米国の主要都市の水道水から多数の医薬品が検出(Technobahn)

【Technobahn 2008/3/10 17:53】米国の24の主要都市の水道水には抗生物質や抗けいれん剤、精神安定剤、性ホルモン剤などの多数の医薬品の成分が含まれていることが9日、AP通信が行った独自調査の結果、明らかとなった。

米国の主要都市の水道水から多数の医薬品が検出、AP通信社が独自調査 – Technobahn

わたしも昨日風邪薬飲んでたし、何か排出してそうな気配だが、それにしても何だか怖い話ではある。日本の水は検査しなくていいのかな?

素人考えだけど、水よりは薬品の方が分子量は大きいはずなので、分子ふるいみたいなものでより分けるのってできないだろうか。米国の人はたぶん水道水は飲んでないとは思うけれど。

広告