すずらんのブーケ。

k1.jpg

わたしの大好きな花、すずらん。昨日のロイヤル・ウェディングでしっかり使われてましたねー。あれだけあると、すごくいい香りがしたでしょう。

このブログによると、花材にはちゃんと意味があるそうです。

  • Lily of the valley – Return of happiness
  • Sweet william – Gallantry
  • Hyacinth – Constancy of love
  • Ivy – Fidelity; marriage; wedded love; friendship; affection
  • Myrtle – The emblem of marriage; love
  • すずらん-幸福の再来
  • アメリカナデシコ-勇敢
  • ヒヤシンス-不変の愛
  • アイビー-貞節、結婚、堅く結ばれた愛、友情、愛情
  • マートル-結婚の象徴、愛情
  • ちなみに、ランダムハウス英語辞典によると

    sweet William

    アメリカナデシコ,ビジョ(美女)ナデシコ Dianthus barbatus:ヨーロッパ原産のナデシコ属の多年草;多数の花をつけ,色はさまざま;bunch pink ともいう.
    *花言葉 gallantry, dexterity, smile.

    ギンバイカ(銀梅花)(common myrtle) Myrtus communis:フトモモ科ギンバイカ属の常緑低木;南ヨーロッパ産;香りのある白い花をつける;葉や果実にも芳香のあるところから古くはビーナス(Venus)の神木とされ,また愛の象徴として結婚式の花輪に用いる.
    *花言葉 love.

    式自体はちょっと退屈でしたが、昔行ったことのある場所が出てきて懐かしかったです。

    ウィリアム王子、ケイト妃、お幸せに!

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中