地震再び。

例によって遅い惰眠をむさぼっていたので、「また余震か、それにしてはでかいなあ」という間の抜けた感想だった。

隣の県の住民としては、「能登にもあったしうちのほうにも来るのでは」と思うと不安がないでもない。

被災者の方々はどう慰められてもショックだろう。少なくとも水やトイレは早くうまく行きますように。季節柄、冷房はムリでもシャワーは欲しいですよね。