今年もお世話になりました。

こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

さて、連続投稿してきましたが、やっとためていたネタがおおむね終わりました。

今年もあと4時間で終わります。

今年はなんといっても東日本大震災で日本中が揺れた年でした。翻訳者・通訳者つながりで知り合いの方にも東北の方や、東北出身の方がいらっしゃいました。体の弱いわたしはボランティアにも行けず、ほんの少しの募金をするだけでしたが、これからも細々ながらも支援を続けていきたいと思っています。来年いの一番で、女川のこのレザーブレスを買おうと思っています。センスいいですよね!

体調の面では、体調の波がありながらも仕事がしやすくなった年でした。持病の(うちの1つの)薬の処方が副作用のため、かなり変わりました。今年はかなり病状に振り回されたので、来年は静かであってほしいです。

仕事の面では、詐欺(被害額数万円、犯人は野放し)に遭ったり大変でしたが、欧州系の会社とご縁ができ、後半になってだんだん仕事が増えてきました。6月に国内のエージェントのトライアルを受けたときは、わたしが化学系で医学の経験も少しあることから医学のトライアルが送られてくるのですが、全滅しました。来年はぜひ学費を稼いで臨床試験の通信講座を受けたいです。

その他の目標としては、

  • 心穏やかに過ごす。言動を穏やかにする。
  • 西検・伊検に向けてできる限り努力する
  • 読書量、とくに理科系・ミステリー・洋書を増やす。
  • このブログも、もう少しわたしが理科系の話題をインプットしてそういうことを書きたいものです。

    そんなわけで、今年この弱小ブログを見に来てくださった方、ありがとうございました!来年がみなさんにとって素晴らしい年になりますように。またよろしくお願いいたしますm(__)m

    広告

    「シモネッタのデカメロン」。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)

    シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)
    文藝春秋
    イタリア人のシモの話が沢山。巻末の米原万里との対談が面白い。


    イタリア人のセックスや恋愛、情事の話がこれでもかというほど載っています。著者の田丸公美子さんはイタリア語通訳者さん。くどかれる男どもを蹴散らすために下ネタが得意になったそうですが、巻末の故米原万里さんとの対談でもあるように、たとえば須賀敦子さんに下ネタを振る男もいないだろうに……という(笑)。

    結婚してても浮気は当たり前(らしいですよ!)、ヴァカンスでは出会いに期待してわくわく、中でもわたしが心に残った話は、うっかり気の強い女性との間の過ちで子供ができて結婚することになってしまった。妻は優しくない。その彼が来日した時に、ソープに行く。その日本人のソープ嬢の優しさに感激するという話です。かわいそうに……。

    ちょっとネタバレになりますが、あとがきには故米原さんと親友だった田丸さんの、米原さんが病に侵され、亡くなったころの心のうちが書かれてあり、感動を誘います。米原さんがご病気になられたころ、「週刊文春」の読書欄で体のことばかり読み漁っていらっしゃるのを拝見しましたが、西洋医学から遠ざからなければ……と胸が痛みます。

    学生のころ、通訳を始めたばかりの駆け出しの田丸さんのこともちょっと書いてあります。

    第1作は「パーネ・アモーレ」なので、興味がある方はそちらからどうぞ!

    「チャイナ・シンドローム」。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    横のバーに出しておきながら長々紹介に時間がかかった映画です。DMM.comにありました。

    チャイナ・シンドローム [DVD]

    チャイナ・シンドローム [DVD]
    ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
    「以前」と「以後」で全然話が変わってしまったといわれる映画。


    ニュースキャスターのキンバリー(ジェーン・フォンダ)はカメラマンとともにベンタナ原発へ取材に行きます。原発はできたて、認可前でした。キンバリーたちが原子炉の説明を受け、コントロールルームをガラス越しに観察していると地震らしき振動が起こります。何か事故が起こったようでした。

    原発の技師ジャック(ジャック・レモン)が独断で指揮を執り、危機は去りました。しかしカメラマンのリチャード(マイケル・ダグラス)は独断で撮影禁止のコントロールルームを撮影していました。特ダネになると見込んでのことでした。

