あるてんかん患者さんの思い出。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

てんかん患者が事故を起こしたとかどうとか騒がれてだいぶ経つのに、横のリンク先「とりあえず俺と踊ろう」のいちは先生のところで、未だにアクセス上位にてんかん関係エントリが来ているので、ちょっと一言言いたくなりました。いちは先生、事故からしばらく匿名のヘイトスピーチと戦っていたのですよ。

下のようなことを書くと、わたしも「キ○ガイは運転するな」って言われちゃうのかな?

わたしの持病も実は運転免許の制限がかかる対象に入っています。現行の制度では、正直に申告した持病持ちのドライバーがいろいろ損をすることになっています。具体的に言うと、精神科医に「このものは○○という病気だが、現在の状態では今後○年は運転は可能である」というような診断書を書いてもらい(占いみたい……)、期間が2年なら2年後にまた申告をしに行くと。最後の免許更新の時に担当者の方に聞いたのですが、診断書の更新は強制的には行われないようです。

色々解せない制度ですよね。申告しない患者の方が得をする訳です。もちろん、てんかんの患者さんは現状では出て行けないでしょうけど。

そんなわたしは、免許取得前に大きなもらい事故に遭って同乗していた車が横転・廃車となり(頭を打ち、CT・MRIまで撮りましたがこぶで済みました。だいぶラッキーだったようです)、その恐怖を乗り越えて免許を取ったのですが、北陸を出て帰ってきてから加害者の側に回ってしまいました。それから運転を休んでいます。そういうわけで、叩かれているてんかん患者が人ごととは思えません。

そして、わたしがかつて知っていたてんかん患者さんとは、昔(大学時代~20代後半)結婚を考えた相手の妹さんです。関東某所ということにしておきます。お父さんが早くに亡くなって、お母さんはひたすら働いて子供たちを育て上げました。元交際相手は女兄弟の中の男1人でした。妹さんは年が離れていたため、可愛かったのではないかと思います。妹さん――ゆみちゃん(仮名)としておきます――はわたしが知った頃確か中学生くらいで、もう病院通いをしていました。以下、記憶に頼っているので多分間違いがあります。プライバシー保護の面からもちょうど良いでしょう。

@nkstnbkz 先生(東北大学病院 てんかん科 科長 中里先生)のツイートで色々勉強させていただいたのですが、てんかんはそもそも精神疾患ではない。そして、専門医がものすごく不足している。偏見については当時わたしもうすうす感じていたのですが、学生でしたのでそこまでのものとは知りませんでした。結婚も出産も、バリバリ働いている人もいますよ、とのことです。

話を戻します。ゆみちゃんは日中ぼんやりする薬を投与され、挙げ句の果てに入試に失敗しました。医師と薬を変えたところ別人のようにすっきりしたそうです。何回か彼の実家にも行ったりお母さんに呼ばれてみなで温泉に行ったりしましたが、一般の人が「てんかん」と聞いて想像するようなところは全くなかったです。

最後に、なんと彼女は料理の仕方まで教えてくれたんですよ。小さいうちから家の手伝いをしていたようです。わたしのうちのカレーは野菜ごろごろなので、一緒に台所に立っていてつい野菜を大きく切ったら、「それじゃ、なかなか火が通らないでしょう?」とやんわり指摘されました(笑)。そして、野菜を細かめに切り始めました。

元彼とはお互い若かったですし、かなりいろいろあったのでもう連絡を取ることはないですが、特に事件以降、あのときのゆみちゃんはどうしているだろうかと気になることがあります。というのも、別れた当時お母さんががんの末期でしたから。幸せなら良いのですが。

ブログ「てんかん(癲癇)を生きる」のブログ主さんもハンドルを勝手に使われたり、コメント欄を閉鎖する羽目になったり、非常な不便を強いられているようです。非常に明晰な文章を書かれる方がこんな目に遭うのはなぜなのでしょう。

同ブログのこのエントリーは一読に値しますので、未読の方は是非ご覧ください。

てんかん報道(特に、報道関係者のかたへ)

……やることがあるのについ逃避してしまいました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中