兼六園での花見と「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

火曜に納期が明け、水曜は通院ついでに金沢ではじけると決めていたので、いろんなところに行きました。

わたしは金沢城の中に大学があって、キャンパスが郊外に移転を始めた頃の金沢大学の卒業生なのですが、教養のときは毎日城門をくぐって学校に通っていました。そんな大学は、赤本に書いてあったのですが、ドイツのハイデルベルク大学と並んで世界に2校しかなかったそうです。今は金沢大も角間に移転してしまいましたが、昔は兼六園も無料で通れて、自転車で園内を通って通学していたそうです。のどかですね。

http://www.kuwv.net/page/20100730/pg475.html

ハイデルベルク大学を訪れてみたある先輩の文章です。

なので、通院が終わったら買い物を済ませ、中央公園を通って兼六園に向かいました。ずっと行ってなくて懐かしいです。

時間は6時過ぎ。段々暗くなり始めていて、ぼんぼりが灯っていきます。もちろんですが、この時期は無料開放です。

学生も、地元の子かは分かりませんが三々五々やってきます。左にあるのはお土産屋、ちょっとした食事所、そこに九谷が並んでいたりします。お土産屋の九谷は派手ですね。そうでないのもあるらしいんですが。

どうもデジカメの性能も腕も悪く、夜桜の写真はことごとく失敗しました。

それから、ちょっと歩いてバスに乗りシネコンに行き、レディースデーの1000円で「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」をやっと見てきました。普段水曜に見に行くのですが、4月の第1週は甥姪が来ていて、第2週は仕事が入ったばかりで身動きが取れなくて。ものすごく久しぶりのレイトショーでした。

トレイラーを含めた公式サイトはこちらです。

http://ironlady.gaga.ne.jp/

原題には「涙」は入っていないのですが、何で入れたかったんでしょうね。

皆さんご存じの通り、老いて認知症になったサッチャーが過去を振り返るという筋です。献身的な夫は既に亡く、幻影となってサッチャーの前に現れます。もちろんメリル・ストリープもすごいですが、夫のデニス・サッチャー役は名演でした。演じたのはジム・ブロードベント、若いときはハリー・ロイド。ブロードベントは経歴を見てみるとハリー・ポッターをはじめ見たことある映画に色々出ており、ロイドはディケンズの末裔だそう。現在のサッチャーについてはフィクションである部分もある映画ですが、イギリスの歴史的映像が色々出てきます。興味深かったです。

英語は字幕と突き合わせると聞き取りやすかったですが、罵倒語になるといきなり分からなくなりました(笑)。

今年はフォークランド(アルゼンチン側から言うとマルビーナス)紛争から30年(記念日は4月2日)です。購読しているラテンアメリカ系のブログを読むと、アルゼンチンにも言い分はあるようです。

そして終電で帰りました。

木曜である昨日もたまった用があって外出し、また桜を見ていました。さっき小さい仕事が来て週末はこれで打ち止めになりそうです。しばらくは読めなかった本とたまったDVDを消化します。

2012年度「アンコールまいにちスペイン語」「まいにちスペイン語」。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。NHKテレビとラジオでスペイン語とイタリア語勉強してます。

やっと納期が開けたのでエントリが書けます。

まずスペイン語のラジオから。

NHKラジオ ラジオ アンコール まいにちスペイン語 2012年度 (語学シリーズ)

NHK出版 by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

なんかアマゾンで★1つ付いてますけど……確かに、昔TV講座でマタドールのかっこで出てきたノリ先生の番組にしては期待外れかな。わたしはちょっとした言い回しを覚えるのにまあまあいい加減に、そしてむしろ先生達のまあまあ速い会話が聞き取れないかトライしてます(無理ですけど)。

アマゾンレビューにもあるとおり、文法説明はなく、短いスキットがあるだけです。聴いてみて初めて知ったのですが、ベゴーニャさん(やはり昔TV講座で、悪魔のコスプレをしていた)が出てるじゃないですか。

