イタリア語検定、過去問やると度胸が付く気がする。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。NHKラジオと テレビで、細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。伊検5級・西検5級を受け合格したところです。ただ今両方の4級に向けて勉強中。

ちょっとバタバタしているので手短に。

もう試験まで1週間。そろそろ伊検の問題集がひととおり終わって、8月に出たばかりの過去問に手を付けつつあります。リスニングを2回繰り返してやってみました。2回やると問題覚えちゃうんですけど(^_^;)、かなり引っかけがありますね。なので1回目は半分しか取れませんでした。

2回分の問題が入ってます。

合格率およそ半分ですが、何とか引っかかりたいものです……。
あ、文法事項の弱点をノートにまとめなきゃ(^_^;)。

実用イタリア語検定2012 4・5級問題・解説

国際市民交流のためのイタリア語検定協会
2012-08

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

わたしは出たばっかりの時にイタリア語検定協会から買いましたが、その場合丸善を通して着払いで送られてくるので、着払い手数料分だけお金がかかりますが、Amazonとどっちが早いかな?近くの本屋にあればいいんですが、そんな都会ではないので。

10月21日に受ける西検も、日西の語句が何出るか分からないので過去問買おうかと思ってますが、もう少し時間があるし、改めて書きます。

明日9月30日、富山大学サイエンスフェスティバルで「すいエんサー」村松氏のサイエンスカフェ開催。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

富山大学サイエンスフェスティバルが明日、台風17号に関わらず行われます。ギリギリですが、告知出しておきます。

村松さんのカフェは15:00~16:30だそうです。

行きたいんですが、天気が不穏ですね……ついでがあるし、市電もあるとは言え、キャンパス内は歩かなきゃいけないと思いますので、大丈夫かなあ。

NHK出版が売っている電子辞書(第2外国語向け)。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。NHKラジオと テレビで、細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。伊検5級・西検5級を受け合格したところです。ただ今両方の4級に向けて勉強中。

わたしは1日分の録音があって明日聴くので正確には全部終わってないのですが、前期の放送はラジオ・テレビとも今日で終わりましたね。何か寂しいですが、後期はちょっと暇になりそうです。

テキストは安い送料で配送してくれるので、NHK出版から送ってもらっています。もっと早く書こうと思っていたのですが、継続申込書にこんなチラシが入ってきたんですよね。このチラシ見るの2度目です。わたしは買いたい電子辞書(考えた末、スペイン語モデルにイタリア語のカードを挿そうと思ってます)が決まっているのでこれにはしませんが、一般的にはこれで十分な気もします。

表面。スキャン曲がっててすいません。あとうまく表示されてない部分は、拡大すると見えます。

裏面。

去ったペット、迎えたペット。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

すいません、書きたいネタは沢山あるのですが、どうも季節の変わり目で力がわかず、しかも資格試験も控えていたりしてなかなか時間が取れませんでした。7日の分(伊検)についてはだいたい先が見えてきたので、またぼちぼち書きます。

横にあるHome(Translabo)に写真があるのですが、うちにはフェレットがいて、猫もいました(猫の写真は元々ありません)。「いました」と書いたのは、実は7月の末にいなくなってしまったのです。元野良猫で、「どうしてもこのうちに来る」と先住猫がいるにも構わず子持ちで押しかけてきた子でした。沢山いた子猫は里親捜しイベントに出し、猫には避妊手術をしました。ちょうどわたしが院をやめて郷里に帰り落ち込みまくっていた頃で、この子にはずいぶん治してもらいました。

年を取って今年およそ19歳。7月の終わりには飲まず食わずになってしまいました。わたしは自分のことでいっぱいいっぱいでそれを知らなくて、ある晩「ニャーニャー」言って止まらないのを「うるさいね!」と叱りつけてしまい、それが最後になりました。翌朝、いつものように母に外への戸を開けてもらって、帰ってこなかったのです。獣医師によると、猫は最期は涼しい暗い場所で過ごしたいのだそうです。

今年1月の写真です。それ以来、人の猫や野良ちゃんの写真を見るとじっと見てしまいますね。

一方、お迎えしたペットも。うちのフェレットの定員は2匹。フェレットは複数飼いをして一緒に遊ばせたりする飼い主が多いんです。ダマダマになって寝て、可愛いんですよ。前の子が去年逝ってからは、今3歳半になる女の子が寂しくないかなと気にしていました。ショップで買うか色々迷ったのですが、予約したところにちょうど迷いフェレットが保護されているという話が。行ってみると、一番最初に飼った子を少し思い出させるでっかい男の子でした。1ヶ月ちょっと前のことです。およそ1歳の若い子と分かりました。フェレットは大体そうですが、すぐに懐いてくれました。

