきてくれましたが、以外と大丈夫でした。たった30分で着。三宮からポートライナーの辺りは、小さい頃引っ越していって大学出るくらいまで交流があった大事な友達が住んでいたところなので、2回くらい来たことがあります。彼女は後に某学会に入ってしまい没交渉に……。

大阪よりは神戸の街は歩きやすく、いったん逆方向に行きましたがGoogle Mapのナビで何とかなりました。

この写真は街を挙げて応援している様子。

IMAG1140

IMAG1170

この「真珠の耳飾りの少女」、ずっと好きな絵で楽しみにしていたのですが、展示の仕方の問題なのか何なのか、思ったほどの印象が残りませんでした。少し離れてもゆっくり見たい人と、早く通り過ぎるけど近くで見たい人にスペース分けされており、やはりフェルメールだからなのか、入り口にも待ち時間表示がありました。夕方なので空いてました。

作品の一部

フェルメールはもう1作品あって、「ディアナとニンフたち」はずっと気に入りました。女性が足を洗っているようですが、人の肌の質感や、服の色彩の美しさなど。フェルメールもレンブラントもそうですが、裕福な女性と結婚したらしいですね。フェルメールはそれで寡作なのだとか。

この美術展で気に入ったのは風景画でした。空があって、木があって、なんでもない風景ですけど自分でもよくスマホで撮ってしまいます。イタリアの風景画があって、ほんのり夕暮れで空が色づいていて。風景画を手元に置きたさに図録を通販で注文したので、来月来ると思います。

あと、神戸の街はちょっとしたデコレーションが綺麗でした。

IMAG1139

IMAG1141

1月6日までなので、まだ行けますよー。休みの間は混みそうですが。

そんなわけで、大阪に戻って飛び乗ったサンダーバードで帰ったのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中