シリアがもっと平和だったころのピスタチオのお菓子と雑感。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

さて、山本美香さんがシリアで亡くなってから、およそ2週間が経ちました。しばらく仕事がなかったので、その日は1日彼女についてネットでの報道を追って過ごしました。あんな華奢な日本人女性がビデオカメラ担いでシリア入りしているとは知りませんでした。後追いでどんどん報道が出てきましたが、ちゃんと「ジャーナリストですよ」と分かる格好をしていたのに狙い撃ちされたのですね。失礼と思いながらご遺体のビデオ(2本あります)も拝見しましたが、布で隠れているところにもっと傷があるんだろうなと。顔は血だらけで血が乾きかけていました。Youtubeに「このビデオ本当に見るのか?」と2回も聞かれたのは初めてでした。

わたし自身はチキンですが、戦場ジャーナリストという人種には少し興味があって、故・鴨志田壤氏、鴨志田氏の師匠に当たる故・橋田信介氏、常岡浩介氏などの本がうちにあります。橋田氏の本のみ未読ですが、今回のことがあってから読みたくなりました。山本氏の2冊の本はしばらく入手不可能になっていたのですが、やっと手に入りそうです。他人様が亡くなったことで儲けるのは嫌ですが、わたしのamazonアフィリはほぼ儲けがゼロなので、見逃して下さい。

こんな表紙の本です。わたしも読みます。

ぼくの村は戦場だった。山本 美香マガジンハウス by [Z]ZAPAnetサーチ2.0
世の中への扉 戦争を取材する─子どもたちは何を体験したのか山本 美香講談社 by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

そのしばらく前に放送されたTBS「報道特集」のシリア特集は、たしかYoutubeにあったと思ったのですが、ちょっと見つからないので別のを貼っておきます。

内戦のシリア潜入ルポ_報道特集20120811 投稿者 gomizeromirai

この取材をした方が安田純平氏。無事に日本に帰ってきて、ちょっと軽妙なところもある独特のエッセイを連載中。

安田純平の戦場サバイバル

ここからが本題です。ツイッターで見かけるハサン中田考(@中田考 (HASSANKONAKATA))先生によると、シリアは30年もろくな状態ではないということらしいです。ですが、数年前にわたしは、メル友だったアラブ人が旅行して買ってきてくれた、ピスタチオ入りのほんとにおいしいシリアのお菓子を食べたことがあります。彼は隣県に住んでいて、奥さんは日本人で、良く海外旅行してましたっけ。わたしは独り身に戻って色々大変でしたので、段々話が合わなくなりまして。

ちょっと検索すると、内戦が激しくなる前に通販で買った人のブログが出てきます。

採集生活 アラブ菓子(シリア産)

そのお店のサイト。SEMIRAMIS 英語とアラビア語で書いてあるんですが、英語のスクリーンショットを取ってみました。

お客様へ、シリア・ダマスカスの現在の不穏な状況と発送の困難さのため、現在すべての注文受付を中止しております。ご愛顧に感謝いたします。オンライン注文が再開されたとき分かるように、定期的にこのページをチェックされるようお願いいたします。

……というようなことが書いてあります。しかし、あれだけの戦闘が行われて、無事にまたお菓子作りが再開できるのでしょうか?早くそんな平和な日々が来て欲しいものですが。

あと、山本さんが撃たれたアレッポは、知っている方には有名なオリーブオイルから作った人気石けんの産地ですね。500円くらいで売っているんですが、これで体中洗っている石けん信者もいます(石けんは好きなんですが、身体はともかく髪を洗う気にはなれないなあ)。そういえばうちの近所で売っていたところからはなくなっていた気がします。

山本さんが亡くなって、翌日だったかに常岡浩介氏のGoogle+に載った写真。東中野商店街(懐かしい!)にどばっと入荷したそうです。ニュースで知る限り大変な状況なのに、誰が作っているんでしょうね?

常岡さんのGoogle+はまじめな話しているかと思うと愛猫が登場したりどこかのどかですが、Facebookをフィード購読するとシャレにならない映像やビデオばかり流れてきます。安田氏の危険な中にも飄々とした文章と合わせて読んでいると、どこに真実があるのか分からなくなってくるのですが。

国境なき医師団(MSF)はこの状況でも自由シリア軍の支援を受けて22日から緊急医療支援を始めました。

シリア: 内戦下で医療援助を行う意義とジレンマ

寄付しても、他にも困っている地域が沢山あるため寄付金がどこに回るか分かりませんが、わたしの知っている限りシリアを支援している医療NGOはここだけですので、3000円ほどでも寄付してもらえばすごく助かるそうですよ。

なんだか散漫な文章になってしまいましたが、こんな感じです。

おまけ:さっき見かけたツイート。本当にこの通りですね、マスコミって。日本人が忘れっぽいのか……。

RT @kotaism: 戦争報道で日本人が殺されると、一時的にその戦争が脚光を浴びる。しかし、それは死んだ日本人が注目されるだけで、戦争が注目されるわけではない。そしてその日本人の死が忘れられると同時に、戦争報道もなくなる。イラクもそう。きっとシリアも……。

— Hiroko Yoshidaさん (@chiruru) 9月 4, 2012

(10/9追記:イギリスに他のシリア支援団体-もちろん市民への-があるそうです。Hand in Hand for Syria と言います。Paypalか銀行振込で募金できますが、銀行振込は海外送金に慣れていないと難しいかも。それに恐らく手数料がかかりそうな……Naverの@nofrillさんのまとめ「シリア、激しい攻撃を受けたホムスは、今&トルコ国境避難民の苦境 ※4頁目に支援活動紹介」より知りました)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中