Word2010のバカー!

こんにちは。化学を中心とする技術翻訳をしていますヨシダヒロコです。

久しぶりにベルギーにある仕事のやりやすい会社から化学関連の仕事が来ました。実は年末から風邪気味で、というか最近まで風邪だということもよく分かっていなかったんですけど(医者にも行ったのに……)。長引いて大変でした。切羽詰まって売薬を飲んだところ、あっさり回復して。

ですがこの仕事も、作業しなければいけないときに1日ほとんど寝たきりになり、どうなるかと思いました。

それでもやっと仕上がって、わたしはTrados案件でないときは原文と訳文を1行おきに書いているのですが、プリントアウトして見直すまでに来ました。そして見直した原稿を見て原文をWordから消してゆくのです。

しかし、久しぶりのレイアウトのあるWordは非情でした。もともとWordってそうですが、「フォント」で日本語と英語のフォントを設定してもフォントがころころ変わりますよね。一括して変換しても、変換できないことがある(この間はそうでした)。しかも、校正から返ってきたのを見ると、他に入っているスペイン語のキーボードのフォントまで入っている。何故?

極めつけは、最後のほうの文章が知らないうちにばっさり消えてしまったことです。1000ワード近く。ギリギリだったので、もう頭が真っ白になり、クラウドとか全然頭に浮かばなくて(DropBoxで同期を取ってます)仕方なく、プリントアウトを打ち直すという原始的な方法をとりました。そしたらこのフォントが変わる変わる(MSゴシックなのに明朝とか)。すごくイライラしました。時間のあるときに設定方法が間違ってないかもう一度探したいところですが、Word 2012のヘルプって、バージョン下のが出てくるんですよね。

こんなに焦ったのは久しぶりでした。ああー、寿命縮んだー。

何か書かないとなかなか読者数が伸びないのですが、どなたかこんなWordの扱い方をご存じの方がいらしたら、ご教示ください。よろしくお願いします。

広告

Word2010のバカー!」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。東京で翻訳後のレイアウト作業請け負ってます。(Wordとかパワポとかエクセルとか。)Word2003がまだまだ現役なのですが、やっぱり新しいバージョン使ってらっしゃるクライアントも出てきているようですね。準備せねばと思いつつ後回しにする日々です。
    多分、今回のようなフォントのトラブルは基本的な設定とのずれ、段落毎に設定可能なスタイルとのずれ、文字単位で設定されたものとのズレが原因だと思います。文字単位での設定は最優先され、その次に段落毎に設定されるスタイルが優先、それらの指定がなければ、文書ファイルの基本的な設定が優先されるんです。そこら辺を押さえて最初の設定をしっかりしておくと楽な場合が多いんですが、何人もの手を経たWordファイルは魔窟なので、場合によっては新規作成した方がマシな事もしばしばです。
    あぁ、ぜひ翻訳後の体裁整え作業は私めにお任せあれ。と営業したくなってしまいます(汗)。
    全く違うところから辿り着きましたがブクマさせて頂きます。
    語学が全然ダメ野郎なので、翻訳を生業とされる方々は本当に尊敬尊敬です。頑張って下さい〜!

  2. さるきちさん、ご丁寧なコメントありがとうございます。あと、ブクマも。

    お話はよく分かったのですが、何で英語のフォントで書かれたファイルを翻訳していて、日本語のフォントがころころ変わるのでしょうか?先方は海外なので、日本語環境はないはずです。

    もうひとつ、わたしは西・伊語を勉強していて両方のキーボードを入れているのですが、ファイルの中身が飛んで、締め切り前に急いで入力した部分に(キーボードを変更してもいないのに)スペイン語のフォントが入っていたらしいです。

    そんなことってあるんですかね?

    もしなにかお分かりでしたら、教えて頂ければ今後の参考になります。
    今後もよろしくお願いしますm(__)m。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中