ペルーに落下したナゾの隕石、45億年前のものであることが判明 (Technobahn)

ペルーの地質鉱山冶金研究所(Instituto Geolo’gico Minero y Metalu’rgico)は19日、3ヶ月前にペルー南部のアンデスの山岳地帯にあるプノの近くに落下した隕石は今から45億年前にできた石質隕石である可能性が高いことを発表した。

ペルーに落下したナゾの隕石、45億年前のものであることが判明 – Technobahn

相変わらず連休を忘れておりました。もうクリスマスだよ。

ペルーには不思議なものが多いですね。最たるものはナスカの地上絵ですが、小学校の時からのあこがれの地です。

直径30メートルのクレーターって想像つかないのですが、石ができた年代ってどうやって分析するんだろ?宿題にしておきます。