    しかし、リチャードの素材は「原発は安全である」という法律のもとに上司から放映の反対を受けます。リチャードはクビになり、テープを持って姿を消します。

    一方ジャックは、原子炉の安全に不安を感じ独自に調べます。すると、業者の手抜きが見つかって……。許せないジャックは思い切った行動に出ます。

    題名の「チャイナ・シンドローム」は、リチャードがフィルムを見せた物理学者の言葉で(この部分なぜかメモがないので、他のHPを見ながら書いてます)アメリカで原子炉の核が露出すると、その溶融物が地球の反対側の中国まで達するということだそうです。なんでこんな大事なこと見落としたんだろう……。

    ジャック・レモンはもともと喜劇俳優だったそうですが、良心的な歩原発の技師を体当たりで演じています。1979年第38回カンヌ国際映画祭の主演男優賞を受賞しています。

    「原発は安全だから異議を挟むことは許さん」て、どっかで聞いたようなセリフですね……。今見ても新しいと思います。

    ああ、やっと紹介できた!

    カレンダーと手帳。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    大晦日ですね。今年は12月に時間があったし、毎年手帳やカレンダーはじっくり探すほうなので長いこと考えていました。巷で噂のモレスキンがいいのか(この辺では金沢の21世紀美術館にあります)、悩みながら何件も本屋を回りました。結局選んだのは高橋の手帳。

    2012年版 B6サイズ No.354 シャルム4 高橋手帳 354

    2012年版 B6サイズ No.354 シャルム4 高橋手帳 354
    高橋書店
    悩んだ末に、来年はこれで行くことに決めました。


    年間カレンダー、月間スケジュール、日ごとのスケジュールがあって、決め手は毎日のカレンダーが23時以降も余白があることでした。納期朝6時とかいうのがあるので、一応記録しておきたいんですよ。その時間に出すわけじゃもちろんありませんけど。



    DSC07456_web.jpg

    恩師に頂いたボールペンを差しました。



    DSC07452_web.jpg

    月間スケジュールです。



    DSC07455_web.jpg

    毎日のスケジュールです。

    ちなみに、カレンダーは100均で母が買ってきたこんなのにしました。毎年余白のあるものにしてます。ですが、今年はバイオ関係のメルマガでGEヘルスケア・ジャパンの卓上カレンダーをもらい、大活躍したので大きなカレンダーは使ってません。来年はこの卓上カレンダーはないので、大きいカレンダーが活躍すると思われます。



    DSC07451_web.jpg

    壁に貼ったカレンダー。

    そして、GEヘルスケア・ジャパンのカレンダーは3月分まであるのですが、3月に行くフー・ファイターズのライヴの日に印が付いてます(笑)。



    DSC07450_web.jpg

    来年またもらえるといいなあ。

    そんなわけで、長いこと悩んだ(特に手帳)手帳とカレンダーのお話でした。

    「源氏物語 千年の謎」。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    先週水曜日、21日に見に行ってきました。映画館は結構いっぱいで、若い女の子もいて、隣の2人組はどうやら主演の生田斗真のファンのようでした。

    源氏物語は昔、大学生の時に「藤裏葉」まで円地文子訳で読んだのですが、さすがに大学生であの内容を理解するのは難しかったなと今になって思います。それからはもっぱら「あさきゆめみし」(マンガ)で、高校の時古典の先生にもおすすめされたものです。こないだの雨漏りでダメになってしまいました。

    http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=felineferret-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4061089609

    キャストが気になる人もいるでしょうから、まずその話を。

    生田斗真(光源氏)、中谷美紀(紫式部)、窪塚洋介(安倍晴明)、
    東山紀之(藤原道長)、真木よう子(藤壺)、多部未華子(葵の上)、芦名星(夕顔)、蓮佛美沙子(彰子)、室井滋(弘黴殿女御)
    田中麗奈(六条御息所)、榎木孝明(桐壺帝)、甲本雅裕(藤原行成)、尾上松也[2代目](頭の中将)、東儀秀樹(一条天皇)、佐久間良子(王命婦)

    ストーリーは現実の道長と紫式部の関係、虚構の光源氏の恋愛模様の2本立てで進んでいきます。道長は彰子を帝につなぎとめるため、式部に物語を書くことを頼みますが、念願かなっても式部は執筆をやめません。そこには式部の黒い情念があるのでした。阿部晴明も出てきますが、みんなのレビューを見てみると、物語の中まで入ってくるのを邪魔と思う人もいたみたいですね。

    「青海波」の舞や雅楽、美しい御所の風景、衣装などとても見ごたえのある映像ですが、2時間16分であの長い物語を映像化するのは難しく、話が途中になってしまい紫の上が出てこないのが痛かったですね。頭の中将も出番なかったですし。桐壷はとても可憐で、真木よう子(最近話題だったNHKのドラマ10で知りました)がぴったりでした。弘徽殿の女御は誰だかすぐに分かったので笑えましたし、王命婦は渋い配役でした。主役の源氏はイケメンだったけど、可もなく不可もなくという感じです。

    なんというか、リアルの話を入れなければもっと楽しめたかも、と思いましたです。

    まだ上映中です。見たい方は急いで!

