口蹄疫との共生 (晴耕雨読)。

「口蹄疫との共生」  農業問題

口蹄疫との共生 山内一也 2004/24/01

口蹄疫との共生

 英国の屠畜場で2月19日に発見された口蹄疫はオランダ、フランス、アイルランドでも発生しました。大量の家畜の殺処分で山は越したのか、最近ではあまり大きなニュースではなくなりつつあります。

 私は著書「キラーウイルス感染症」の終わりを、根絶の世紀から共生の世紀でしめくくりました。今回の口蹄疫の発生は、まさにウイルスとの共生の問題を提示したものとみなせます。この視点を中心に口蹄疫の問題を眺めてみたいと思います。

口蹄疫との共生 | 晴耕雨読

口蹄疫やそのワクチンについて、極めて分かりやすく書いてあります。もともと古くからあった病だということも、なぜワクチン周りの話が面倒くさいかということも。オランダはワクチンを併用しているようです。

口蹄疫に興味のあるすべての方にお勧めしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中