完璧なもの、歪んでいるもの (にゅっ記)

完璧なもの、歪んでいるもの

人間の幸福は絶対的なものです

相対的なものではありません

たとえば

あいつが100幸せで

おれは80幸せだから

おれはあいつより20不幸だ とか

そういう考え方はできないわけです

しかし

日本人はそう考えます

トール・ポピー・シンドロームという言葉があります

ポピーと言うのは植物のなまえです

他のより背の高いポピーを叩くという病質です

日本人はこの病質の塊のようなものです

ひとが幸福そうなとき

自分がその幸福に満たないと感じたとき

日本人は

自分が幸福になるよりも

そのひとが自分くらい不幸になることを願います

完璧なもの、歪んでいるもの – にゅっ記

わたしがずっと戦っている感情についてとても的を得た文章で書いてあります。幸せって上を見たらきりがないことくらい分かっているのにね。

こういうループにはまりそうになったら、自分の持っている幸せをカウントすることにしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中