    年末ですが、ネタがたまっているので後でもう少し書きます。

    Happy Christmas!

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    クリスマス寒波、なかなかのものでしたね。富山も寒くて、今日の午後の写真ですが、うちの近くでこれくらい降りました(氷見で21cm、魚津(蜃気楼が出る街)でもそれくらい降りました)。写真はお向かいさんのうちです。今は特に冷えてきて、やっと最後の年賀状10枚を書いて出そうとしたら寒いからと親に止められました。10月ごろから用事に行くときはほとんど歩いてスマートフォンで記録をつけているのですが、5時ころから冷え込んできますね。



    DSC07438_web.jpg

    クリスマスイブに、北アイルランドのエージェントからクリスマスカードが届きました。手書きで、「来年も発注するからよろしく」というようなことが書いてありました。



    DSC07441_web.jpg

    立体的になっていてとても素敵なのです。後ろをひっくり返してみると、チャリティのカードだそうです。今年は友達が忙しくてあまりカードがもらえませんでしたが、エージェントからは2枚いただきました。もったいないのでしばらく飾っておこうと思います。



    DSC07428_web.jpg

    はなどんやアソシエから買った、オレゴンからのプレーンモミリースを使って自作したリース。赤い実は野ばらの実で地元の農産物ショップで、砂糖のかかったような松ぼっくりは100均で買いました。これももったいないんだよな。捨てるの。どうしようかな……。

    わたしは今日は仕事と年賀状書きで、両親が年配なためクリスマスらしいこともあまりやらなかったのですが、昨日髪型をイメチェンしましていいクリスマスになりました。

    遅くなりましたが、皆様もよいクリスマスを過ごされますよう。

    「コンテイジョン」。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    皆さん、こんにちは。しばらく間が空きました。12月はほとんど仕事がなくて、西・伊語を勉強して映画を見るばかりの毎日でした。こんなことではだめだと思っているのですが。MSDSを売りにしている会社にコンタクトを取っても返事が芳しくないし(年末で忙しいだけかも)と思っていたら、取引のあった会社からの受注が回復してきました。相手がイギリスなのでやり取りが深夜なのがつらいところです。

    で、「コンテイジョン」は以前にも書きましたが見たいと思っていて、11月末に近所の映画館を探したら、もう日が高いうちに見られるのが金沢だけと分かり、12/5の金沢での通院が終わった後に行ってきました。

    「コンテイジョン」は手元の辞書によると「感染」という意味です。

    上の予告を見られた方はお分かりと思いますが、かなりの有名スターが出ていて、またその人たちがあっけなく亡くなっていきます。映画は「Day 2」という字幕から始まるのですが、じゃあ「Day 1」に何があったのかということは最後まで明かされません。

    わたしはSARSのパンデミックの時に何があったのか報道も追っかけていませんでしたのでよく知りませんが、ちょっとこの「コンテイジョン」は大げさかなという気がしました。何せ、ひとりの研究者がリスクを冒してワクチンを自分の体で検査するまで
    まったく治療法がなく、どこからどうして広まったのかのかも判然としないのです。よくあるパニック映画と言ってもおかしくないと思います。

    沢山の人が出てくるので目が回りそうになるのですが、最後に「Day 1」が出てきて「ああ、なるほど……」と分かるのです。

    グウィネス・パルトロウが香港に旅する会社員の役、マット・デイモンがその夫、ケイト・ウィンスレットがパンデミックに対応するCDCの研究者の役を演じています。

    ウイルスや感染症に興味がある方は、もう公開が終わっていると思うのでDVDででも見ておいて損はないと思います。

    年末の寄付について。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    年末ですね。わたしは仕事が空いてしまって暇なので、年末準備がはかどってしょうがないです。ははは……。

