読めなかったカルテの話。

こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。

以前全然医薬と関係ない仕事を振ってもらった会社からリピートオーダーが来ました。カルテの英訳の話でした。

海外エージェントの場合、いくら専門分野はこれこれと言ってあっても全然違う分野の仕事が来ることがよくあります。同様に、英日やってると言っても日英が来ることがあります(国内でも同じですが、程度が違います)。

医薬が来るのは嬉しいのですが、そのカルテの指定部分、まったく読めませんでした、日本語なのに。詳しい方によると、翻訳より解読のほうが時間がかかるそうです。

あきらめてお断りするしか出来ませんでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中