自分の培養幹細胞、自身の心筋梗塞治癒に成功(YOMIURI ONLINE)

重い心臓病患者の心臓から筋肉のもとになる幹細胞を取り出して大量に増やし、再び心臓に戻して機能を回復させる国内初の治療に、京都府立医科大学の松原弘明教授らのチームが成功した。

 患者の心機能は日常生活に支障がない程度まで回復し、1日退院した。国内の重い心臓病患者は100万人以上とされ、松原教授は「心臓移植や人工心臓に代わる重症患者の治療として期待できる」と話している。

自分の培養幹細胞、自身の心筋梗塞治癒に成功! : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

一瞬ES細胞と紛らわしかったが、心臓の肝細胞をつかったもの。患者は日常生活ができるほどに回復しており、今後このような手術が行われるようになると、重症心臓疾患の患者さんには福音となることだろう。

広告