ミツバチ:女王へ変身のたんぱく質発見 富山県立大講師(毎日jp)

ミツバチ:女王へ変身のたんぱく質発見 富山県立大講師

 ミツバチのうち、働き蜂が分泌するローヤルゼリーに含まれるたんぱく質「ロイヤラクチン」を摂取した幼虫が女王蜂に成長することを、富山県立大の鎌倉昌樹講師(40)が初めて発見した。英科学誌「ネイチャー」電子版に25日、掲載される。ミツバチの群れが突然、大量にいなくなる「蜂群崩壊症候群」の原因究明や、ミツバチを安定供給する飼育法の開発が期待される。

 ミツバチには、女王蜂と働き蜂の2種類がいて、群れの中に1匹だけいる女王蜂の方が1.5倍大きく寿命は20倍。1日に約2000個の卵を産む。

 これまで、幼虫の時にローヤルゼリーを摂取すると女王蜂に分化することは解明されていたが、どの成分が女王蜂に成長させるのかは未解明だった。

 鎌倉講師が、幼虫に新鮮なローヤルゼリーと、40度で30日間保存した古いものを与えたところ、新鮮なものを摂取した方が女王蜂に成長した。さらに新鮮なローヤルゼリーに含まれる複数のたんぱく質を抽出、投与して比べた結果、「ロイヤラクチン」が体を大きくさせ、女王蜂に成長させる因子であることを発見した。

 また、ロイヤラクチンをショウジョウバエに投与すると、女王蜂と同じように体の成長や産卵数、寿命の増加がみられ、種を超えて作用する因子であることも判明した。【岩嶋悟】

毎日新聞 2011年4月25日 2時35分

ミツバチ:女王へ変身のたんぱく質発見 富山県立大講師 – 毎日jp(毎日新聞)

県立大GJです。生物工学科の先生だそうですが、わくわくする研究です。「蜂群崩壊症候群」の原因が究明されることを願います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中