サイエンスカフェにいがたに参加してきました(前)。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

アップするのが遅くなりましたが、土曜に日帰り高速バスで新潟市まで行ってきました。

サイエンスカフェにいがたで行われた佐藤健太郎さんのお話を聞くためです(カフェはもっと前から始まっていたのですが、日帰りなのでその前のセッションは参加できませんでした)。

ここにリンクを張っておきます。ぼんやりしてて気づかなかったのですが、第60回という記念すべき回であったそうです。

http://www.ecosci.jp/n-cafe/

まず、その日は起きるところから仕事だったのですが、最近よく眠れないわたしはその辺はクリアして、バスが7時50分のところ、5時台から起きてました。ただ、余裕ぶっこいてシャワー浴びたら時間がなくなりましたが(^_^;)。

改装中で複雑な富山駅についたとたん走りました。乗り換えの時間があまりないのです。ラッキーなことに、高速バスの乗り場は駅の建物のすぐ横だったので助かりました。

午前中一杯使って新潟まで初めてドライブしましたが、大好きな富山-新潟県境の海が見られました。すごく綺麗な海なんですよ。

もし富山県側なら、宮崎海岸近辺だと思います。昔は「親不知子不知」と言われた難所でした。素人目には見分けるのは難しいそうですが、翡翠が取れます。

寝てないので無理な姿勢でうとうと寝ながら、半分ほど来たところのサービスエリアで一休み。柏崎市内です。

その後も「首が痛いなー」と思いつつ、母が作ってくれたおにぎりも食べてしまってひたすら眠る。

そのうちバスは高速を降り、大きな市街地に入ってきました。いくつか停留所を経由した後、目的地の新潟駅前へ。

バス停付近はこんな感じに花が飾ってあって、街灯もおしゃれでした。

お昼は降りる前からスマホで探していた、新潟名物へぎそば。駅前にありました。大盛りでも730円でした。須坂屋そばさんで、なんかサインが沢山ありましたね。へぎそばってもう少し海藻の色が付いているのかなと思っていたのですが、以外と普通でしたね。
(10/25追記:へぎそばは「へぎ」という入れ物に入れることからこの名前が付いたそうです)

メニュー。

なんだか何をしにきたのか分からなくなってきましたが、この後こんなアイリッシュパブも見つけながら、ちゃんと会場のジュンク堂に向かいました。会場が大きな本屋というのも楽しみだったんですよねー。慣れないので少し迷いましたが、道を聞いた方が親切に教えて下さって。

それでは、明日の後編でサイエンスカフェ本体と本屋の話をします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中