翻訳者のステレオタイプ。

  • 知的なお仕事
  • 自分のペースで仕事ができて、優雅そう
  • 外国語が喋れる
  • 華やか
  • 絵本とかを訳している
  • 印税で結構儲かる
  • 原稿用紙に訳文を書いている
  • こんなところかな。ぜんぶ嘘と言えば嘘かも。誰か、実務翻訳者(出版や字幕だって同じですが)の悲惨な実態をちゃんと取材してドラマにしてくれないかな。みんな夢をなくすと思いますよ。

    わたしはものすごいシュラバってそれほど経験してないのですが、フリーになってから体調管理が大変でまだ量はこなせないのです。

  • 仕事中、着ているものは適当。わたしの場合は部屋着かパジャマ。せいぜいジーンズ。
  • 納期前になると、チェックするためにプリントアウトした原稿が部屋中に散らばる。
  • PCの知識がえらい必要なことは、一般には知られていない。辞書もPCで引く。
  • あまりにも忙しいと、ご飯作ったりお風呂入っている暇を惜しむ(ほかの仕事でもあると思いますが)
  • 部屋の中はエントロピーの法則に従う。特に本類。
  • 「さあ休むぞ」と思ったところに、断れない仕事が来る。こないだなんて、映画見てる間に魅力的な案件を逃した。
  • 言葉はしゃべる人としゃべらない人がいます。日本でやってれば、どっちでも仕事には特に影響ないので。
  • あとは、人によってまだあるかもしれませんが、誰か同業者の方が見ていらっしゃったら教えてください。いい加減人に説明するのが面倒です。

    レオ対レオ―全米映画批評家協会賞(CNN.com)

    It’s DiCaprio vs. DiCaprio for Critics Choice – CNN.com

    (12/17追記)別名ゴールデン・グローブ賞。

    レオが2作品でノミネートされているというニュース。片方は”Blood Diamond”。日本でも報道されているように、監督賞に「硫黄島」も入っている。

    The 10 films nominated by the broadcast critics for best picture are “Babel,” “Diamond,” “Departed,” “Dreamgirls,” “Iwo Jima,” “Little Children,” “Sunshine,” “Notes on a Scandal,” “The Queen” and “United 93.”

    上の”Blood”は”Blood Diamond”です。次に来ている”Departed”もレオなので、どっちかに絞るようにお達しが出ているらしい。

    ところで「硫黄島」は”Iwo Jima”で通じるんですね。驚き。正式には”Letters From Iwo Jima” らしいです。ここでも日本語使ってくれたのは嬉しい。今日は映画1000円の日ですけど、昨日ちょっと風邪気味だったので迷っています。

    Posted in Uncategorized | Tagged