医薬翻訳者としてのキャリア、スタートするか?

こんにちは。富山で化学翻訳を営むヨシダヒロコ(@chiruru)です。医薬翻訳者の駆け出しでもあります。

おとといから昨日にかけて、医薬のチェックの仕事をひとつやっていました。難易度は高くありません。

仕事が終わって、夕飯作りの手伝いをしていました。そこにスマホにメールが。トライアル 2 件に通ったという知らせでした。両方とも海外、片方は発注する仕事が具体的に決まっているプラスチック形の案件、もう片方は医薬分野でした。医薬の仕事をしたことはありますが、トライアルに通ったのは初めてです。

というわけで、冒頭の紹介文を今日から変更します。医薬と言っても広いので、もし仕事が来て手元に多少のお金が残ったら、キャリアアップのため治験翻訳の講座を取りたいと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中