講師陣は次の通り。

福嶌教隆(神戸市外国語大学教授)
ベゴーニャ・ビジャマリン・フラガ(ガリシア出身、元テレビスペイン語講師)
アルベルト清・フォンセカ酒井(マドリード出身、NHK国際放送スペイン語アナウンサー、早稲田大学講師)

ちなみに今日の表現は”Es que…”(実は…)、明日の表現は¡No me digas!(何だって?)です。

こっちは週1回、金曜だけ応用編を聴いています。まだ応用編ってほど動詞の活用も文法もまだまだなんですけど、入門編はちょっと楽すぎるので。

応用編は「日本のことをお話ししましょう」。もともと2010年度「テレビでスペイン語」のテキスト連載だったそうです。

まず日本人とスペイン人のペアが2組いて、6行くらいのスキットがあります。
それから、例えば札幌雪祭りについてスペイン語で作文を作ります。なかなか聞き応えがあります。

講師陣は次の通り。

木越勉(中京大学国際教養学部教授)小学館の西和中辞典の執筆もなさってます。
もう1人は、上の講座と同じアルベルトさん。翻訳者・通訳者でもあるそうです。

というわけで、今期かなり暇です。午前中は週末除いてイタリア語も聴いてないですし、今年後半は「アンコールまいにちスペイン語」は繰り返しなので聴かないと思うので。

西検の勉強、どうしましょうかねー。

というわけで、時間を見てイタリア語ラジオ辺とEURO24編もアップしますね。あと、スペイン語キクタンを終わらせたので、その感想も(すごく興味ある人が多いみたいです)。

スーパープレゼンテーション。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

急にわたしにしては急ぎで量が多い仕事、しかも分野違い(金融。前にビジネスのトライアルに受かったので)が入り、しばらくアップアップしていました。やっとペースがつかめてきて、納期も1日延ばしてもらったのでほっとしてます。

よく見に来られる方がいるスペイン語・イタリア語はこれで2週間経ったので、週末にでも感想を書きますが、最近NHK Eテレ、英語の「スーパープレゼンテーション」を見てます。

http://www.nhk.or.jp/superpresentation/

前にも取り上げたことありますけど、プレゼンイベントTEDを教材に使った番組です。

例えば16日に再放送する番組では、こんなプレゼンを取り上げています。

Pattie Maes and Pranav Mistry demo SixthSense
パティ・メースとプラナフ・ミストリー「”第六感”開発中」

Skylar Tibbits: Can we make things that make themselves?
スカイラー・ティビッツ「物がひとりでに作られる未来」

両方日本語字幕があるので、それを見ればいいじゃんという感じもしますが。
先日出演者の1人について、冗談めかしてツイッターで批判がましいことを言ったところ、フォロワーでもない人に噛みつかれてびっくりしました。ツイッターであそこまでのことを言う人にはあまり会ったことがないので、その出演者を見るたび思い出しそう……。

TEDは少なくとも英語字幕がないと聞くのは苦しく、Newsyはスクリプトがあるけど、ちょっと物足りない感じです。

1月頃から、夜寝る前くらいにツイッターで、「今日の英語」と「今日の西・伊」をつぶやいてます。英語は余裕がなければBBCの記事やFacebookで拾った短い記事、余裕があれば長めのものに挑戦してます。心なしか読むのは速くなった気がします。

やっとリンクを追加しました。以前より増やしました。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

ブログを年明けに引っ越してから、更新で手一杯で、リンクを張っている暇がなかったのですが、やっと張りました。というか、しばらく暇だったのに何やっていたんだろうわたし……

医学、科学、翻訳/通訳はあまり数が増えてませんが、多国語学習のカテゴリーはリンクを増やしました。皆さんまた訪れてみてください!

