「指名手配」のポスターを見るのが趣味です。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。一応ミステリ好きです。

ちょっと翻訳クラスタの方々をお騒がせしています。最近書いた昔の出来事のおかげでわたしはかなり人間不信になってしまっていて、心配されているのかなんなんだかよく分からないでいます。もう麻痺しちゃってます。もし心配をおかけしている方がいらっしゃったら、すいません、取りあえず今日から何とかまともに仕事できています。

免許を取得するのが遅く、訳あって今は車を使わず公共交通機関で動いているので、ひっきょうJR駅の利用が多かったです。今は元気も出てスタスタ歩いて帰りますが、親に迎えに来てもらうときなど、時間が余るとうらぶれた駅で指名手配のポスターをよく見ていました。20代の頃からです。菊地直子はいつもそこにいましたっけ。定期的に見ていると、「ご協力ありがとうございました」という言葉と共に、写真にマジックで×印がついて消える容疑者がいます。

オウムには因縁があって、化学専攻で麻原が勧誘しに来ていた(さりげなく大学祭に来ていた、というか誰か学生が呼んだらしい)大学にいたわたしは、中退して帰ってくると家庭教師事務所に登録しました。そこでは信者がいる!と騒ぎになったばかりで、大学学部時代(隣県です)ヨガを習ったのでたしか趣味のところに書いた気がします。それで、不採用にはなりませんでしたが「もしかして信者では……」と言われてしまいました。今ヨガがおしゃれで健康なシェイプアップ法、みたいな扱いを受けていることを考えると隔世の感があります。

研究者の夢がほぼ絶たれた頃で調子も良くなく、麻原の護送はなにか人ごとのように、ぼんやりライブ放送を見ていたのを覚えています。

6年ほど前でしょうか、Seesaaブログでスペイン語ネタのブログをやっていたときに、(El Sol Y La Lunaといいます。まだ残ってます)あるもと東大生と知り合いました。実はその人は元信者でした。ある時、電話で弾丸のように話し始めました。

サティアンに行ったきっかけについてはもう覚えていません。でも、上九一色村のサティアンにいた信者たちはみな洗脳されていた訳ではなかったそうです。その人も同じで、結構作業サボってたらしいし、そのうち何かがおかしい、まずいと思い始めたそうです。そうして、ついに脱走します。そういう人が確か何人かいましたね。検察は彼らを保護し、「悪いようにしないから」と話を聞いて捜査に役立てたようです。そのもとネット知人は、有名なあの弁護士の助けも借りて日常生活に復帰しましたが、免許更新など妙に時間がかかることが何年かあったそうです。

人より賢く見えるだけで全く普通に思える人でしたが、何がどうしてそうなってしまったのでしょう?

菊地直子の知らせを昨夜ツイッターで知った時は、「ふうん」くらいに思っていたのですが、今日になって映像を見て気の毒になってきました。(少なくとも言葉では)反省しているし、時給850円で介護現場で働いている。恋人がいても結婚できない。「わたしは菊地直子だから結婚できない」とどんな気持ちで言ったんでしょうか。

江川紹子さん(@amneris84 )はサリンで殺されかけたと小耳に挟みましたが、彼女のコメントは立派でした。

サイト内で「黒歴史」で検索してもらえば分かりますが、怪しい商法に引っかかったことのあるわたしは、オウムにも引っかかったかもしれない。そんなこと誰にも分からないのです。

広告

「指名手配」のポスターを見るのが趣味です。」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。私も大学の入学式に麻原が堂々と来ていたし、たくさんオーム系のサークルがあったり、就職した会社の元社員がサリン製造にかかわって逮捕された経験があります。地下鉄サリン事件の日は小伝馬町駅を30分前に出たところで、交差点に救急車や人があふれるのを入社したばかりの会社の窓から見ていました。といってもずっと気になっていたわけではなく、久しぶりに先日のNHK特集であの頃の空気のようなものを思い出していたところでしたが…。オームに限らず、あの頃私の周囲には新興宗教に入信する友人が多く、友人を脱会させようとそれらの信者の拠点に足を運んだことも数回ではありません。だから何ということではないのですが…。江川さんは麻原の娘の後見人になっていたときもありましたね。常に冷静で筋の通った姿勢が潔く、あのようにありたいと思います。だらだらと、書いてしましました。失礼します。

    • tortueさん、初めまして。

      ブログをざっと眺めさせていただきました。医学翻訳の卵さんでいらっしゃるんですね。
      トライアリストはお手頃だと聞いています。受講しての感想はいかがですか?だいぶ直されるらしいですが。
      わたしも医学翻訳方面どっぷり行きたいのですけど、今現在やってる仕事はなぜか金融ですw。この案件2回目で慣れてくると楽しいですが。

      tortueさんも(否応なく)オウムに関わらせられましたか。多分同年代なんですね。わたしも土曜深夜に再放送を見ていました。
      前編で寝ましたけど。

      自分の場合、病気したり色々道に迷っていた時に大事な友人だと思っていた人からR正K成会に連れて行かれ、「ヨシダさんを治してあげる」と言って会の人がうちに来ちゃったことがありました。危なかった……。その友人とは色々あった末縁を切りました。本人は何でだったか分かってないようですが、次々に怪しいものにはまるんです。tortueさんは友達思いなんですね。わたしはそこまでできませんでした。

      フランス語はやる予定はありませんが、わたしのやってる言語とは似てますよね。またよろしくお願いします(^_^)。

  2. トライアリスト、答案はいつも真っ赤です。ここだけの話…相当オープンですが(笑)、模範訳に?と思うことが多いですが、先生の情報量理論の考え方自体は面白いです。

    NHK特集は前編でどんより暗くなり、後篇をみませんでした。あの時代の空気を思い出すのはちょっとしんどい自分がいます。

    私の友人たちは、A含宗、統I教会に巻き込まれた人が多かったです。友だち思いというよりは、「宗教ってそんなもんだったけ?」という怒りのような気持ちに動かされていました。父が僧侶なので。

    また時々お邪魔します。よろしくお願いします♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中