「オデッセイ英米会話」の先生が経営する英国パブ”The White Hart”、27日高岡にオープン!

(追記:2014/07/05 2014/05/31にThe White Hartは閉店しました)

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

昨日英会話に行って聞きました。というか、Facebookのウォールは毎日全部読んでいるはずなのに、表示されないものがあるみたいです。というかこの件に関しては「いいね!」だけしてコメントまでよく読んでなかったみたい。

イギリスの食べ物と美味しいウイスキーがあるそうです。もちろんビールも。店主はジェームスですが、弟のノエルと先生のカーリーも関わってます(昨日聞きました)。ノエルは地ビールとスコッチが大好きだそうで、期待できそう。

主に英語が話せる人が集まるようなので、飲みながら会話の実践ができると。素晴らしい!

白い鹿の看板(写真に写ってない)はカーリーが描いたものだそうで、”White hart”はアルビノの鹿だそうです。ググると結構あるネーミングのようですね。

住所は高岡市桐の木町。詳細が分かったらまた書きます。

(7/21追記:〒933-0029 御旅屋町2-7
Tel:0766 21 6333
Open 27th 8pm)

学校については「英会話」タグをご覧下さい。

「エル・グレコ展」「マウリッツハイス美術館展」に行くつもり。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

昨日今日と出かける用+急ぎの仕事でした。

もう半月ほど前に知ったことなのですが、恩師が「もうないだろう」と言っていた「エル・グレコ展」が来ることになりました。日本側の監修は富山県立近代美術館(なかなか行きたくてもいけないのです……)の館長さんです。

昔しんどかった時に、エル・グレコやラファエル辺りの宗教画は、宗教心のないわたしにもとても心に染みました。その後、2006年のプラド美術館展を観に行き、図録が買えなかったのが心残りでした。展示の内容によりますが、今回は予算に余裕を持たせて(笑)行きたいです。

エル・グレコ展

マウリッツハイス美術館展

今年秋頃に大阪・神戸方面に行けば、両方見られます。金曜まで1000円お得なチケットが売ってたんですけど、今月金欠で(^_^;)。というか、わたし障害者手帳をやっぱり取ろうかと思っているので無料かな?(長いこと年金はもらってますよ)

昨年度の「テレビでスペイン語」を見ていた人ならご存じのことかもしれませんが、「エル・グレコ」はスペイン語で「ギリシャ人」という意味です。エル(el)は冠詞。公式サイトに解説がありますね。スペインのトレドに渡って現地の女性と結婚し、永住します。語学番組で見たのは、とても雰囲気の良い教会にかかったエル・グレコの数々の作品。行ってみたいな、と思いました。

マウリッツハイスはまあ皆さんと同じフェルメール目当てですが、レンブラントも見てみたいです。

ごく少ないながら芸術方面の仕事したことあるので、スペイン語続けるんだったらエル・グレコは見といて損はないですよね。

さて、納品したけど次のミニファイル来ないし、少し勉強して寝ます。