「うまそい」「きときと」「はらうい」「へしない」 広辞苑に富山弁(北日本新聞)

来年一月に刊行される岩波書店の国語辞典「広辞苑」(第六版)に、富山弁の「うまそい」「きときと」「はらうい」「へしない」が、新たに加わることになった。

 広辞苑編集部によると、うまそいは「丈夫そう」、きときとは「新鮮なさま」、へしないは「待ち遠しい」、はらういは「腹がいっぱいで苦しい」などの意で掲載する。今回の改訂では「ラブラブ」などの若者言葉も収録。編集部の上野真志課長は「年配者と若者のコミュニケーションのギャップを埋めることも辞典の役割」と話す。

 富山商工会議所と県観光連盟が昨年発行した富山弁の番付表で「きときと」は西の横綱を張っている。番付表を編集した富山市の方言研究家、蓑島良二さん(77)は「越中語を全国発信したいという意気込みが認められたようで、うれしい。地域文化掘り起こしの機運が高まる」と喜んでいる。

北日本新聞社 富山のニュース

半分の方言を知らなかったのですけど……。広辞苑がこういうことをやっているとは知らなかった。「ラブラブ」などの若者言葉、というところに記事を書いている人の年齢を感じるが、まだ入ってなかったのですね。

「広辞苑」はそういえば最新版が第何版だっただろう。Windows95マシンの時から持っていたのは第何版だったろう。今度確認しておかねば。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s