新型インフルエンザワクチンで薬害を起こさないために(JMM)

[JMM]新型インフルエンザワクチンで薬害を起こさないために 絶望の中の希望~現場からの医療改革レポート/上 昌広

村上龍氏が編集しているサイト。

このレポートはできるだけたくさんの人に読んでいただきたいのだが、ワクチンのエビデンスがないこと、従って副作用の可能性があること、そのような例は過去にも起こっていることを書いている。さらに、厚労省やマスコミが都合の悪いことは国民に伝えようとしないことも。

ワクチンの対象となるのは子供とお年寄りだが、リスクとベネフィットを慎重に見極め議論して、薬害が起きたらどうするかを考えた上での投与が望ましい。

とは言っても、また厚労省はグダグダになるんだろうなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中