スティール監督、ドキュメンタリー映画「ブリッジ」で自殺者に迫る (asahi.com)

スティール監督、ドキュメンタリー映画「ブリッジ」で自殺者に迫る

2007年05月28日16時59分

 米国のゴールデンゲートブリッジから飛び降り自殺する人々を映したドキュメンタリー映画「ブリッジ」が6月16日から、東京・恵比寿ガーデンシネマなどで公開される。「なぜ自殺を止めなかったのか」との批判から、上映を拒否する映画祭も出た。「見たくないものは見ないという姿勢では、自殺を防ぐヒントも見落としてしまう」と、エリック・スティール監督は語った。

(中略)

00年に飛び込んで重傷を負った20代の若者にも話を聞いた。「橋の上で40分間立ちつくしていたが、誰も声をかけてくれなかった」と語り、飛び降りた瞬間、「死にたくないと思った」と振り返る。

asahi.com:スティール監督、ドキュメンタリー映画「ブリッジ」で自殺者に迫る – 映画 – 文化・芸能

興味深い映画です。

周回遅れかもしれませんが、松岡元農水相の訃報には驚きました。いろんなことを言う人がいる中で、こういうときにコメントした人が問われるのだなと思わずにはいられませんでした。一番バカだと思ったのは石原都知事です。

わたしの勘では、有名人・非有名人を問わずコメントの内容によって自殺の問題をどの程度考えているか、いくばくかの情報が得られると。自殺だからしょうがないとはいえ、勝手に原因を推測する人たちも何だかなあ。議論はオープンにしてタブー化すべきではないのですが、報道があんまり行き過ぎると後追いを増やしかねないので。

自殺について過去に描いたエントリの一部リンク

孤独に耐える能力。

少し浮上して、断れない仕事も来たので、今日はぼちぼちやってます。

翻訳の仕事は孤独だとよく言われますが、その孤独が何たるかということが今まであまり分かっていなかったようです。家族は階下にいますけど。

仕事をこなす上で、なにせうちにいることが多いし作業は1人だし孤独感にさいなまれることもある。それを克服することも適性のひとつだと最近よく分かるようになりました。

少しコツが分かってきたみたいです。

調子下向き。

調子がイマイチなので、TVの前で寝っころがって浮上を待っている最近です。幸い、「来るかも」と思っていた仕事はまだ来ない。ラッキー。今来たら断らなきゃならんのですよ。

わたしは医薬まだまだ勉強不足なのですが、マンガ「おたんこナース」(医薬関係者が唯一薦めるマンガとか)で出てくるパーキンソン病のオン・オフ現象ってのがあります。ドパミンが関わっているそうです。

on(オン)・off(オフ)現症
…パ-キンソン病において、治療薬レボドパの薬物効果が不安定化し、突然スイッチを切ったように効果がなくなる(off)、また突然動けるようになる(on)時間が、何度も急速に交替するする減少。この場合、減量が必要となる。

スイッチといえば、うつ病でもあります。日内変動と言って、午後からウソのように体が動いたりする。当事者には「体のどっかにスイッチでも入っているのか?」と首をひねらざるを得ない不思議な状況です。スイッチがほとんど動かない日は、夜まで横になったままです。

今日は少し調子がいいので、フェレットと遊びだめでもしませう。本人は理解しないと思うけど、最近構ってやれなくて申し訳なく思っていたのです。

「洗面器」を英語で。

以前ある人(英検1級)が”basin”だと思ってイギリスで捜し歩いたらとんでもなくでかいものを指し示された、と聞いたことがあるのですが、”wash bowl”が合ってるみたい。


これ
とか。ずいぶんお高そうな洗面器ですが。

Nifty11周年。

11周年ありがとうございます、のメールが来た。

思えば翻訳について知りたくてパソコン通信時代のニフティに入ったのだった。それから11年、わたしはパラサイトを脱することができるほどは稼いでない。わたしが入会した当時すでに活躍し始めていた友人は、今や10年選手だ。

時間はさかさまに流れない、とか言うけど本当だなあと。

「死にたい」と言われたら。

そんなキーワードで来ている人がいるのを見つけました。しかもうちのブログ、このキーワードで順位が高いようだ。

例えばうつなどで死にたいという人には「何があったか」をよく聞いてあげるといい。難しいけど、なるたけ口を挟まないこと。できたら相槌のみ。自分の価値観の押し付け(死んだら周りが迷惑、など)は絶対ダメ。「死にたい」なんて言われたら動揺するだろうから、説教ぽくなってしまうのは分かるけど。

うつということになっている人格障害の患者さんについては、プロも手を焼くので難しいが、「電話をかけるとしたら何時から何時」「電話でなくメールのみ」など細かく設定するといいらしい。わたしもいざそういう人の相手をするとなったら困ると思う(自分にその要素があるくせして)。