にわか通訳――ポルトガル人写真家ジョゼと飲み会。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。NHKテレビとラジオで細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。

金曜に急に飲み会が決まりました。その前からFacebookで話は聞いていたのですが、氷見関連(てっきり町おこしだと思ってた)で外国人の方が2人ほど来日していると。面白い人たちだと。それでわたしも「会ってみたい」と言ったら、Twitterで同じバンドが好きなことがきっかけになって仲良くなったそうたろうさんが「おいでよ」と。

久々にお出かけをするので、うっとうしく伸びた髪を切って臨みました。

彼はブラジル人だと聞いていたのですが、聞いてみたらポルトガル人で(言葉は同じですけどね)、綺麗な英語を話す人でした。それもそのはず、英国留学経験があるのです。

まずは「おさかな家」という飲み屋に、そうたろうさんの奥さんと彼らのお友達と移動して、お魚をつまみにエビスを飲みました。

話をしているうちに、ジョゼが招かれて富山にやってきて、撮った写真を本にして個展を開く予定だということが分かりました。モデルの女の子を探しまくっていて、容姿は普通でも内面の美しさを求めていて、化粧はなしでその人のうちで写真を撮るそうです。

写真プロジェクト「日本に向けられたヨーロッパ人の眼・ジャパントゥデイvol.14」撮影 写真家2人の経歴が載っています。

ジョゼのホームページ(英語・一部ポルトガル語)

ポルトガルの話も聞きました。タコ食べるとか、オレンジはキロ単位で安いとか。わたしの習っているスペイン語(勉強していることを伝えてあった)とポルトガル語はとても似ていると。例えば「こんにちは」は西では”Hola”、葡では”Olá”、1から10までの数字も数えてくれましたが似てましたねー。ブラジルのポルトガル語とは、書き言葉としては同じでも違うそうです。多分発音でしょうか。

声をかけてくるお店で会うお姉さんたちを含めて(イケメンなので声をかけてくるんです…)、みんな語学留学経験があったり、身振り手振りで英語を話す人が多かったですけど、うまくいかないときはわたしに声がかかって、酔っているのににわか通訳をしました。うまく訳せなかった小話が1つあったんだけど……。

わたしは通訳って簡単になれないものだということを知っていますが、一般の人はバイリンガルならなれると思っているようですね。そもそも通訳学校というものがあることさえ知らない。わたしが多少喋れるのは、NHKのラジオ講座を中学生のときから聴いているからなんですが、それを言ってもまず実行する人はいません。でも英語を喋るには度胸と愛嬌が必要ということを、19のとき短期語学留学先で学びました。どちらもわたしにはないものです。

ジョゼと写真についての話もしました。
「写真と詩は似ている」。詩が好きだそうです。日本のものなら俳句だそうです。
「カメラはアナログがいい。写真を撮って、現像に出して、返ってきたときに起こっているミステリーが好きだ」。

しばらくすると河岸を変えることになり、Pot Still Pubというアイリッシュパブへ。狭いけど盛り上がっていました。ギネスを頼みました。


ここで他の人と話し込んでしまって、結果的に終電を逃しました。で、駅から店に戻って1時近くまで話し、終電を逃した人向けに1000円安くしてくれるホテルを取りました。雪降ってましたけど……。睡眠導入剤がなかったので、寝たのは6時頃でした。よくホテルには聖書がありますよね。ですがこのホテルには内観の小冊子があって(著者の三木氏のWiki)、3時頃まで読みふけりました。内観を「自己啓発」としている人もいますが正しくなく、まっとうな精神療法です。

おっと、話がそれました。

今回の飲み会では、業種や世界が違う人と交流する大切さをとても感じました。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

カーマイン・ガロ
日経BP社

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

最近、今さらながらこの本を読んでいるのですが、共鳴することが沢山ありました。ジョゼは「ジョブズ?へえ?」って感じでしたが……(iPhone使い倒してるくせにぶつぶつ)。

これからは、同業者だけでなく、いろんな人と直に会って話をしてみたいなと思った次第です。

ジョゼ、撮影うまくいくといいね!富山での個展のときには読んでくれるそうだから楽しみにしてますよ!Adeus!