    年末と言えば、特に今年は震災があったので、いろいろ募金をしている人も多いと思います。わたしが寄付したもの、寄付はしていないけど興味があるものをご紹介します。

    1.『気仙沼の高校生に本を』

    慶應義塾大学が行っています。クリスマスには遅れますが(1次締切が12/15だった)、ポピュラーサイエンスものを中心にエクスパック500で送ったばかりです。

    2.I Can Project

    ワンクリック+応援メッセージで、キャンベルのスープを1缶被災地に届けます。これまでに100000缶ほどが送られています。

    3.AMDA

    何か事が起こると、国内外かかわらず出かけてゆく頼れる医療系NGOです。震災については、岩手県上閉伊郡大槌町に健康サポートセンターを建設、住民の健康管理を行うなどしています。

    4.Give Kids The World

    以前TVで見たのですが、余命いくばくもない子供たちに楽しい休暇を過ごさせ、ディズニーランドからミッキーを呼んだりするという素晴らしいことをやっている、アメリカ・フロリダのNPOです。Facebookで最近フォローし始めましたが、まだお役にたてたことはありません。

    5.プラン・ジャパン

    イギリスに本部があるNGOの日本支部です。震災支援はもう終わって、途上国支援をしています。

    6.ペシャワール会

    有名なアフガン支援NGO。医師である中村哲氏が治安の悪化から日本人ワーカーを国に返してひとりアフガンに残り、現地のワーカーと協力して、飢えた人をなくすため灌漑に取り組んでいます。入会方法はこちら。本を買って協力する手もあり、わたしがTwitterで読んでいる一癖も二癖もありそうな中田考氏も、「中村先生の本は全部お勧めです」と言っていました。「ドクター・サーブ」などを読んで感銘を受けましたが、中村先生自身の本は読んだことがまだありません。

    こんな感じです。個人的に、大きすぎる団体は(具体的にはユニセフとか)小回りが利かないのでお勧めしません。あなたの心に触れるものが見つかれば幸いです。

    ライフサイエンス辞書周り。

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    ライフサイエンス辞書プロジェクト」は医薬系の英和・和英辞書で、用例も多く(12/17訂正:用例はありませんね)とても頼りになります。

    2010年度までEPWING形式の辞書があったのですが、現在はHPでは公開を中止しています。EPWING形式辞書はここにあります。ただ、データはどんどん古くなっています。

    マウスオーバー、またはマウスオーバー+キー操作で辞書を引けるFireFox用のマウスオーバー辞書もあります。

    MS-IME用辞書のシェアウェアはこちら。



    Lifescience2.jpg

    ATOK用辞書のシェアウェアはこちら。



    Lifescience1.jpg

    今この記事を書こうとしていろいろ探していたら、ツールバーを見つけました。早速インストールしてみました。使い心地はまた今度。

    NHKラジオ語学講座使い倒し!

    こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。スペイン語、イタリア語勉強してます。

    10月の改編のちょっと後から、午前11時台の「アンコールまいにちイタリア語・スペイン語」と、午後の「まいにちイタリア語・スペイン語」再放送を聴いています。聞き逃しが心配でしたが、近ごろは便利になりました。



    http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=felineferret-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4141896780
    http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=felineferret-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=4141896837


    1.外出先でも「らじる☆らじる」でAndroidから聴ける。

    2.放送翌週に限り、HPで再視聴できる(TVはありません)。
    スペイン語はこちら、イタリア語はこちら

    わたしが一番熱心に聴いているのは、イタリア語は進度がわたし遅いんですが、「まいにちイタリア語」木・金曜の応用編のディクテーションです。アマデイ先生がlとrのトリッキーな文章とか読んでくださって、翌週答え合わせというものです。はっきり言ってボロボロなんですが、やりがいあります!

    見直してないのですが、単語帳を作るようになってから少し単語が覚えられるようになりました。



    これはたぶんわたしの持っているのと同じだと思うんですが、赤とか青があって、サイズが大きいので活用が書けます。たぶん皆さんの近所でも売ってると思います。小さいのも買いました。

    最後に電子テキストの件ですが、こちらのリンクから試してみました。Fujisan.co.jpで買ってみたんですが、拡大しないと見づらい、紙に比べてページがめくりにくい、ディクテーションのあるイタリア語を買ったので、印刷しないと書き込めないなどの理由でやっぱり紙版を買いました。巻末の参考書情報とか連載、学校情報も大事なので、それがないのも寂しいですね。

    というわけで、近所の本屋で定期購読することにしたので、来年からももちろんガシガシ聴こうと思います。コツは、「1回や2回聞き逃したからと言って凹まない」です。