日本にも氷河か…立山の雪渓、氷塊の移動確認 (読売新聞)

日本にも氷河か…立山の雪渓、氷塊の移動確認 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

富山県の北アルプス・立山の雪渓が、氷河である可能性が高いことがわかった。

 温暖な日本に氷河は残っていないと考えられていたが、立山カルデラ砂防博物館の研究チームが、雪渓内の氷塊が氷河のように移動していることを確認し、発表した。

 氷塊は、立山の主峰・雄山(おやま)(3003メートル)東斜面の御前沢雪渓にあり、長さ700メートル、幅は最大200メートル、厚さは同30メートル。

 氷河は1年中解けず、自らの重みで変形したり岩盤の上を滑ったりして、長い間移動し続けているものを指す。チームは昨年、氷河でよく見られるマンホール状の深い穴を御前沢雪渓で発見。今年8~10月に全地球測位システム(GPS)で観測したところ、氷塊が約1か月で6~30センチ動いていることがわかった。

立山カルデラ砂防博物館には2回ほどお邪魔したことがあります。冬に立山山麓をスノーシューで歩いて動物の足あとをたどったり(その日はぴかぴかに晴れて、恐ろしいくらいの絶景でした)。企画が面白い博物館です。

朝日だけが「日本にも氷河」と断定しているらしいですが、早く知りたいですね。氷河ツアーとかできるかもしれません。

広告

日本にも氷河か…立山の雪渓、氷塊の移動確認 (読売新聞)」への4件のフィードバック

  1. 私も立山カルデラ砂防博物館には行きました。帰りの地鉄の車窓のすぐ向こうにはカモシカが。

  2. 同業者さん、こんばんは。
    おお、行かれたことがあるんですか?ちなみに富山の方でしょうか?
    わたしもカモシカを山の中で見ました。垂直にがけを降りていきました。すごい脚力ですよね。

  3. 関西某所に住んでます。
    おわら風の盆に1回、冬場に2回訪れたことがあります。富山って方言がしっかり生きていていいですね。
    本業が暇なので寒ブリでも食べに行きたいのですが、暇すぎて旅費が出せない(爆)

  4. 同業者さん、こんにちは。
    暇すぎて出かけられないのはわたしも同じです(^_^;)。
    富山弁一口メモ
    「だら」=「アホ」バカほどきつくないです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中