西検5級出願してきました。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。NHKテレビとラジオで細々とスペイン語とイタリア語を勉強しています。

今日は、3月に東京で鑑賞するはずだったライヴがキャンセルされたので、その払い戻しに富山市まで出向いてきました。そのお金でいろいろ買い物をしようと。

富山市は中心街をいろいろ開発していて、北陸(富山・石川)にしかない「大和(だいわ)」を中心に据え、広場を作ってラーメン博やカレーフェスタなど、昔の賑わいを取り戻そうと色々やっています。まあ、わたしも高校時代良く通った街なので協力はしたいのですが、成功してるのかなあ?

その大和の中には紀伊國屋があって、西検の受付をしている書店は富山でここだけなのです。西検の願書をもらおうと思ったら、出願料も払えるということなので申し込んできました。大学生協は、(試験地がある)金沢大学ですらだめ。ほかにはみずほ銀行や郵便振替があります。

伊検はネット出願もできるのにケチなの。ちなみに、試験会場は(もちろん)富山にはありません。石川です。TOEICだって、富山で受けられるようになったのはここ10年ほどのことでは(しばらく受けてないから知りませんが)。

紀伊國屋のレジのお姉さんは明らかに慣れてなくて、というか富山から受ける人が少ないんだと思いますが、ロクに説明が出来ませんでした。この人に聞いても無駄だと思ったし、もらったパンフレット見ながら郵便局で「これでいいのかなー」と不安になりながら記入し、投函しました。

スペイン語技能検定

さー、参考書探さないとな。4月に入ってから、ラジオ講座はあまりぱっとしない内容なので自分で勉強しなきゃと思っています。テレビ・ラジオ講座については、閲覧も多かったので改めてエントリたてますので。

爆弾低気圧。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

今日の風雨はすごかったですね。特に富山は昼頃からすごい風が吹いて、2階のわたしの部屋は揺れ続けて酔うほどで、暇だし何も出来ないのでツイッターをやっていると、富山在住のフォロワーさんから信じられない情報が色々入ってきました。

写真を2枚貼っておきます。

風で倒れてけがをしたお年寄り、納屋(TVで見たけど金属製だったような……)倒れてきて下敷きになり亡くなったお年寄り、JR北陸線は全線ストップ、そしてけが人が全国で最も多かったのが富山県でした。北陸道はさっき再開したとか。

風雨は続いていますが、家は揺れなくなりました。こちらでは、明日昼頃まで悪天が続くそうです。出かけたい用事があったんですが、諦めるか……。

「右クリックでGoogle!」をインストールしてみた。

こんにちは。富山で化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

以前からWordマクロに興味を持ってブログ「みんなのワードマクロ」を読んでいたのですが、手が空いたので「右クリックでGoogle!」を昨日インストールしてみました。

エントリ「ソフトウェア(アドイン)の使い方」によると、

Word文書中からネット検索をする場合の自動化ツールです。

いくつかのオンライン辞書も同時に検索ができるような仕掛けになっています。

また、Googleのオプション検索の設定を右クリックでGoogle! が記憶するため、特定の条件での検索を何度も繰り返す場合に非常に便利です。

「○○のサイト内で、△△のキーワードを含めて、□□の言葉をフレーズにして、画像検索をする」

このような検索が一瞬で可能になります。

ダウンロードは「右クリックでGoogle!目次」からできます。無料です。

オフィシャルサイトはこちら

こんな感じの画面で、複数のオンライン辞書も検索できるそうです。

レギュラーの仕事はTagEgitor(2007)で来てるし、Word使ってやる翻訳といえば勉強会くらいしか今の所思いつかないんですけどねー。また使い心地などアップします。