マスク8週間分備蓄を 新型インフル対策、厚労省が基本方針(NIKKEI NETいきいき健康)

NIKKEI NET いきいき健康

(9/22)マスク8週間分備蓄を 新型インフル対策、厚労省が基本方針

 厚生労働省は、新型インフルエンザの発生に備え、各家庭に8週間分のマスク備蓄を求める考えを明らかにした。発生段階に応じた具体的な戦略を盛り込んだ基本方針も策定した。年内にも改定される政府の新型インフルエンザ対策行動計画に反映させる予定。22日に開かれた同省の専門家会議で、いずれも大筋了承された。

 家庭用マスクにはガーゼマスクと、病原体の侵入をより遮断する不織布マスクの2種類がある。新型インフルエンザ発生時には感染拡大を防ぐために不織布マスクの使用を推奨する。

 このタイプは海外からの輸入品が多い。発生後には品薄状態になることも予想される。一般家庭ではあらかじめ8週間分(1人あたり20―25枚)を備蓄することが望ましいとしている。

リンク先の下のほうにもいろんなニュースが。

マスクを備蓄とは、考えていませんでした。ちょっと買っておこうかな。ワクチンも、有害作用を起こすのは幼児か年配の方らしいので、受けてみようかな。