塩野義の抗インフル薬ペラミビル、小児の適応追加(日経メディカル オンライン)

 塩野義製薬は10月27日、抗インフルエンザ薬のペラミビル(商品名ラピアクタ)について、小児におけるA型・B型インフルエンザウイルス感染症の適応追加の承認を得たと発表した。これにより、国内では成人と小児、いずれに対しても4剤のノイラミニダーゼ阻害薬が投与できることになる。

塩野義の抗インフル薬ペラミビル、小児の適応追加:日経メディカル オンライン

うちの身内にも小児がいるんですが、じわじわ新型インフルエンザが流行ってきている今、このニュースは心強いですね!

4種類の薬の残りの3種とは、「オセルタミビル(タミフル)、ザナミビル(リレンザ)、ラニナミビル(イナビル)」です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中