しかし、上の子が意外となじまず、ごはんを食べなくなって体重も落ちてしまい、お薬あげたり(今でもあげてますが、腸にいい乳酸菌とかで美味しいらしい)、ケージを別にして食べたフードの量を量ったり結構手間暇がかかって、今はやっと仲良く遊んで一緒のハンモックで寝るようにもなりました。2匹まとめて抱っこすると幸せを感じます。まあ、うちの営業担当のようなものですね。以前の子をツイッターのアイコンにしていたら、珍しいので翻訳機関誌に他のペットアイコンと一緒に乗せて頂いたりしましたしね。

こっちが若い男の子(笑)。ツーショットはなかなか撮れません。

こっちがお姉ちゃんです。チューブ状のものは、潜って遊ぶトンネルのおもちゃ。

「おまえたち、おいで」と言うと、両方きます(笑)。

ラテンフェスティバルin富山(2012/9/15)その2。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。NHKラジオと テレビで、細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。伊検5級・西検5級を受け合格したところです。ただ今両方の4級に向けて勉強中。

お財布寂しいのに外出や頼まれごとのお出かけが続いて、その2のアップが遅くなりました。すいません。

前回書き忘れましたが、ラテンフェスティバル公式ブログです。
ラテンフェスティバル in 富山 公式ブログ

前のエントリ、その1からの続きです。夕方頃ステージでダンスが始まりました。キレキレです。

同じくダンス。

ダンサー全員集合でご挨拶。

タンゴ演奏。

ドリンク出店のインカコーラ(金色をしていて、少し甘い。150円だったと思う)と、富山日伯交流友の会が販売していたブラジルのソーセージ、リングイッサ。ソーセージが大きく、すっかりお腹いっぱいになり、他の料理が入らなくなりました。日系ブラジル人のフレンドリーなお姉さんと会話を交わし、友の会に入らないかとナンパされました(笑)。

友の会会長自ら焼いておられた、渾身のソーセージ、リングイッサ。400円。肉汁が飛び散るくらい、とてもジューシーでした。

後で同じくブラジルのお店でガラナジュース(確か150円)も飲みましたが、割と普通の味でした。写真は最後にあります。

こんな飲み物や食べ物を味わいながら聴いたのは、お目当てのWAYNO。1人の日本人を除いてペルーなどの南米人からなるフォルクローレバンドです。地元駅に貼られたライヴ案内ポスターなどで前から知ってました。残念ながら音響がいまいちで、MCや歌詞があまり聞こえませんでしたが、演奏は鳥肌立ちそうなくらい素晴らしかったです。NYなどで演奏しており、日本では年2回富山を拠点に活動しているそうです。

メンバーは、
Luis Vircherrez(ケーナ・サンポーニャ)
Francisco Rodriguez(ギター)
Leider A Dorado(チャランゴ)
Cesar Fereira(パーカッション)
Hideji Taninaka(ベース)

去年は生憎の雨で民族衣装が着られなかったそうですが、今年はこの曲、たしか民族衣装でのダンス付きで演奏してくれましたね。

ところで、昼間に撮ったWAYNOの旗。バンド名は見えませんが、一番大きく撮れたので貼っておきます。

演奏中のバンド。

ギャラリーはいっぱいです。

ラストにはさっきのダンサーが出てきました。よく撮れてないけど、これが一番マシなので。

スニーカーが合わなくてかなり足が痛かったんですが、めげずにもう一度お土産屋さんでこれを買いました。200円だったか300円(少し金具が弱くて落ちてしまうのですが、ビーズ工具で治して持たせます!)。ナスカの地上絵を石に彫ったキーホルダー、ハチドリはありきたりなので、こちらにしました。英語で書かれた説明にはOwl manとありました。日本語では宇宙人、またはフクロウ男と呼ばれていて、1つだけ違う場所にある地上絵だそうです。

実際の地上絵。YUSUKEさんのブログよりお借りしました。

そんなわけで、ブラジルの出店でガラナジュースを求め、飲み飲みセントラム(路面電車)に乗って帰りました。食べられなかったものもあるので、是非来年も行きたいです!

