千両が赤くなりました。

だいぶ前から赤かったのですが、きれいな写真が取れなくて。いい加減、デジタル一眼レフのマニュアル操作を覚えないといけないかもしれません。

千両(1)
千両(2)

もう1回書きますが、これの挿し木はだいぶ難しいらしく、家族がやりましたがずいぶん失敗を重ねたそうです。土なんかも関係するのかな。本屋で関係書を立ち読みして(笑)頑張ったそう。

Posted in Uncategorized | Tagged

「敗軍の将、兵を語る」セグウェイのインタビューを読んだ。

日経ビジネスは最近オンライン版のほうで読んでいる。

以前のライブドアを持ち上げすぎて、編集部もあとで「しまったー」と思ったであろうが、わたしはまともな会社じゃないと思っていたので、紙版で大きく取り上げている時点で雑誌を多少見限っていた。だから今でも、どっちの版も読むのは適当。

セグウェイのインタビューで「さっさと回収したら却って信用してもらえた」との話を読んで、その晩寝たらこんなもので公道を走っている夢を見た。それも結構スピード出てるんですよね。普通車並みなんです。もちろん写真の通りではありませんが、かなり近い。しかも2人乗り。

次の日だったか2日後だったか、医学都市伝説BLOG別館で写真を見て笑いが止まらなかったのは、偶然なのか。

1939年のセグウェイ

Posted in Uncategorized | Tagged