映画「明日の記憶」。

先ほど地上波でやっていたのを見ました。見るのは2回目。1回目であまり良さが分からなかったので……。

アマゾンでの説明。

—-

若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。
これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう? それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)
(アマゾンの説明ここまで)

——

渡辺謙演じる部長は、猛烈サラリーマン。家庭を顧みず、仕事をバリバリし夜も飲み歩く。そんな彼が若年性アルツハイマーになった。会社の部下に惜しまれながらも、閑職に追いやられ辞表を出す。一人娘が結婚するまではと早期退職に応じかなったのだ。

樋口可南子演じる妻は、夫が病気になるまでは専業主婦だったが、働きに出る決心をする。うち中に張り紙をし、夫が物を忘れないよう気遣いをするが、心配りが無駄になることも度々で、心が折れそうになりながら介護をしている。

ある日、夫は本の隙間から封筒を見つけた。それが実は……。という感じ。

患者さんが持つであろう妄想もリアルだし、周囲の人はちょっと親切すぎるかなという感じだけど、おおむね悲壮感がない。簡単なお涙頂戴にしなかったところがよい。最後のほうは、ファンタジーが入っているのかな。

いい映画を観ました。

広告