最後にガラナジュース。

ラテンフェスティバルin 富山(2012/9/15)その1。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。NHKラジオと テレビで、細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。伊検5級・西検5級を受け合格したところです。ただ今両方の4級に向けて勉強中。

前から興味のあったラテンフェスティバルですが、第3回の今回は行動範囲にない環水公園ではなく、富山大和横のグランドプラザに会場が移ったので、覗きに行ってきました。写真沢山なので2回に分けます。

隣接の大和にある紀伊國屋書店で、西検4級の受験料も払ってきましたよ(昨日願書投函)。

わたしが行った頃は3時頃、ブラスバンド演奏などは終わっていたのですが、かなり人が出ていて座るところが見つけにくいくらいでした(後に座る場所はなくなる……)。

これはかなり前の方の席です。のぼり(?)はトリのフォルクローレバンドWAYNOの名前が入っています。前から知っていて、ライヴで聴けるのが楽しみでした。

まず1000円で1100円分になる食券を買って、ペルービール・クスケーニャとブラジルのチーズパン・ポンデケージョを。

そうして、ほろ酔いでお土産屋を探索。

店のおじさんに約束したのでもちろん載せますが、すいません、肝心のお店の名前が切れてました!コメント頂ければ本文中に載せます。愛想のいい方でした。

アンデスのお土産が色々あったのですが、わたしが買ったのは、サンポーニャのキーホルダー。サンポーニャはパンフルートみたいな楽器で、このキーホルダーは笛の音が出ます。300円だったと思います。好きな楽器です。

こんな感じで人が集まってました。

あとでもう一度回った時に見ると、なんとアルパがあるではありませんか。

太鼓も。

触ってみるとふわふわのアルパカのぬいぐるみ。

この店にはあとでもう一度戻って買い物します。

ケーナや横笛、ギター、チャランゴ(ギターの仲間)、サンポーニャ、CD等を売る楽器屋さんもあり、もとフルート吹きのわたしは張り切ってケーナとサンポーニャを吹かせてもらいました。ですが、なかなか難しい(^_^;)。民族音楽のCDが欲しかったなあ……。

ギターも。

来年また店を出してくださったら、楽器は買えずとも何か買いたいと思います。

さて、食べ物に戻って、これあとでチラシ見ても見つからないのですが、中には肉味噌様のものが入っていました。なにかコロッケ様のもの?

ここにあるものは、一番下を除いて後で食べたブラジルソーセージのおかげで逃してしまったのですが、こんな感じで売ってました。

段々夜になってきて、ステージが盛り上がってきます。1つ苦言をいえば、野外だから仕方ないところはあるんですが、グランドプラザは音楽演奏を聴くのには向かないような……音響には詳しくないですが、そっちの関係です。

それでも、複数の国の音楽や踊りを堪能しました。明日辺りにアップする、次のエントリで書きます。

金沢で、金沢出身の越前敏弥先生の無料講演会(2012/10/7)

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

平成24年度 兼六園周辺文化の森ミュージアムウィーク協賛講演会
「翻訳百景-『ダ・ヴィンチ・コード』翻訳者と楽しむ翻訳の世界」

世紀の大ベストセラー、ダン・ブラウン作『ダ・ヴィンチ・コード』の翻訳者で金沢市出身の越前敏弥氏をお迎えして、翻訳の楽しさについて講演していただきます。『ダ・ヴィンチ・コード』翻訳の裏話も聞けるかもしれません。

日時 平成24年10月7日(日曜日)

午後2時から3時30分

会場 石川県立図書館2階 県民交流室

(金沢市本多町3-2-15)

★駐車場が狭いので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

申込 不要
定員 100名程度(当日先着)
入場料 無料

「ダ・ヴィンチ・コード」はわくわくして読みましたが、あとで当時のイタリア人メル友に「あれが宗教的な小説だってw?」と書かれ、そうなのか、と思った覚えがあります。キリスト教のことをよく知らないと恥をかきますね。

ところで、なんでルーブルの館長はあんな格好で亡くなっていたんでしょうねえ?

ともあれ、先生が金沢生まれということは初めて知りましたし、偶然その日はイタリア語検定で金沢にいるので、試験が終わったら歩ける距離なので、なんかお昼ごはんでも買っていって順番を待ちたいと思います(先着順なので)。

 

医学翻訳の校正でバテました。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

水曜の夜だったか、えらくお久の会社から医学5000words(no match 3000words)を1日でという打診が来ました。短い仕事がよそから来ていたので納期が延びない限り無理と返事したのですが、それなら校正やってと。お財布が厳しいのでOKしました。ちなみにわたしの処理能力は、どんなに頑張っても2000wordsちょっとです。

