夜の動物園&久しぶりの虫捕り。

小さい子のマイブームなんてしょっちゅう変わるものだ。お盆に帰省した甥その1のブームは「虫」だった。学童保育でお兄ちゃんたちに影響されたらしい。

「かまきりととんぼとカナブンが欲しい。夜はカブトムシを取りに行く」と甥は言う。いくらなんでもそれ全部は無理だろうと思ったら、最初の2種はうちの裏にいた。なんと。シオカラトンボはわたしが昔を思い出しながら捕ってみた。成功。

夜になって、富山市ファミリーパークへ。夏休み中は無料入園で(採算取れるのだろうか?)甥達が来た日は夜間開園の土曜日だった。困るのは、もともと夜間に人が来るのを想定していないため、駐車場の使い勝手が悪い。どこに置いたかわかんなくなる。夜に人がたくさんいる動物園は初めてだったが、ご飯タイムが用意されていたこともあって、動物は元気元気。

そして、広い敷地を歩いていたら白い布を張って虫を集めているお姉さんに遭遇。まだたいした獲物はなさそうだったが、カブトムシ用のトラップを蜜と果物で木に作っていた。つい先日6,7匹取れたばっかりだそうだ。さらに歩いていたら、カナブンも発見してしまった。

甥は虫は適宜逃がしてあげていたが、虫かごだけは持って帰ると言って聞かず、うちにあったのを持っていった。

もう、夏と言っても夜は秋の虫が鳴いている。

広告