コーディネーターさんのジャンル振り分けミス。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。医薬との2本立てが夢なのですが、なんだか寄り道ばかりです。

現在、1個前のエントリで書いた道路系ソフトウェア(Resx Editor使用)が終わりかけで、納期には余裕がありますが「週末くらいには終わるかな」とコーディネーターさんに言って安心させてしまった後に、昨日の朝起きたら6時前のタイムスタンプで「誰も引き受けてくれなかった……」とメイン取引先のNYオフィスから依頼が入っていました。実際に依頼メールを送ってきたのはアシスタントさんらしいですが。NYは時差が大きいのでいつもなかなか大変です(英国は夜型の人にはちょうどいい感じです)。

添付原稿を見てみるとアルミニウム工場のWebサイトで(精錬とか…)、それをなぜかビジネスにカテゴライズしていたようです。バリバリ技術系です。まあまあ行けそうだと判断して受注したのですが、なんで英語圏の人間が読んでそんなカテゴリになったのでしょうね?

ずっと睡眠がうまく取れていなくて今マシになってきたところで、7時に途中覚醒したため1時間で返信でき向こうの終業時間に間に合いました。ちなみに時差は14時間、今はサマータイムがあるから13時間なのかな?

申し送りはいつも結構しつこく書きます。書きすぎもいけないようですが、今回の申し送りには「この内容でビジネスで募集かけても誰も引き受けないのは当たり前だ」と書いておくつもりです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中