わたし自身は1年前ほどから死にたいとは思わなくなった。しかし、下の記事だけど何をやってくれるのかね。数値目標だけ挙げて「減らします」と言われても何だかね。少なくともこの対策会議に真剣に死について悩んだ人は入っているのだろうか。疑問。

16年までに自殺率20%「以上」減少へ、政府が対策案

(読売新聞 – 05月22日 19:21)

 政府の自殺総合対策会議(会長・塩崎官房長官)は22日、年間3万人を超えている自殺者数の減少に向けた自殺総合対策大綱案を決めた。6月上旬に閣議決定する。

 2016年までに自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)を07年に比べて20%以上減少するとした。素案段階では「20%下げる」としていたが、一般からの意見を公募したところ「目標が低すぎる」などの声が寄せられた。このため目標を「20%以上」に上げたほか、目標を達成した場合、さらに高い目標値を設定することを新たに明記した。

 また、職場のメンタルヘルス(心の健康)対策について、「職場の人に知られるのが嫌で相談に行かない人が多い」との意見があり、大綱案では、相談しやすい環境整備のため、職場の管理・監督者に正しい知識を普及して、心の健康問題への誤解や偏見をなくすことなどを盛り込んだ。

武者震い。

大げさなタイトルだなー。

本当に零細なわたしの仕事だけど、たまに大きめな仕事のオファーが来ることがある。来ると頭の中で計算して「来たらいいなー」と思うのだが、今まで流れてばかり。

これでも「当面の売り上げ目標」ってのがありまして、今のところ年収は「ごくわずかに上向き」なんですが、今回来るかもしれない仕事が数本あったら軽く上回るのにな。

部屋ややるべきことを片付けながら待っていよう。できる内容が来ますように。

犯罪の「動機」ってのは後付け。

「偽善系」(日垣隆)という本を読んでいた。2冊分入った文庫版で以前読んだ1冊分を読み直した。2冊目は未読なので、これから。

本の全部を信じるつもりはないが、かなり取材が丁寧な人のようだ。過去にはトラックドライバーもしていて、自営業の苦しさもご存知のよう。

で、犯罪の動機だが、おおむね同じ意見だったので取り上げる。異常な犯罪を犯してしまった犯罪者がいるとき、一般人、警察・検察まではそのわけの分からなさを何とかしたいと思う。日垣氏によると「不安だから」。それで「動機」が登場するし、もちろん取調べでも必要なのだが、日垣氏は

そもそも犯行の動機というものは、その犯行を問い詰める官吏(警察官や検察官や裁判官)がいるから初めて、理解されるのではないか

という。
また

「やりたい」気持ちと「本当にやっちまった」の間には、超えがたい溝がある。

とも書いている。ある衝動的なエネルギーがたまってある日溝を越えるのでは。「できることならやりたい」まではいろんな人が持っている気持ちだと思うが。

今回の立てこもり事件では、DVやら(被害者はシェルターに入っていた)加害者の精神科通院歴があっただとかいろいろ難しい問題がついてくる。DVシェルター入りについては、「そこまでやってもまだ元夫に会いに行くものか。保護命令なんかの意味がゼロだろう」と暗い気持ちになった。通院歴については腫れ物に触るようにせず、もっと厳しくやって欲しい。

質を保つために。

正直調子が悪い、と思っていた昨日、わざわざ電話でオファーがあった。しかも英語が聞き取れない(相手も第2外国語)。散々”Sorry?”を繰り返し、量が少ないので受けることにした。

昨日結局全部終わらせたが、どうもこの文章を書いた人もネイティブではないらしく、「?」と思った箇所があった。はっきりと非ネイティブの書いた文章を翻訳したのは初めてだ。ものはアンケート用紙。

質は保ちたいけれど、こういう場合書いている人の気持ちに沿って意訳するしかないよなー。これから原稿を見直す。

セミリンガル。

母国語も第2言語も不自由な人のことをこういうらしい。連休中に読んでいた新書にあった言葉だが、その新書が連休中のバタバタでどこに行ったのか分からない。英語教育に関する本だった。

わたし自身が、日本語力と英語力のどっちにも今自信を失くしている。翻訳と例えばリスニングなんかはもともと違う能力だ。リーディングはすごく関係があるけど、わたしの力ははっきり言って弱い。まあ、そもそも稼ぎがロクロクないのに「翻訳者です」と実名でブログを立てて良かったのかしら、と悩むことも。日本語でも人の文章がえらく上手に見えることが多い。

あまり無理はできないしなあどうするべ、と思いながらラジオ第2を流していたら、ラジオ日本は土曜日は拡大版なんですね。箸のNGな使い方なんかを話していて、練習になった。とりあえずラジオでも聞く。

セミリンガルになっていませんように……<自分。