原稿は夜中に五月雨式に届いていたのですが、それがファイル名が似ていることと相まってかえって混乱を生み、さらに翻訳の質もイマイチ(やっつけ?)で、コーディネーターさんの予想の2倍かかりました。時間が迫って焦って同じファイルを2回校正してしまいましたし(^_^;)。納品してやれやれと思っていたら、ファイルが1つ足りないよーと言われてやり直し。

一番やる気をそがれたのは、文献の表記方法を翻訳者さんがご存じなかったことで、例えば”Smith et al., JAMA, 2002.”みたいのの句読点を全部日本の句読点に直しているのです。納期の割には頑張られたと思いますが、これは頂けなかった。申し送りも少しきつくなってしまいました……。

さらに、支払いが60日後(かなり遅いレベル。わたしの取引先の最短は30)日と言うことを知って、またがっくり来ていますorz。

かなり治験に近い医学的文書を手がけられたのでよしとしたいのですが、仕事来てくれ~。

 

トップ大学無料講義のCourseraに更に大学追加+聴講記(2)。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

6月から受けていた”Fundamentals of Pharmacology”と”Vaccines”(両方ペンシルバニア大)がこの間終了しました。Quizを出す努力はしても正解率が低く、両方修了証はもらえないと思いますが、昨日のエントリに書いたトライアルには役に立ったと思います(そのものズバリではなくとも、背景知識という意味で)。

薬理学の方はなぜか字幕が出ないことが最後の方多くなったり、1回抜けてあとで挿入したり、ワクチン学の方はまだ続いてるのに画面上終わったことになったりと、初めてなのでいろいろバタバタしたようでした。薬理学のエマ先生が治験のことまで詳しく教えてくれたのは嬉しい誤算でした。ワクチン学のポール先生は早口で、字幕は恐らく自動生成と思われるんですが拾えてないことがあるくらいで、でもアメリカ国内の嫌ワクチン運動に色々言いたいことがあるようでした。ニセ科学とも通じることなので、聞いていて面白かったです。

日本の嫌ワクチン運動も負けておらず盛んですね。ネット友達で偏見と闘っている人がいます。調べ物してたら間違った訳語を鵜呑みにした翻訳が拡散して、あやうくこっちも間違うところでした(^_^;)。

講座は繰り返しがあるかも知れないので、今期聞き逃した方も期待していて下さい。ちゃんと英・日の本買って読もうと思った3ヶ月でした。

入れ替わりに2講座また始まり、もうすぐもう1講座追加されるんですが、もう少し勉強してはっきりしてから書きますね。今度はほとんど人文系で、趣味のような感じです。

トライアル受験中。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

8月頃から仕事ががたっと減りました。まだ今月くらいまで、決済が遅い翻訳料の入金があるので何とかなるのですが、この調子で続くとまずいと思い、先月からぽつぽつ履歴書を送っています。かなりのベテランでも新規開拓はしてるみたいですね。わたしは依頼が途切れないという売れっ子ではないので……。

化学だと特許ができると重宝されますが、例えば論文が行けても特許が苦手な人って出番が少なかったりします(プラント丸ごとのプロジェクトが降ってくるというすごい人もいますが)。でも実際は、特許事務所や特許を扱う翻訳会社出身の方が、特許翻訳者さんには多いんですよねー。

そんなわけで、化学・医薬に絞って履歴書を出しました。日本の会社は海外と比べて何でも屋さんは要らない、ってところがあるようで、昔仕事をしてた中国・インドなんかだと日本語なら何でもって感じですが、日本の翻訳会社にそんな履歴書を出すと書類で落とされます。今は日本・イギリス・アメリカから仕事が来てますが、イギリスやアメリカも割といい加減です。

最近は「翻訳者ディレクトリ」やFacebookなんかでたいしたトライアルもせずに経歴で採ってくれるところもありますが、できればコンスタントに仕事を下さるところがいいですね。

イカロス出版の昔のムックから探して履歴書を送ったら4社中2社からメールの返事が来て、今1社分訳し終わって見直しが半分済んだところ。200ワード×4ってところです。もう1社はもっと1課題が長く、許容範囲ギリギリなんですが化学があるんで頑張ります。今まで来たトライアルで一番長かったのは、Fax5枚分でした。まあ当然ですがやりませんよね(^_^;)。

医薬の範囲は、明日辺りにでも書こうと思っているCourseraで学んだことが役に立ったと思います。あと個人的な勉強と。

トライアルについての生々しい情報や会社の評判は、表に出てないことが多いです。是非、生で翻訳者さんに会ったりされることをお薦めします。