「死にたい」ひとを放置する社会。

多分繰り返し書いていることなんですが、自殺者の多さを嘆く人が多い割には、自殺志願者の扱いを分かっていない人が多いように思われます。その結果、「あの人なんだか心の病気らしいよ」とか言って連絡を絶ったりする。自殺すると「ショック」とか言って騒ぐ。ちなみに、今日ちょっとしんどいことがあって、ついったで話を聞いてもらったのですが、それとは関係ないです。

*まず、「本当に死にたい人は『死にたい』なんて言わない」という俗説を未だに信じている馬鹿人が多いこと。Ustで自殺中継をして「死ぬ死ぬ詐欺」「死ねば」と言われて本当に亡くなった人のことを思い出すといい。わたし自身も「死ねば?」と言われて救急送りになったことがあります。

*自殺志願者は話を聞いてほしいのであって、治療法を教えてほしいと言っているわけではありません。新興宗教や鍼、マルチまがいのサプリなど薦めるのはやめてください。

*「あなたが死ぬとわたしは悲しい」と言う人。申し訳ないですが、あなたの気持ちなど聞いてはいません。

*「いつでも電話してきて」。出来ないことを約束するものではありません。夜中でも電話がかかってきますよ。

*ポジティブ=善、ネガティブ=悪という単純すぎる二分法を信じている人は幸せですね。一度沈んでみないとお日様の明るさは分からないものなのに。人間として深みが足りないと思います。

*基本的に、自分の感情は出来るだけ殺して、相手に共感しまくるのが鉄則です。出来ないと思う人は、タイトルとは矛盾しますがそういう人に関わらないことをオススメします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中